東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

ビヨウヤナギと楊貴妃

2017-06-13 | 季節の花
  ビヨウヤナギは未央柳と書く中国原産の花、
  中国では金糸桃と書くようです。
  楊貴妃はいろいろな花に例えられ有名だけど
  このビヨウヤナギにも楊貴妃にまつわる話がある。


  

     唐の長安の宮殿「未央宮(ビオウキュウ)」、玄宗皇帝が楊貴妃と住み愛した宮殿。
     白楽天は「長恨歌」に「未央(ビオウ)の柳」と詠み、楊貴妃の美しさを称えている。

     「太液の芙蓉未央の柳此に対ひて如何にしてか涙垂れざらむ」
     太液の池の蓮花を楊貴妃の顔に、未央宮殿の柳を楊貴妃の眉に喩えている。




  

     「柳眉(りゅうび)」とは、細い眉の美人を言う語であり、楊貴妃の美しい容貌を連想させる。
     「柳眉を逆立てる」、、、美女を怒らせないようにしましょう。




  

     江戸時代に中国から渡来したと考えられています、
     中国では金糸桃と呼び、おしべがまさに金の糸。




  

     北原白秋の短歌に
     「君を見て びやうのやなぎ 薫るごと 胸さわぎをば おぼえそめてき」 があります。




  

     楊貴妃は桜にもその名を遺し、楊貴妃桜と。
     また、玄宗皇帝は楊貴妃が酔って寝たあと、
     まだ眠そうな顔で現れたときその美しさをハナカイドウに見立て、
     「これ真に海棠の睡り未だ足らざるか」と詠んだとされます。

     玄宗皇帝は楊貴妃の美しさに溺れ政を疎かにし
     このあと次第に唐の時代が没落していくので「傾国の美女」という言葉が生まれました。

     「美容柳」と書くこともあるらしいけど
     これはやっぱり「未央柳」でしょうね。


                                             6月4日 都市農業公園
          

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな花がぎっしり | トップ | ふわふわ、もふもふ、スモー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-06-14 16:49:54
「くぅ眉を逆立てる」似てるようで、全然ちゃう。(^ー^* )フフ♪

ビヨウヤナギ、今日は他のブログでも見ましたが、
柳なの?って思ってましたが、柳の木のような大きな木に咲くんじゃないんですね。
でも、どうして柳なの?
くぅさん (jugemu)
2017-06-14 19:19:02
「くぅ眉を逆立てる」、、、
これこれ、せっかくのビボーが!。(^^♪

このごろ、(前から?)女性の眉は美しくなりました、
化粧法の進歩ですね。
最近はちょっと太くするのがトレンド?
あのイモトはちょっとやり過ぎですけどね。

ビヨウヤナギは未央宮にあった柳の葉に似た葉の花、
葉の形が柳に似ているというネーミング。
柳の細い葉を眉に見立てて柳眉となったわけですね、
いつものことながら漢字って凄いです
数文字で万感の思いを伝えてくれる。

ビヨウヤナギは道端の植栽にも使われているので
どこを歩いてもビヨウヤナギがいっぱい、
咲いたそばから散っていくので足元は黄色い絨毯。

梅雨時の風物詩でしょうか雨に濡れたビヨウヤナギの花、
梅雨もまた愉しからずやです。(*^^)v
Unknown (くぅ)
2017-06-15 11:30:25
そうでしたか。葉っぱの方が柳でしたか。

はい。ビボーが台無しにならないように気をつけます。
≧(´▽`;)≦アハハハ
くぅさん (jugemu)
2017-06-15 13:45:04
今日仕事帰りに道端でキンシバイを見ました
長いシベがいっぱい、ビヨウヤナギみたいだった。
あんなになるとは思わず「まるっきり違うよ」なんて書いたけど
あれでは間違えそう、でも葉が違う、
葉がもっと大きいというか幅広、葉を見れば間違えないね。

また、素直に返してくれましたねビボー。
それはいいんだけど毎日私メのコメント読みながら
柳眉を逆立てているのではないかと心配しています。
口から出まかせ言いまかせ、さぞ悪いヤツとお思いでしょうが
「でもいい人よ」・・・。(*^。^*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。