住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。

東京電力福島第一原発事故と大規模放射能汚染が現実

2016年11月26日 | Weblog

日本は比較的いい国と思いますが、原発に関する考えは非常に悪いと思います。
東日本壊滅を覚悟したほどの原発事故をおこしたのに何とか壊滅を免れると再び原発は安全と思い込むのは不思議なことです。
真実に目をつぶり、問題はないと自分に言い聞かせ、問題を放置する国民性があると思います。

太平洋戦争で日本は廃墟になりましたが、軍部が悪いと言って片付けるのは間違いです。
真実を見ない国民がいました。
軍部だけで戦争できる訳がありません。
国民が日本は正しい、アメリカ、イギリスなどが悪いと思い込んで、さらには日本は戦争に勝つと思い込んで、米英討つべしと叫んで戦争に突入しました。
真実がわかっていませんでした。

現代の私達はどうでしょうか。
相変わらず自分でよく考えることをせず、優柔不断です。
政府の言うことを信じたいなどと甘いことを言っています。
原発推進は政府のやることだから問題ないと思い込み、もし原発事故がおこったら政府が避難計画づくりに参加してくれたから被曝しないで避難できると思い込みます。
非科学的、楽天的です。

政府はこの国民の無知につけこみ、政府にとって都合のいいことをやります。
人々のためになる政治をやるなどと考えません。
原発会社や原発保有電力会社の要望を聞かないと彼らはうるさい、政府の責任を問う、彼らを破綻させるとその後始末が大変、仮に放射能汚染がおこっても世の中なるようになる、死ぬときはみな一緒などと悟ったようなこと考えます。
政府もまた非科学的、楽天的です。

原発廃止に方針を変更したら、非科学的、楽天的であってもいいですが、原発再稼動の方針では少なくも人々は非科学的、楽天的であってはいけないと思います。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人々のことではなく、政府は... | トップ | 息せき切って日本はどこへ行くか »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事