じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

疑似政権交代

2017-06-19 02:57:30 | Weblog
☆ 安倍政権の支持率に陰りが見えてきた。

☆ 強引な政権運営や加計問題への対応のまずさが響いているようだ。

☆ 都議選や次の国政選挙、憲法改正をめぐる議論にも影響がありそうだ。


☆ ところで、かつて「憲政の常道」という言葉があった。

☆ 与党第1党が失政で倒れた時は、野党第1党の党首に大命が降下するといったことだ。


☆ 現憲法では、内閣総理大臣は国会議員の中から国会の指名で選ばれるから、かならずしも与党から野党に政権が移行するとは限らない。

☆ 自民党長期政権時代、それをささえたのは自民党内の党内抗争であり、疑似政権交代であった。

☆ 悪く言えば政権のたらいまわしだが、それなりに自浄作用を発揮していた。


☆ 安倍一強時代。強い支持率を背景に、自民党内の権力闘争は影を潜めていたが、じわじわと水面下で動きがありそうだ。

☆ 今回、自民党から民進党へ一気に政権が交代することはなかろう。

☆ そうであるなら、自民党の中からポスト安倍の候補が出てくる。

☆ 石破氏、岸田氏といったところが本命だが、ほかにダークホースが出てくるかもしれない。

☆ ポピュリズムの時代。橋下氏や小池氏が選ばれたように、既成政党に嫌気のさした民意が想像できない選択をするかもしれない。


☆ いずれにせよ、疑似政権交代の時期は早まりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国産第3のビールを試す | トップ | 中学1年生 1学期期末試験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。