じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

悪しき前例

2017-07-13 20:42:06 | Weblog
☆ 民進党代表が国籍問題にケリをつけるために、個人情報が記された資料を公表するという。

☆ 不可解な話だ。民進党(民主党)は、国籍について調べることもなく公認したのか。また、その人物を代表に選んだのか。また、なぜ今更こんなことが問題になるのか。

☆ 現実的ではないとはいえ、野党第一党の党首と言えば、内閣総理大臣の候補となる人だ。それが、他に課題が山積している今になってあれやこれやとモメるのは、日本の政治史上の汚点だ。

☆ いつまでもくすぶり続けるなら、国民にとって不幸だ。更に、公党の代表といえど個人情報をさらすというのは悪しき前例になりかねない。

☆ こんな泥仕合をやっていては、政治が死んでしまう。心ある政治家ならば、諸般考慮して、身を引くのも一つの決断だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政局 | トップ | 夏が来る。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこあたま)
2017-07-14 05:29:46
歴史的にみると、衆愚化し国力衰退か
クーデターというのが、世界的な傾向だと
思うんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。