東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

縁結びの今戸神社

2017-06-16 | 散歩
  今戸神社は「婚活神社」としても知られる神社、
  祭神はイザナギノミコトとイザナミノミコト、この夫婦神のせいかな。
  そしてここは今戸焼という焼き物を生産していたことでも有名な場所、
  今戸焼は素焼きで日用雑器、茶道具、火鉢、植木鉢、瓦等を生産した。


  

     招き猫発祥の地と言われるが、これには他の説もある。
     鳥居の前では招き猫がお出迎え。




  

     鳥居をくぐると境内にはたくさんの絵馬、ここの絵馬は円形。
     「角が立たない」「円満に収まる」ようにと角をとってあるのだとか、
     「円」と「縁」をかけ合わせて、他にはない真ん丸な絵馬です。
     (このおネエさんとは後でまた会うことになります)




  

     夢は果てしなく・・・・・・・・!。




          

          新選組・沖田総司の終焉の地ともいわれている。
          これは結核を患っていた沖田総司を診ていた松本良順が
          当時今戸神社を仮の住まいとしていたことからきている。
          沖田総司の没地には、千駄ヶ谷の植木屋平五郎方と今戸八幡宮の二説ある。




  

     浅草名所七福神のうちのひとつ、ちょっと小柄だけど立派な建物です。




  

     拝殿にあるのは、今戸焼きでできた大きなペアの招き猫
     目が大きくて顔立ちもキュート!。
     左手を上げた「金運招福」の招き猫が多いけど、
     ここの招き猫は右手を上げた「人客(良縁)招福」の招き猫。




  

     境内にはいろいろな招き猫がいっぱい、
     社務所には招き猫コレクションもあってここは招き猫ワールドですね。




  

     待乳山聖天と今戸神社の中間に竹屋の渡し。

     「竹屋の渡し跡」の碑、「向島の渡し」とも称されたが
     待乳山聖天のふもとにあったことから「待乳(まつち)の渡し」とも。

     「竹屋」の名は付近にあった茶屋の名に由来するという。
     当時の渡し船は当然のことながら時刻表があって運行していたわけではなく、
     客が集まれば適宜 舟を出していた。

     舟が対岸に行っている時は大声で呼び寄せたものらしい。
     「竹屋」の女主人が 150m先の対岸の舟を呼ぶ「タケヤ~!」の美声が有名だったという。


     竹屋の渡しは次回訪れる山谷掘が隅田川に注ぐ辺り。
     昔の隅田川の花火はずっと下流で行われたけど
     せっかくなのでちょっと早いスミダノハナビを明日あたりにね。

                                         6月5日 奥浅草散歩・今戸神社
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥浅草散歩・待乳山聖天 | トップ | スミダノハナビ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-06-17 09:56:29
鳥居の前の招き猫って・・・=^-^=うふっ♪
すごい数の絵馬だねぇ~
いつからのなんだろう。

コレコレ成美さん、贅沢言うんじゃないのぉ!
ぅん?願いが叶った?ありゃぁ~=^-^=うふっ♪

へぇ~招き猫って右手と左手があったんだぁ~
両手挙げたのが欲しい・・(*´艸`*)

招き猫ジョ-ロかわいいね。(´‐` ○)

女主人の美声聞いてみたいね(^ー^)
くぅさん (jugemu)
2017-06-17 19:29:44
絵馬、多いですねぇ
みなさん婚活に必死かな(笑)。
でも湯島天神なんか行ったらあんなもんじゃない、
ま、入試も婚活も人生の岐路ですから一生懸命なのは分かるけどね。

なのでまあ、成美サンも精一杯、望みは大きいほどいい?
物は試し、言ってみるのもいいかもね。

ネコの手、私も初めて知ったしそんなのアリ?
テキトーに手を上げているのかと思っていたけどワケアリだったんだね。

これこれ、舌切り雀のつづらは大きい方がいいし
招き猫は両手を上げたのがいいし、どこまで高望みなんじゃい。
古くから焼き物の産地だったのでいろいろな招き猫がいます、
かっこいい相手と共にいろいろな福を戴きましょう。

竹屋のおかみさん、ファンがいっぱい
用もないのに渡し場をうろつく輩もたくさんいたと世間のうわさ雀、
ったく世のオトコどもは、、、なんて怒らない、怒らない。(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。