茂原市ことぶき堂鍼灸院

茂原市で鍼灸治療院を営んでおります。
東洋医学や日常生活のあれこれを日々綴っています。

壽堂日記28年11月20日「刺さない鍼で病気が治る理由は?」

2016-11-20 06:50:34 | 日記

当院では患者さんに「積聚治療」という治療法で治療いたします。この治療法の特徴は鍼を刺入しないことです。

鍼先を皮膚に押し当てるだけで「気」を動かし「病」を治療します。

鍼灸技術的には「接触鍼」と言われるものですが、何故「刺さない鍼」で病気が治療できるのか簡単にご説明して見たいと思います。

「刺さない鍼=接触鍼」でなぜ「病」が治るのか、それについては「気」と云う物の理解が欠かせません。

「気」は東洋医学の根幹をなす重要な考え方で、広い意味で人体は「気」そのものです、人間の身体は「気の重層構造」になっていて、「気」の機能が過剰になると、そこにアンバランスを生じ「万病」が生じると考えます。

「気の重層構造」の人体に鍼灸治療を行うことは「気」そのものに鍼灸をすることです、「気」の調和により万病を治すというのが鍼灸治療の大原則です。

「接触鍼」は体表の気に直接触れて治療する技法です、体表には衛気と言う気が流れていますが、その衛気を通じて、経絡の気、臓腑の気、正気、元気、陰陽の気を動かすことで「気」の過不足を調整したり正しい働きに戻すことにより「病」を治療することができるのです。

具体的な治療例を挙げて「積聚治療」による治療を説明してみます。


今回の患者さんは肩凝り、左腰が痛いと言うことで来院されましたが、問診すると肩凝り、腰痛、上肢痛、肩背部痛、心下部の張痛、足の冷え等の症状を訴えられました。

脈診したところ、脈は遅脈で全体的に沈。中府、尺沢、孔最、内関、魚際に圧痛。
腹部を擦診したところ、右季肋部に圧痛、臍周りに硬結、左曲骨上の圧痛が一番強い状態でした。

治療は最初に腹部に「接触鍼」をして、腹部の最も浅い気を補います。

鍼は刺さりません、患者さんも『全然痛く無いです。』と言うことでした。
次に脈診をして脈調整を行います、今回は肺経の原穴である太淵に鍼をしましたが、鍼は先を当てる程度で刺入せず、気が至るのを待って抜鍼します。

その後一番大切な証を立てるため、腹診します。「積聚治療」では腹診で証を立てます。

腹部「接触鍼」と脈調整を行った結果、右季肋部と臍周りの圧痛と硬結は解消しました。

左曲骨上の圧痛・硬結が残ったので「腎積腎虚証」として治療を進めることにしました。

背部で全体に接触鍼をして「積聚治療」の「腎虚」の順治で治療していきます。

右肩の肩井、天宗の凝り、左志室、左殿圧の圧痛が著明のため、その部分を指標として、鍼を右の背部の兪穴に当てて治療していくと、段々指標の部分の凝りが緩んできます。

患者さんが『肩が楽になりました、腰が張っていたのが緩んできました。』と教えてくれました。背部の治療もツボに鍼先を当てるだけで刺入はしませんでした。

背部の鍼を終えた後に、督脈上の命門に箱灸をして温めると患者さんが『冷たかった左足の親指まで温かくなりました。左のお尻も痛くありません。』と教えてくれました。

仕上げとしてMT温灸器を使い経絡を温灸トリートメントします。

背部の治療を終了した段階で肩凝り、腰痛、上肢痛、肩背部痛の症状は改善しましたので、再度仰臥位で腹部を確認すると、先ほどの左曲骨上の圧痛、硬結はほぼ無くなっていましたが、最後に残った硬結に意識を置き腎経の復溜に鍼を当て、患者さんに圧痛、硬結の変化を見て貰いながら鍼を操作すると『痛みが無くなりました。』教えてくれたので今回は治療終了としました。


鍼灸治療と言いますと「刺す鍼=刺入鍼」というイメージが強いのですが、「接触鍼」だけを使用する流派や「接触鍼」「刺入鍼」を使い分ける流派も数多くあり、私の治療院では「本治法」は「接触鍼」で行い、「標治法」は「刺入鍼」も使いますが、今回は「接触鍼」だけで症状の緩解を得ることが出来ました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壽堂日記28年11月19日... | トップ | 壽堂日記28年11月21日... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。