東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

シラタマユリとコバギボウシ

2017-08-05 | 季節の花
  百花園でシラタマユリが咲いている、
  カノコユリの変種とみられ白一色。
  毎年咲いたり咲かなかったりするが今年は咲いてくれた、
  コバギボウシと共に。


  

     カノコユリと同じ姿だけど色は真っ白、
     花弁には鹿の子の跡がある。
     ここに2.3本あるだけ、毎年咲いたり咲かなかったり。




  

     今年はというと咲いてくれたが集まってしまって焦点が定まらないや。
     ゾウの鼻みたいな雌しべが面白い。




  

     シラタマユリ(白玉百合) ユリ科ユリ属

     ユリはやっぱりシベがいい、もうちょっと早かったら雄しべもきれいだったろう
     一番上の写真は早い時期に撮ったもので雄しべが太っている。
     花弁には鹿の子の跡である突起が見られ
     カノコユリの変種ということでシロカノコとも呼ばれる。




  

     コバギボウシが咲いていた、見たら一番いいところみたい
     これを撮らずに何を撮るか、、、それほどでもないか。^^;




  

     コバギボウシ(小葉擬宝珠)  リュウゼツラン亜科ギボウシ属


     ちょっと脱線するけどリュウゼツラン亜科というのはwikiから、
     他にサイトによっていろいろな”科”があったが多いのはユリ科、姿からみるとそれもアリか。

     そのリュウゼツラン(竜舌蘭)だけど数十年に一度花を咲かせることで有名、
     先日どこかで花を咲かせたと話題になっていた。
     私も10年くらい前か北区で咲いているというので見に行ったことがある、
     高さ7,8m近くになり壮観だった、テキーラの原料になるそうだ。


     さて、コバギボウシは湿原の花と言われ湿地が好きみたい、
     尾瀬や戦場ヶ原、霧降高原などの湿地帯で多く見られるというが
     なに、百花園でも見られるわさ。
     紫のツボミ、咲いた花のラインがきれいだね。


                                                  向島百花園
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼しそうなカノコユリ | トップ | 今年は控えめヒオウギの花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-08-06 11:36:25
今日のお花はどちらも清楚なお花だねぇ~
白いユリは良いねぇ。
ほんとうに「ユリ」というイメージだもの。
我が家のオニユリは・・・(´▽`*)アハハ

数十年に一度花を咲かせるって、どんな仕組みになってるんだろう。
不思議。

↓そうなんだぁ~
10ブログも廻らないの?
わたしは毎日500前後。
FC2は訪問者の足跡が付くのでそれは一応全部廻ります。
時々バカみたいって、我ながら思います。
(コメント書くのは2・30ブログ)
でも、廻ったら廻ったで勉強になることも多いんだけどね。
つ・疲れる~
あと何年こんなことするんだろう。。。
やめよっかなぁ~って、時々・・(;´・`)>フゥ...
くぅさん (jugemu)
2017-08-06 19:45:49
ユリはやっぱり白百合ですね、ニッポンの花。
かと言ってもオニユリも捨てがたい、真夏にはやっぱりオニユリとか。
"わが家のオニユリ"いいじゃないですか、可愛がってやって。

リュウゼツランはとても蘭とは思えない花、
葉っぱなんか大きくて硬くて近寄るのも怖い。
蘭といってもピンからキリまであるようで、、、。

ブログはねぇ、昔はかなり喜んでやったけど最近は惰性、
ことにgooに移ってからは小細工もできないし
ただ貼って書くだけだから面白くないことおびただしい。
ま、やれば何か出来るのかもしれないけど気力がない、
20年前には帰れませんわ。

朝は元気が貰えそうなブログ、夜は疲れがとれるようなところを
巡回しているけどだんだん数が少なくなって、、、。
でも公式サイトとかメルマガ、あとネットとか廻っているので
忙しいことは忙しいです。

いま何が欲しいと言ってお金はともかく時間が欲しいですね、
「もっと灯りを」じゃなく「もっと時間を」ですわ。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。