東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

オオムラサキの見学会

2017-06-19 | イベント
  荒川自然公園で飼育しているチョウ、
  国蝶のオオムラサキが一般公開されている。
  7月いっぱいの土・日に見られるけど、係りの人は
  「見るなら早い方がいいですよ、オスは早くいなくなっちゃうから」。


  

     そんなに広くないスペースは当然ながらネットで覆われている、
     入ったときは見当たらなかったチョウがだんだんと見えてきた。




  

     わりとそこら辺に止まってくれる、
     ちょっと普通のチョウとは形が違うような気が、尖がっている。




  

     幼虫やサナギもいっぱい見られるよ、、、と言われても
     木の葉と同じ色なので見つけづらい。
     この幼虫はかなり大きくなっている、もうすぐサナギになるのかな。




  

     サナギも見つけづらい、淡い色で周りに溶け込んでいる。




  

     もうすぐ羽化するのかな、成虫の形になってきた。
     見つけやすいように洗濯バサミで目印。




  

     予備知識もないまま行ったのでよく分からない、
     帰って調べたらメスはこげ茶色をしているという、これはメスなの?。




  

     ひらひらと飛んではすぐに止まってくれる、
     ほかのチョウと違ってチョー撮りやすい。^^;




  

     気が向くと向こうから寄ってくる、
     でもいきなり目の前に来られてもねぇ、
     この人はキャーなんて悲鳴を上げていた。


     でもテレビなどで見るあのきれいなオオムラサキの姿は見られない、
     スタッフに聞いてみたら・・・。






  

     「チョウの色は鱗粉の色、日光が当たってそれを上から見ると、ほらきれいでしょう」
     傍らから寿命が尽きたチョウを取り上げ見せてくれた、
     このために準備してあったのかな。
     これなら写真で見るオオムラサキに間違いないね。

     飛んでいるチョウはこんなにきれいではなかった、
     たまたまオスに出合わなかったのかなぁ、
     やっぱり日当たりのせいなのかちょっと残念。


     オオムラサキ 日本のタテハチョウ科で最大級。卵からの寿命は約1年。
     このうちチョウ(成虫)の期間は夏の間の約25日。
     羽を広げると、青紫色の光沢があるオスは約10~13センチ、
     こげ茶色をしたメスは約12~15センチになる。

     NPO法人「オオムラサキを荒川の大空に飛ばす会」が、この公園で育てていて
     来年にも区部で野生復帰に挑戦する。
     そして2020年東京五輪に向け、人とオオムラサキが共生できる自然環境をアピールするという。


                                             6月10日 荒川自然公園
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山谷掘を吉原まで | トップ | 2,000年前の花、古代ハス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-06-20 10:20:25
@オスは早くいなくなっちゃって?なぜ?
@チョー撮りやすい?=^-^=うふっ♪

綺麗というか、チョウチョはハネじゃなくって胴体を見てしまう。
やっぱり苦手。
写真の女性のように、悲鳴を上げそう。

今日はわたしのブログも虫の話。
でも、とても綺麗とは言えない虫ですけどね。
くぅさん (jugemu)
2017-06-20 19:51:14
オスが早くいなくなるのは雌より短命なのだそうです。
どこかにもそんな生物がいますね、
いくつになっても丈夫で体が動かなくなっても
口だけは達者で、、、おっとこれ以上書くと・・・。

胴体なんか見てはいけませんよ、言いたかないけどグロい
胴体は見なかったことにして羽根の美しいことを見て。
「夜目遠目傘のうち」、、、
妙齢のおネエさんだって夜に見る、遠くから見る、
傘に入っているのを見る、そうすれば美しく見える、
きっときれいなんだろうなと感じる、感じたい。

珍しいね、虫の話なんて、花壇の虫?。
チョー撮りやすいんじゃなく決死の覚悟で撮ったのかな?
どんな顔して撮ったのか、その顔も載せてくれたら・・・。(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。