東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

怖いぞ、怖いぞ~、ガォーーー!!

2017-08-10 | 季節の花
  どうもこの花にはすっかりハマってしまって
  未だに同じ撮り方しかしていない。
  もうこの花はこんな撮り方しかできない、
  サルビアガラチニカは大好きな花。


  

     この姿、たまりませんねぇ。LOVE サルビアガラチニカです。




  

     たべちゃうぞ~。




  

     しかしまぁうまく出来ているものだねぇ。




  

     基本的にサルビアにはこのヒゲみたいなのがある。




          

          サルビアガラチニカ

          シソ科アキギリ属の宿根多年生植物、 南米原産。
          パラグアイのガアラニ族にちなんだ名前ということです。




  

     花屋さん、通販サイトなどではメドーセージとの名前で売っています、
     本来メドーセージはサルビア・プラテンシスのことだけど輸入業者が間違えた、
     メドーセージという流通名で定着してしまったので、そのまま通称名として残っているようです。

     Salvia はラテン語のsalvare「治療」、salveo「健康)」が語源、
     この種の植物は薬用になるものが多いことから。
     なので食べられますがお味の方は保障いたしかねます、
     ま、食べる前に食べられちゃうかもね。♪


                                                 都市農業公園
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百花園・大輪朝顔展 | トップ | ベルモント公園の夏 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-08-11 16:13:43
サルビアの語源が、そんな医学的なところにあるとは知らなかったぁ~

赤いサルビアとブルーサルビアはよく見るけれど、
この「ガオー!」(笑)は見たことないかも。
飲み込まれないように気をつけてね。=^-^=うふっ♪
東京も涼しいみたいだね。
季節にも飲み込まれないように気をつけまっしょう。
はい。わたしもね。
くぅさん (jugemu)
2017-08-11 20:42:03
サルビアはそういう意味があるようで薬草の一種とも言えそう、
農業公園にはハーブ園があるんだけどサルビアもそこにあります。
その他にも「え、これってハーブなの?」という植物がいっぱい、
どう考えても薬草とは思えないものもたくさんあるけど
聞いてみると、調べてみると役立つものばかりのようです。

サルビア・ガアラニチカ、今年はちょっと控えめ?
例年より少なく何回も撮ってやっと数をそろえたような訳でした。
このあとメキシカンブッシュセージが咲いてきます、
これも好きな花、面白い花なので期待していますが、、、。

今日の東京はエアコンの出番はありませんでした、24.8℃。
涼しい!、朝は半袖ではちょっと考えちゃいそうな気温、
これからも30℃を割る日が多くなりそうです。
私らはいいけど農業関係とか困る人も出てくるでしょうね。

この間の37.1℃は一日だけだったし、この後もずっと曇り空みたい、
夏冬に限らずその季節らしいお天気が一番いいんだけど。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。