東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

綿・木綿・コットン

2016-10-12 | 季節の花
  普通にはなかなか見られないワタ(綿)、
  農業公園では見られるけど植え付けの面積は
  その年によって広くなったり狭くなったり。
  子供はもちろん大人たちもへぇ~と感心して見ています。


  

     ワタの花はいろいろな色で咲く、種類で違うみたい。
     アオイ科の花なのでトロロアオイとか、あのオクラの花にそっくり。




  

     花色は白、黄白色、黄、紅色などいろいろで開花後には、萎むころには紅く変色する、
     淡いピンク色は観賞用の花みたい。
     アリさんが数匹取りついていたけど一匹を残して消えてもらった、
     この一匹はなんとなくユーモラスかなと思って。




  

     これもピンクの花、と、実。
     デカい実です、花より大きな実ってあまり見ないよね。




  

     花がしぼんでから1か月ほどで果実が割れ、
     中からコットンボールが見える姿がユニークで人気がある。




  

     ワタ(綿) アオイ科ワタ属

     は~い、綿の誕生です。この中に粒々の小さな種が入っている。


     紀元前2500年頃から、古代インダス地方(インド)で
     繊維作物として栽培されていた。
     綿は、世界の繊維材料の約7割程度を占める。

     繊維を採取した後の種子から取られた綿実油は、食用油として利用されている。
     油の絞りかすにはポリフェノールのゴシポールが含まれており、
     有毒なんだけど、中国では男性用の経口避妊薬として用いられているという。
                                                                   10月2日 都市農業公園
              


     東京で大規模停電発生、最大で35万軒。
     停電は都心部で発生したので主要官庁などで停電、電車も一部不通。
     
     夕方のニュースはこれ一色、ザッピングして見ていたけど
     地下の送電線が燃えたらしく通気口からは真っ黒な煙が噴き出していた。
     5時過ぎに復旧したのかな、今のところ人的被害は無い模様とか。

     中心部への送電線事故なので周辺部の足立区は被害なしでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベルモント公園に行ってみた | トップ | ちょっと遅かったバラ公園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2016-10-13 16:30:16
1枚目オクラのお花かと思ったら、綿の花なんだぁ~
そっくりだね。
へぇ~いろんな色があるんだぁ。
おもしろいね。

アリさん・・(*'ー'*)ふふっ♪
モデル料払わなくちゃ。

ありゃ~有毒なのに?!
一人っ子政策に役立ってるのかな。
なんだか毒をどくとも思わない怖い国のイメージがあるわ。
この国産の食べ物は用心したくなし~・・・

東京はなんだか災害にもろい気がする。
これを是非教訓に!
くぅさん (jugemu)
2016-10-13 20:20:27
ワタの花は木、茎が無ければ、
花だけ見るとオクラと区別がつかないほど似ている。
フヨウとかムクゲにも似てるのは
同じアオイ科の花だからでしょうね。

アリさん、どこにでもいる、何の花にでもいる。
アリが主役で花が背景ならいいけど花が主役なので
かわいそうだけど?消えてもらいました。

何に関わらずあの国から入ってきたものは数多くあるけど、
大体に於いて日本の基礎みたいな形になっています。
でもそれは大昔の話で、今はどうなんでしょうね、
もう不良品、欠陥品の代名詞になってしまった。
国を誤るということはこういうことでしょうか、
毛沢東サン急ぎ過ぎたのかな?、大きな国だからねえ。

メガロポリス、トーキョーは
イギリス一国に匹敵する生産力を持つ世界最大の都市圏と言われています。
その時、その時の英知を傾けて作られたのでしょうが、
大きくなりすぎたのかな?、怖いですね。
短時間だったので病院なども自家発電で乗り切ったようで、
さらにバックアップを完璧に備えて貰いたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。