東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

浅草寺ほおずき市

2017-07-12 | イベント
  この日は浅草寺の縁日である「四万六千日」、
  この日にお詣りすると4万6000日参拝したのと同じご利益がある。
  それにちなんでほおずき市が開かれ善男善女で混みあうが、
  善男善女でもないヒトも行ってきました。


  

     この人たちは四万六千日お詣りしたのと同じご利益がある、
     ところで何年?、46,000÷365=、、、誰か計算して。




  

     さわやかおねえさん、このお店は日陰だからいいね。




  

     あたしんちは日当たり良好よ!アチチ。
     ちなみにこの日は館林市で37.8℃を記録したそうな。




  

     あちち、もうこれしかないわね。
     これこれ、観音様の前でなんです、はしたない。




  

     よいこのみんなは見なかったことにしようね。




  

     遠慮なく照りつけるお日さま、ほおずきの赤が目に痛い。




  

     がんばろう!日本、がんばろう!おばちゃん。




  

     涼しそうなところを。わずかに覗く笑顔が爽やか。




  

     去年は風鈴がいっぱいあったけど今年はちょっと少なかった。




  

     釣りしのぶ。マンションが多くなって見かけることも少なくなったね。




  

     休憩所にはミストが降り注いでいた。う~ん寒露、寒露。


     入ってみたら冷たい霧が心地いい、
     カメラが濡れないようにしまってしばし休憩。
     相変わらず世界各地からの人々でごった返しているけど、
     何となく分かるような気がする。
     言葉は必要ない、見て歩くだけで楽しい
     日本の文化だけではなく世界の文化が集まっている。

     なにより気取らないで歩けるのがいい、
     銀座なんか歩くとちょっと引け目を感じるけど
     浅草だったら大威張りで歩ける、普段着でね。
     何かあったら行きたい、何もなくても行きたい、浅草ってそんな街。


                                           7月10日 浅草寺ほおずき市
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元吉原から芳町を歩く | トップ | 大脱走・オオムラサキ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-07-12 18:08:30
四万六千日って、スーパーの「ポイント10倍の日」以上だね。(笑)
でも、「ほおずき」とどんな関係があるんだろう。
はぁ~調べてきましたよ。
かつては、茶筅→赤トウモロコシ→ホオズキになったのね。
子どもの虫封じですってぇ~

浅草って、庶民的なところなんだよね。
行ったことないんだよねぇ~
って、だいたい東京自体も修学旅行以外にはゆっくり行ってないかな。
行くのは羽田くらいだもんねぇ~

お姉ちゃんもおばちゃんもみんな元気。

観音様の前ではしたない?おねさんより、
その右にいるおじさん?の方が気になる。
なんか・・インパクトのある方だねぇ~^^;
トーキョーいろんな方がいるんでしょうね。

あしたは札幌の友達が遊びに来るんで、
今日のうちにコメカキコしました。
くぅさん (jugemu)
2017-07-12 19:46:41
昔もやっぱり客を呼び込むのは「今なら特典どっさりだよ~」。
ほおずき市の始まりはそういうことだったんですか、
なにか魔除けだとか虫封じってことは聞いたけど、ありがとうございます。
まあ江戸っ子のお祭り好きというのが基本にあるのでしょうね。

庶民的といえば浅草の右に出る所はないでしょう、
その代わりと云えばナンだけどヘンなおじさんもいっぱい。
基本的には害は与えないけど自分に酔ってる
何でもアリだから自分が思うほど目立たないけどね。
下町というより場末の街だったからそれも今に続いているのかな。

外国から来ても吹っかけられたりぼったくられたりもない、
安心してニッポンを楽しめるのでしょう、みんな親切だしね。
東京へ来たら銀座もいいけどぜひ浅草を楽しんでください。

お客様ですか、旧交を温めて。良い日でありますように。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。