住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。

政府は沖縄県よりアメリカ政府を重視している

2016年09月18日 | Weblog
日本の食料問題や、外国の脅威を考えると、政府はアメリカ政府を立てるしかないと思うのでしょう。
しかし戦後71年たつというのに日本はアメリカからの独立を真剣に考えてきたのでしょうか。
国の政治家や国家公務員はアメリカ政府の職員のようです。
アメリカ合衆国日本州という言葉がありますが、これが現実の日本の姿です。

沖縄県が、アメリカ軍基地のない県を目標に、必死にアメリカ政府を説得し、また日本政府と争っていることに感動します。
明治時代、明治政府は弱体でしたが、日本に先進国軍が駐留することを問題にし、外国軍祖借地をゼロにしました。
当然のことと思います。
世界、どこを見ても、外国軍の駐留をいいと思う国はないと思います。
許容できるのは国連平和維持軍の駐留まででしょう。

別に私は過激な日本主義者ではありませんが、自由と独立を愛する一人の人として沖縄県を支援します。
政治家や国家公務員が卑屈であることは日本のためになりません。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農業の町が工業の町になり、... | トップ | アメリカの戦争の戦場はアメリカ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL