じゅくせんのつぶやき

日々の生活の中で感じた事をつぶやきます。

維摩爺さんの話

2017-07-15 19:13:35 | Weblog
☆ 100分de名著「維摩経」、面白かった。改めてテキスト(NHKテキスト 釈徹宗「維摩経」)で読むとさらに面白かった。

☆ 維摩と言う爺さんが病気になったので、お釈迦さんは弟子を見舞いにやることにした。

☆ ところが、智慧第一と言われる舎利弗はじめ十大弟子はことごとく断る。みんなこの爺さんは苦手だという。今までに、それぞれの痛いところ、弱いところ(実は本人たちが得意としているところ)を突かれて、言いくるめられてしまったというのだ。

☆ お釈迦さんは仕方なく菩薩さんたちに頼むが、彼らも嫌がる。ことごとく断られるお釈迦さん。気の毒になって、遂に智慧の象徴である文殊菩薩が行くことになる。

☆ 維摩爺さんと文殊菩薩。稀代の論客2人、どんな対話になるのかと興味津々のギャラリーは、文殊菩薩の後に続いて爺さんの家に向かう。

☆ そこで繰り広げられる仏法対話。碩学同士の息詰まる攻防。そこに椅子のエピソードやら、天女のエピソードなども織り交ぜられながら、読者は次第に大乗仏教の本質(空の思想や縁起の思想)に導かれていく。


☆ 「入不二法門品」では、維摩爺さんの発問に、菩薩さんたちが「生と滅」「善と不善」「光と闇」など対立する例を挙げ、そうした対立のない世界こそが不二の法門、つまり悟りの世界だと語っていく。まるで教室の風景のようだ。

☆ 最後は文殊菩薩が「すべての存在や現象において。言葉も思考も認識も問いも答えも、すべてから離れること」(86頁)と語り、「維摩さんは、どう考えますか」と尋ねる。

☆ そのあとがすごい。 ・・・ 維摩爺さんは何も語らないのだ。「維摩の一黙、雷(らい)の如し」「維摩一黙」と言うらしい。それを見た文殊菩薩の反応もすごい。「すばらしい!」と感嘆するのだ。

☆ 張り詰めた沈黙と感動の叫び。まさに「アハ体験」だ。


☆ そのあと、維摩爺さんの本性が明かされ、グランドフィナーレへ。

☆ 仏教に現代物理学の最先端、「マルチバース」(この宇宙は1つではない)といった発想があるのには驚かされる。悟りの道を求めるのに出家者、在家者の区別はない。むしろ俗世の中にこそ悟りの縁がある。「煩悩即菩提」の考え方も共鳴できる。


☆ 釈徹宗さんの解説はとてもわかりやすくてありがたい。私のような仏教に疎い者でも理解できるように説かれている。自分自身を振り返り、また周りを観察するよいきっかけになった。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「新聞」の危機 | トップ | 「もし文豪たちが・・・」読了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。