じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

「解夏」の季節

2017-08-13 14:11:10 | Weblog


☆ 庭に百日紅(サルスベリ)の花が咲いている。

☆ 百日紅と言えば、さだまさしさんの小説「解夏」を思い出す。

☆ 小学校の教員が病におかされ失明する物語。長崎の美しい風景を背景に、主人公の葛藤、周りの人々の気遣いが描かれていた。

☆ 大沢たかおさん、石田ゆり子さん主演で映画化もされた。寺で出会った老人(松村達雄さん)の話には癒される。


☆ 視力を失ったその日、主人公とその恋人は山門までの道を歩いていた。彼はもはや乳白色の光しか感じることができなかったが、心の中には故郷の風景がくっきりと刻み込まれていた。その山門に咲いていたのが白い百日紅の花だった。

☆ 「解夏であった。」という最後の一文がずっしりと心に残る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習王朝 | トップ | 「日本のいちばん長い日」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事