開運ひと文字HAPPY
吉川壽一
SHO(1145)
たつや/福井のそば翁・中山重成さんの米壽・蕎麦壽翁あめでとうございます。
イケちゃん/どこにご縁があるのか、生まれてくるのか不思議、不可思議だ!!
花怜/コメントにお答えいたします。
花怜/北陸富山展開幕しました。
花怜/TOMATOの一品。味が涼しくておいしかったです。
☆/8月15日東京・有楽町にある東京フォーラムは学生さんのデッカイ文字で埋まる!!ホント!!
花怜/来年は、いよいよ日本・ブラジル移民100年の交流年。どんな企画が出てまいりますか?
光華/越前雲丹が我が家の食卓にやってきた。
Keiko/(イチ)の文字が精神の高揚を謳い迫力している
開運館(風水・開運・スピリチュアル・占い)比較/もぎとれたて天日干しの磯と潮風の香りいっぱいの新ワカメイッパイ!!いつもアリガトウ!!






 東京に行っている間に色々な事が起きてきていた。そして、本なども出来上がってきていて、帰福した折、玄関に積まれていた。長野や島根から来県されてこられた方々とお話したが、やはりそばの話が真っ先に出てきた。島根の方はそばの実のほとんどそのままで粉にしてゆく。そしてほつほつというかぶつぶつというか5~6㎝で切れ切れになっているが、ここから出る香り、甘さ、口に入れた時のつるつるではない違和感が"おいしかった"と銘記されるようだとおしゃべりされた。

 長野県は、大吟醸をつくるように40%くらいで製粉してしまい、真っ白になったそばが出されてくる。少しやりすぎになってきている。私がイタリアから帰ってすぐにある「全国素人そば打ち名人大会」の審査は断面を2mm平方としているが、東京というか関東流は1.5mm平方で打たれている。つけ麺で食べられるので「越前おろしそば」というようにおろしをからませて食べるには長い間の食習慣と経験からこの素人そば打ち名人大会をここまで育て上げられた初代会長の中山重成氏の功績は大きいし、2mm平方を最高とされた点も審査と食べる両方から合致していると私も感じている。

 福井は「越前そば」の発祥の地でもあり、名店と称してよいのかそば専門店、うどん、そば店そして色々を出される店などたくさんであるが自分で手打ちされる店もかなりな数になるのではないだろうかと特に県外から来られた方がおいしい店を?と質問されると地元の人でもどこにどんな店があるのかとか色々と悩んでしまう。

 そのような方々に最適本が出版された。山田信行氏が自分で色々な店を食べ歩きその主観といろいろな地での見聞、そして食べることだけではない色々な談義が掲載されている。80店以上のお店ね紹介されているが、私がお寄りした店は20店くらいではないだろうか。地元ではここがイイナアとなるとほとんどそこに行くことになってしまって余りよそ見しないのが普通なのだろうか。

 私の廻りにはそば通もたくさんおられて自分達でどんどんエリアを広げて県内ではチョイ有名店はいないところが無いよという方もおられるのでこの「福井そば食べ歩き」の本が出版される。色々な方々がたのしく読まれることを期待したい。そして、お店の方々も特色ある店づくりのヒントにされるといいのではないだろうか。

 この本の題字を好縁によって㈱エクシート社の坪川京子さんから頼まれて「そば」のことはそばという文字について自信もあり、うまい越前そばの表現も"よし"ということでお引き受けした。今日は表紙をご覧いただきご愛読をおすすめいたします。

 定価1260円 〒919-0482 福井県坂井市春江町中庄61-32 0776-51-6382
㈱エクシート坪川まで
コメント (0) | Trackback (0)
« 暖かで、笑顔... イタリア文化... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。