東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

オダマキとタツナミソウ

2017-05-19 | 季節の花
  両方とも鉢植えの花、
  この忙しいときに鉢植えにまで手を出したくないけど
  両方とも好きな花、知らんぷりもできません。
  街で見かけるオダマキはみんな鉢植えですね。


  

     幽かに紫を帯びた青?群青色?、
     いかにも深山の花と言う感じで好きな花。
     外側の5枚は萼片で内側の筒状になっているのが花弁。




  

     花の後ろにクルクルと丸くなって伸びる「距」、これがいいね。
     イカリソウの尖がって張り出しているのもいるのも「距」といいます。




  

     似た花に西洋オダマキというのがあってこちらはいろいろな色や形の園芸種、
     オダマキは交配種が作りやすいとかでいろいろな品種があるようです。




  

     隣りにタツナミソウの鉢植えがあった、こちらは地植えの花もたくさん見られる。
     岸壁に打ち寄せ砕ける波頭のイメージで命名された。
     浮世絵にもこんな感じの絵が見られるね。




  

     いろいろな色の花があってこれはブルーの花。




  

     そして白い花もいっぱい見られる。
     しそ科の花だけど分類が難しく学者によっていろいろ分類が異なるとか。


     このような形をしているので思い起こすのはあの大津波、
     あの後にはしばらくブログの世界からこの花が消えたとの話もあります。
     私もしばらくは載せるのを控えていたけど
     東北の津波被害地も年々復興してきて明るい話題も目にします。
     忘れてはいけない、忘れないためにも
     この花を見て戒めにしてもいいかなと。

                                              4月29日 向島百花園
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫さまご婚約へ | トップ | 下町に夏が来た、三社祭 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2017-05-20 10:45:15
「距」ね。はい、覚えておきます。(たぶん忘れるけど・・)
我が家にもミヤマオダマキの白が咲きました。
清楚で可愛いです。
紫もキレイだよね。

タツナミソウ?
あらん、立浪ねぇ・・・監督になれないようで・・^^;
なるほど波のよう。キレイですね。
シソ科のお花って、葉っぱがみんな似てますね。
災害はお花に罪はないわけで・・いいじゃないのぉ?
って、道産子はなんでも「いいじゃないの」が多すぎるかも?
くぅさん (jugemu)
2017-05-20 20:05:48
そうですよねくぅさんちにもあったような、見たような記憶が。
ミヤマオダマキ、白だったんでしたっけ?きれいな花ですよね。
”ミヤマ”とつく花みんなきれいだけどこっちではなかなかね、
せめて鉢植えでもいいから見たいのですが、、、。

”立浪”ねぇ、ちょっと怪しげな噂があるとか無いとか
監督は無理じゃないかとの街のスズメたち・・・。

まあ科が同じなら形は似ているでシソ科の花の茎は四角いとか
いろいろな共通点があるのでしょう。
うんまあ花に罪はないけどあれだけど大津波の後に
やっぱりこの花は載せられなかった、命名の云われもあるしね。
でも現地もだんだんと復興し明るい顔も戻ってきた、
これからはこの花も大手を振って咲くことでしょう。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。