住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。

在日アメリカ軍は誰の要請で置いているのか

2017年02月13日 | Weblog

今回の安倍晋三総理とトランプアメリカ大統領の会談によると、大統領は、日本がアメリカ軍駐留を認めていることについて感謝しています。
また日本が駐留費を分担していることに感謝しています。
つまりアメリカはアメリカの戦略戦術のため在日アメリカ軍を維持していることがよくわかります。
かつて日本がアメリカとの戦争に負けた弱い立場が今日まで続いています。

戦後70年以上もたっているのにどうして日本はアメリカから独立する工夫努力をしなかったのでしょうか。
経済世界第3位の日本が自分で防衛を考えず、アメリカに考えてもらっているのはまことに困ったことだと思います。
自公はアメリカ上、日本下の上下関係にすっかり慣れ、自由と独立の気概を失っています。

沖縄県は在沖縄県アメリカ軍に悲鳴を上げています。
普天間飛行場をやめてくれ、辺野古に新飛行場をつくることをやめてくれと泣いています。
日本政府は沖縄県の親のような存在であるはずです。
ところがこの親は我が子が泣き続けているのに何とも思わず、我が子に迷惑をかけているアメリカという他人の言うことを聞いて、我が子をいじめ続けています。
こんな親がいるでしょうか。

沖縄県以外の都道府県は沖縄県の兄姉と思いますが、親に、弟妹をいじめるのはよくないといさめることをしません。
沖縄県を腹違いの弟妹と思っているのか、親がいじめるのを当然と思っています。

こんな薄情な日本家族(国家)が今後健全に発展するでしょうか。
家族崩壊がおこるのではないでしょうか。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発事故対応がいい加減で安... | トップ | 東京電力や東芝の大失敗から... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL