東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

奥浅草散歩・待乳山聖天

2017-06-15 | 散歩
  しばらく花が続いているので飽きてきた、
  とは言っても花は次々咲いてくるけどね。
  気分転換にここらでちょっと一休み、
  ぶらり散歩をと近くを歩いてみました。


  

     浅草からちょい北の方、待乳山聖天(まつちやましょうてん)。
     隅田川沿いにあって、このあと今戸神社と山谷掘を歩くけどみんな数分の距離。




  

     太古の時代から浅草台地の微高台で待乳山、山というか丘というかそんな場所。
     ご本尊は大聖歓喜天、紋章には二股大根が。
     二股大根は無病息災、夫婦和合、子孫繁栄をそれぞれ意味し、ご利益があるとか。




  

     お願いが叶ったらお礼に大根をお納めする、社務所でも売られていた。




  

     ここのウリはモノレール、下の駐車場と往復。
     誰か来ないかと待っていたけど平日の朝方なので誰も来ない、
     かくなる上は自分で乗ってみよう、
     ドアの開閉、発車ボタンはエレベーターと同じでボタンをポチ!。




  

     下の駐車場から今降りてきた方を。
     飛鳥山にもミニモノレールがあるけどここのは半分くらい
     1分もかからないくらいで終点。

     言伝えによると飛鳥時代、6世紀後半の推古天皇の頃、
     突然土地が盛り上がり金龍が舞い降りて待乳山が出来たのだとか。

     それはまぁともかくこの待乳山、平地にポッコリと盛り上がった地形のため見晴らしが良く、
     江戸時代には人気の景勝地として多くの浮世絵や詩歌にもうたわれました。

     「待乳山聖天」は歓喜天さまの、エロスの神社、
     「夫婦仲が良くなる」と言われお詣りする人たちが絶えないけど
     次に歩くのはその前の段階
     良縁に恵まれますようにとお願いに来る人が多い 「今戸神社」へ向かいます。


                                        6月5日 奥浅草散歩・待乳山聖天
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふわふわ、もふもふ、スモー... | トップ | 縁結びの今戸神社 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-06-16 09:54:05
「まつちやま」って、読むんだぁ~
ぅにゅー日本語&漢字難しい。

二股大根ですか。
売られている大根は・・?^^; 250円、イイ値段だね。
これ食べられるスーパーで売ってる大根だよね。
御利益あるとか?=^-^=うふっ♪
ミニモノレールも有料とか?

いろいろな神様がいらっしゃるんだねぇ~
特にお江戸にはたくさんいらっしゃるのかな?
くぅさん (jugemu)
2017-06-16 20:03:30
まつちやま、、、私も間違えます今でも、
まちつやま、となっちゃう、もうちょっと簡単な名前だったらいいね。
でも何であそこだけ山なんだろ?
まわりはぐるっと平地なのにね。(タモさんに聞いてみるか)
言い伝えのように突然盛り上がったとしか思えない。

あそこは信者さんがたくさんの大根を奉納します、
他の野菜も奉納してくれれば八百屋さんが出来そう。
信仰って面白いね、なんで大根なんだろう、
二股はあそこの神様がエッチっぽいからだろうけど、
たま~に農業公園で二股大根が見つかるから持っていけばいいかな。

何といっても八百万の神って言うからねぇ
東京都の人口に近い神様、大阪よりも多いかも。
まあ中には貧乏神なんてのもいらっしゃるし
お願いするときはよく相手を確かめなくちゃね。(*^^)v

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。