東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

久しぶり、シモクレン

2017-04-18 | 季節の花
  小さい頃はモクレンと言うとシモクレンだったが
  東京へ来たらモクレンと言うとハクモクレン。
  シモクレンを見る機会はぐっと減ってしまった、
  久しぶりにシモクレンを見て懐かしような。


  

     東京にもシモクレンはあるけど姿かたちのいい花に出合わなかった、
     ハナカイドウを撮った折りちょっといい姿を見たので。




  

     ここにあるのは知っていたけどいい時期に巡り合わなかった。




  

     贅沢を言えば外側の花びらが垂れ下がっていてくれると私のイメージに合うんだけどな。




  

     花がいっぱい、枝も混みあっている、
     個別に好きな花を選べないところが泣きどころ。




  

     ハクモクレンは華やかでいいけど
     シモクレンもなかなか渋くていい。
     私にはシモクレンの花びらは垂れ下がっているという思い込みが強く
     探しているというか選んでいるけどなかなかいいのが見つからない。


     シモクレン(紫木蓮)

     花弁の外側は濃紫色、内側は淡紫色で
     花の形と赤紫の色が高貴な雰囲気を漂わせる。
     原産地の中国では、昔は宮廷の庭園木として珍重されたという。

                                             4月13日 荒川自然公園
          

    
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妖艶、ハナカイドウ | トップ | 木陰、水辺の植物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-04-19 15:51:00
木蓮のお花は大きくて鮮やかですね。

1枚目と最後の写真、構図は似ているけど、背景のボケの色が違って、おもしろいね。

色々注文があるんですね。
木蓮さん、来年は注文に応じるようにガンバりますってぇ~(笑)
くぅさん (jugemu)
2017-04-19 19:29:03
モクレンね、東京にはどうしてハクモクレンだけ?
たま~にシモクレンも見るけどなんでだろうね
田舎ではほとんどシモクレンだけだったけど。

私には妙な固定観念があって
この花はこうあるべきだ、こう咲くべきだ。
前に撮った花を見ても大体そうした感じで撮っています、
あの固定観念が抜けるといいんだけどね。

だからモクレンは花弁が垂れ下がっているべきだ、
でもなかなかお望みのスタイルは見られない。
何とかそれに近い花を撮ろうと狙うとどうしても同じ構図になってしまう、
苦し紛れに背景を変えたりして汗をかいていますが、、、。

今日もあそこへ行ったんだけど、時間は過ぎたんだけど
花弁は垂れ下がらないまま萎れてしまったりしていました。
注文が多くて花さんも困るだろうけど
ウデが悪い分花さんには「頑張ってください」・・・。(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。