じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

パリ祭に思う

2017-07-14 17:41:25 | Weblog
☆ 今日はパリ祭。1789年7月14日、フランスの民衆がバスティーユ牢獄を襲撃、フランス革命の始まりとなった。

☆ 王侯、貴族を中心とする絶対主義が崩壊し、ブルジョアジーによる新しい社会が築かれることとなる。


☆ 生産力が増大し、それに伴って新しい生産関係が築かれる。そうした下部構造の上に政治などと言った上部構造が構築される。経済活動の変革の波は、人為の努力では抗しきれない。残酷だが面白いところだ。

☆ これを中国の人は天命と呼んだのかも知れない。天命が革まって革命だ。


☆ バスティーユ襲撃の様子は、宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を思い出す。全編を見たわけではないけれど、「バスティーユが燃えている~」というセリフが印象に残っている。


☆ パリと言えば、先日「ミッド・ナイト・イン・パリ」という映画を見た。作家を目指すアメリカの若者が、どうしたことかタイムスリップして1920年代のパリ、狂騒の時代へ行くというもの。そこで彼は、ヘミングウェイやピカソ、ダリなどと時を過ごす。時間のパラドックスなどはおかまいなし。

☆ 主人公は現代と過去を何度も行き来するがそれが実に自然で、脚本の妙であろう。20年代の街並みや調度品もよくできていた。監督はウッディ・アレン。思わず引き込まれる映画だった。 

☆ 今夜はパリを思い浮かべながらワインでも。行ったことはないけれど・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内閣支持率の低下から | トップ | 「遺留捜査」新シリーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。