じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

星に願いを

2017-07-07 21:02:57 | Weblog
☆ 七夕の夜、ディズニー映画「ピノキオ」を見る。

☆ 「ピノキオ」と言えば、ストーリーは言うまでもない。名曲「星に願いを」をバックに物語は進む。


☆ 心を込めて星に祈れば、なんでもかなうということ。

☆ 善いこと悪いことの区別が大切ということ。ウソをついてはいけないこと。

☆ 「ここぞ」というときの勇気が大切だということ。


☆ ちょっと教訓的ではあるが、運命の女神が教えてくれる。


☆ 孤独な老人で、おもちゃ職人のゼペット爺さんは操り人形に「ピノキオ」と名前を付け、本当の子どもになるよう星に祈る。

☆ 神が自らの姿に似せて人間をつくったという「創世記」にも通じるものがある。自然の操り人形だった人間が、自らの意思で生きる人間になるにはどうすればよいかということ。

☆ 運命の女神に魔法で人間にしてもらったとき、ピノキオは叫ぶ。「I can move! Ican talk! I can walk!」

☆ それは、子どもの成長を表しているともとれる。

☆ 鉄腕アトムや映画「A.I.」も思い浮かぶ。


☆ クジラに飲み込まれ、そこから脱出するところは、米朝落語の「地獄のそうべえ」だ。

☆ ピノキオが勇気を振り絞り、ゼペット爺さんを助けるところは、「モチモチの木」の豆太だ。


☆ 「ピノキオ」の原作は、カルロ・コッローディの「ピノッキオの冒険」で、1883年が初版だという。

☆ 映画は1940年に公開されたという。  

☆ 映画は子ども向けに夢のある作品になっているが、原作はかなり風刺に富んだものらしい。


☆ 嘘をつけば鼻が伸びるあたり、永田町や霞が関界隈には、鼻の長い人たちがたくさんいるかも知れない。



☆ さて、星に何を祈りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤村、中也、でもやっぱり立... | トップ | 「頂」を試飲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。