じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

信なくば立たず

2017-07-23 16:42:10 | Weblog
☆ 政治の世界、一寸先は闇とはよく言ったものだ。

☆ リオオリンピック、マリオに扮して脚光を浴びた時、ビデオで憲法改正の日程を語った時、今の状況を予知できたであろうか。

☆ 毎日新聞の世論調査によると、安倍内閣の支持率が26%まで下落した。

☆ 総裁任期の延長は、どうやら無駄に終わりそうだ。東京オリンピックでの華々しい姿も夢と消えたか。いわんや憲法改正をや。

☆ 安保法、共謀罪は強引だったが、この手の話題は政権に致命傷とはならない。

☆ アベノミクスへのいらだち。庶民は景気回復が実感できない。これがボディブローのように効いている。

☆ このいらだちに、「モリ・カケ」問題への不誠実な対応、法相、防衛相、地方創生相といった閣僚の不適切、不用意な発言が火をつけた。総理自らの「こんな人たち」もいらぬ発言だった。そもそも街頭に立つ意味があったのか。

☆ 半年前までは順風満帆とまで言われ快走を続けていた。首脳外交にも積極的だった。それを国民は評価してくれるはずだった。 

☆ リーダーが強ければ党内はまとまる。貧弱野党は相手にならぬ。なのに、自滅したという感じだ。

☆ 「無信不立(信なくば立たず)」。論語「子貢問政」より。

☆ 政治の要点は、食糧を十分にし、軍備を充実させ、国民が為政者を信頼すること。中でも一番大切なのは、国民が為政者を信頼することである、という教え。耳が痛かろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働日 | トップ | 「伝七捕物帳」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。