じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

和風月名

2017-06-30 20:27:57 | Weblog
☆ 国立国会図書館のホームページに和風月名の解説が載っていた。

☆ 1月は睦月(むつき)。正月に家族が集まり睦まじく過ごすから睦月。

☆ 2月は如月(きさらぎ)。衣更着とも書くらしい。まだ寒いので、衣を重ねて着ることから。

☆ 3月は弥生(やよい)。草木が弥弥(いよいよ)生い茂るから。

☆ 4月は卯月(うづき)。卯の花の月。卯の花というと「おから」が浮かんでくるけど、そうではありません。ウツギという花の別名だそうだ。茎が中空なので空木(うつぎ)と呼ばれ、「うつぎ」の「う」をとって卯の花っていうんだね。白い美しい花だ。

☆ 5月は皐月(さつき)。早月とも書くという。早苗を植える月だから。

☆ 6月は水無月(みなずき、みなつき)。無は「の」の意味で、水の月という意味。田に水を引く月なんだね。どうして梅雨なのに「水の無い月」なのかと思っていたが、合点がいった。

☆ 7月は文月(ふみづき、ふみつき)。穂含月とも書いて、稲の穂が実る月という意味。ほふみづき。

☆ 8月は葉月(はづき、はつき)。木々の葉が落ちる月だそうだ。旧暦の8月は、太陽暦では9月下旬かな。

☆ 9月は長月(ながづき、ながつき)。夜の長い月。太陽暦でも10月になると一気に日が短くなるね。

☆ 10月は神無月(かんなづき)。全国の神々が出雲大社に集まるから、各地は神々がいない神が無い月。でも諸説あるとか。出雲地方だけが神有月だという話を聞いたことがある。

☆ 11月は霜月(しもつき)。これは字の通り霜の降る月という意味。鎌倉時代の「霜月騒動」が思い出される。8代将軍北条時宗の死後、有力御家人である安藤泰盛と内管領(得宗家の執事)である平頼綱の間の争い。

☆ 12月は師走(しわす)。師匠の僧がお経をあげるためにが走り回る月というが、諸説ありとのこと。


☆ こうやって見ると、月名にも日本の自然、特に米作りの風情が織り込まれているんだね。風流だね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水無月 | トップ | 啖呵を切る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。