茂原市ことぶき堂鍼灸院

茂原市で鍼灸治療院を営んでおります。
東洋医学や日常生活のあれこれを日々綴っています。

壽堂日記29年7月15日「疲労回復の鍼と灸。」

2017-07-15 08:04:35 | 日記

連日暑い日が続きますね。

治療院に『元気が出る鍼とお灸をして欲しい。』と言う患者さんがお見えになりました。

「元気が出る鍼と灸」は東洋医学的な考え方として補胃益脾・補益気血・強腎壮陽などの種類があり患者さんの体の状態で治療方針が異なります。

今回の患者さんは頭痛・目眩・倦怠・食欲不振・不眠などの症状があり四診の結果で判断して「脾虚証」で治療しました。

脾虚証で本治法を行い補助治療で補益気血を図ることとし「虚労」治療の配穴を使いました。

「虚労」とは過労のため肉体が衰弱し、精神の困憊した状態の事でストレス・働き過ぎ・過飲過食・SEX・病後の失調で陰陽・気血・臓腑の機能低下を起こしたものを言います。

今回の配穴は
・気海
・関元
・膏肓
・足三里
・公孫・内関
棒灸で穴内に熱が染み透るように行いました。

治療すると患者さんから『熱が染みてきて気持ちい良いです。元気が湧いてきます。』との感想があり内関穴にお灸をすると『熱が気持ちが良くストレスが抜けていく感じがします。』とのことでした。

公孫・内関の組み合わせは八総穴と言われ胃腸や心疾患の症状にとても効果があります。

治療後は『元気が出ました。』とスッキリとした顔でお帰りになりました。

休んでも疲れが抜けないと感じている方はぜひ鍼灸治療をお試しください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壽堂日記29年7月13日「... | トップ | 壽堂日記29年7月16日「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。