東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

向島土手の桜

2017-04-05 | 風景
  江戸の街もだんだんと発展を遂げ
  その範囲が向島あたりまで広がってきた、
  そこで吉宗は隅田川の土手に桜を植え
  庶民に楽しみを与えたのが始まりとされている。


  

     隅田公園から向島まで続く向島土手、
     ママチャリを押して歩いたけどカメラさんには邪魔になったかな。




  

     隅田公園からこの言問橋で土手に上がってきて振り返ってみた
     この向こうが浅草・吾妻橋、明日はこの吾妻橋あたりを歩いてみよう。




  

     江戸の花見の名所として上野の山が賑わったけど
     将軍家の墓所、ドンチャン騒ぎは禁止されていた。
     吉宗はここ向島と王子の飛鳥山に桜を植えて
     江戸の庶民に花見の場所を提供した。




  

     桜の咲く土手の斜面には一面の菜の花。




  

     土手沿いには屋台も並ぶ、
     その前にはゴミ箱も準備され至れり尽くせり。
     向こうの黄色い橋は人道橋、桜橋。




  

     その桜橋、上空から見るとX型をしているけど地上からはそれを見ることは出来ない。




          

          隅田川と分かれて街へ下る、
          桜もちで有名な長命寺の横には真っ白なオオシマザクラが咲いていた。

          チョ~どうでもいい雑学。
          関東の、「桜餅」はクレープのような焼き皮製の生地であんこをそっとくるんだもの。
          関西では、つぶつぶもちもちの生地であんこをしっかり包んだもの。
          関東のものは、別名「長命寺(ちょうめいじ)」といい、
          関西のは「道明寺(どうみょうじ)」といいます。




  

     文字通り花より団子、
     長命寺とは道を挟んで「言問団子」、串に刺してなく丸いままの大きな団子です。

     ここを道なりに行くと10分くらいで百花園、
     さらにいま歩いてきた土手の下が向島の花街。
     そして三囲神社(みめぐりじんじゃ)、弘福寺、長命寺と
     隅田川七福神が並んでいる。
     百花園と隣の白鬚神社にも七福神は祀られていて
     花街と寺町が混然一体となった独特の雰囲気を醸し出している。

     次回は春のうららの隅田川などを。
                                           4月3日 隅田川・向島土手
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花より団子 | トップ | 浅草は遊覧船がいっぱい »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-04-06 10:53:21
周りの風景は変われども、
毎年咲くサクラは変わらず。
庶民のサクラを迎える気持ちもやっぱり普遍なのでしょうね。

どなたかのブログで新宿御苑の桜は、約65種類とありました。
桜って、そんなに種類があるんですね。
吉宗さんの時代はどうだったのかなぁ。
もしかしたらそんなに種類があると聞いたら、
わたしと一緒で「ビックリ!」というかもね。(笑)

北海道の桜餅は
ツブツブの餅米の中にアンが入ったもの。
関西風でしょうか。
アンはあんまり得意じゃないけれど、
あの桜の香りのする、ちょっとしょっぱい桜の葉っぱが好きで、
この時期は欠かさず桜餅食べます~♪
くぅさん (jugemu)
2017-04-06 21:07:42
やっぱり桜=日本人なのでしょうね、
最近はガイジンさんも仲間入りしたようですけど。
寒さから解放され辺り一面ピンクの花が咲き乱れる、
パッと咲いてパッと散る、日本人好みですよね。

新宿御苑、私は行ったことないけど多いらしいですね、
種類に於いては農業公園も負けてはいない
5,60種類はあると言われています。
新宿御苑ほど広くはないけどたくさんの種類が
次々に咲くのでこれから一か月くらいは楽しめます。
今日行ったら八重桜の早いのがもう咲いていました。

北海道の桜餅、関西風なんですか、
私ももちろん子供のころはそれだったけど
こっちへ来てから関東風に、でもやっぱり関西風がいいですね。
そうあのちょっとしょっぱい桜の葉がいい、
あれって食べる?食べない?一時論争があったような、、、。

桜餅、柏餅、味覚の春もまた愉しからずや・・・。♪

コメントを投稿