山口 香の「柔道を考える」

柔道が直面している問題を考え、今後のビジョン、歩むべき道を模索する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自他共栄

2009-08-04 14:35:56 | Weblog
 最近の柔道が一般的に見ていて「面白くない」と言われるのは、以前の柔道に比べて「組み合う」時間が少なくなっているからだと思われる。組み手は勝負に大きな影響を及ぼすのである程度こだわってやる必要があるが、あまりにもこだわり過ぎだと思われるケースが多い。ボクシングで言えば打ち合いがなくクリンチが多い、サッカーで言えば後でパスばかり回してチャンスを待つ、といったような感じであろう。どの競技でもガチンコでやり合う時間が長ければ長いほどスリルがあって面白い

 なぜ、選手達が組み手に過度に組み手にこだわるようになったのか?最近では私(子供にとっては先生の立場)が子供と稽古をしても組み手争いをする子供がほとんどである持ちたいところを持たせてやって私が不利な組み手でやっても切って始めからやりたがる子供もいるつまり、柔道が組んで技をかけあうというものから、組み手争いが柔道だと勘違いしている子供や選手がいるのでは?と思うほどである

 私自身が子供の時に道場の先生からは「上の人と稽古をする時には、組み手争いなどはもってのほか!持てるところを持ってどんどん技を出しなさい」と言われた。そして「自分より力が下の者と稽古をする時には、相手に好きなところを持たせてやって、自分は不利な組み手で技を研究しなさい」と言われた。自分と力が同じぐらいの相手の時には多少の組み手争いもあったとは思うが、基本的には早く持って技をかけろ!と教わった

 世界選手権やオリンピックなどが終わり、負けると必ず反省で述べられるのは「組み手が下手。組み手で負けた。」ということだ。昔の柔道家に比べて、これだけ小さい頃から組み手争いばかりしているのになぜ下手なのか?思うに、今の柔道は「自分勝手な柔道」なのだと思う。相手がいる以上、相手も柔道着をつかむし、技も仕掛けてくる。しかし、選手達を見ていると、どうも感じるのは「相手にはできることなら柔道着を持ってもらいたくない」らしいだから、持たせてあげてこちらが持っても切るのであろう

 柔道の面白さ、スポーツの醍醐味は「攻防」にある。一方だけが攻めていては、いくら強い選手であっても面白くない。テニスでもサッカーでも攻守が入れ替わり、やってやられてという攻防が素晴らしい。サーブだけで勝負が決まってしまったら、これほどつまらない試合はない

 柔道は相手があっての柔道である。自分10点の組み手で、相手は0というのは有り得ない。6:4で組み合えれば十分、5:5であっても勝負はできるはずである。稽古の時には4:6であっても切ってやり直すのではなく、何とか工夫してやってみる気持ちが大事である。海外に行けば異常に力が強く、自分の組み手に慣れないケースも往々にしてある。しかし、少し柔道着をずらして自分が動けるところにまで持ってこれれば攻めるチャンスを作ることは可能だ

 今の選手達は早いうちから組み手にこだわりすぎるあまり、逆に組み手で負けてしまうと追いつめられたような感じになってパニックになったり、慌てたりする外国人にガップリ組まれたからといって、そこからすぐに投げられることはそうそうない。そういったがっぷり組まれた状態に慣れていないために、急に腰を引いたり、慌てて何かをしようとして墓穴を掘るケースが多い

 そもそも自分だけ良い組み手で柔道をやろうというのは「自他共栄」の精神ではない

 礼にしても同じである。一見、礼儀正しい礼に見えても相手とまったくタイミングが合っていない礼もみかける「礼」とは何のためにするものなのか?という部分が抜け落ちてしまって形として礼を教わっているとしか思えない。お相撲の立ち合いと同じで勝負ごとは相手と気持ちを合わせる部分がなければ成立しない。それぞれが一生懸命勝手なところを向いて走っているようなものだ。見ている人はどこを見たらいいのか?何を楽しんだらいいのか?結果、そのような試合は面白くないということになるのである

 柔道は柔道着を持ってやらなければならない。しかし、なぜそうなのかという理屈をわかってでなければ意味がない。最近の指導者は私も含めて、表面的な部分の説明で終わってしまっているような気がする。物事の理屈を説いて聞かせ、なぜそうしなければならないのかを教えていかなければならない。その理屈こそが柔道の教育的なスポーツだと言われる所以であり、実生活にも生かせる教訓となる。

 柔道のルールが柔道の魅力を失わせたという議論もあるが、私はそうは思わない。もちろん、要因の一部ではあるかもしれないが、取り組む人間の柔道に対する根本的な考え方を変えなければどんなにルールを変えても変わらないと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界選手権の注目度 | トップ | 視覚障害者の柔道 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-08-04 18:00:25
指導者の育成事業(ライセンス制・講習会)。
昇段審査の充実(柔道史・学科試験)。
山口先生宜しく御願いします。
Unknown (Unknown)
2009-08-04 18:15:33
一見、礼儀正しい礼に見えても相手とまったくタイミングが合っていない礼もみかける

私は中学校時代の顧問(日体大OB、当時5段)に
「相手より先に技をかけろ、礼も相手より先にやれ」と教わりました。
この人は現在教頭をやっています。世も末です。
Unknown (Unknown)
2009-08-04 20:04:43
山口先生

いつも欠かさず拝見しております。

昨日、今日と「少年柔道指導者セミナー」に参加しました。
個人的には、全柔連が本気で少年柔道から普及・強化同時進行して行かないと将来勝てない国になるという危機感を感じてこのセミナーが開かれたと感じました。

特に地区ごとのディスカッションでは、地区・県レベルでの問題や成果のあった施策等が発表され、有意義な時間でした。

その中で、勝利主義による選手の移籍問題・2重登録等、指導者や親のモラルの低下による全柔連へのガイドラインの指針依頼などが発表されました。

あの場所に山口先生が来られていたら、もっと内容の濃いセミナーになっていたと私自身は、思っておりましたので多少残念に思っております。

とりあえず、地元に帰り精査しこれからも、少年柔道に携わって行きたいと思います。

Unknown (クロコダイルダンディー)
2009-08-05 07:36:37
常識を疑うところからすべては始まるということです・・・よね?

難しい問題と思います。 (一応柔道関係者)
2009-08-05 18:36:28
山口先生の辛口なご意見、いつも楽しく拝見しております。
ただ、どうしても批判的なコメントが出てしまうことに、心苦しく感じております。

見ていて「面白くない」、確かに自分もそう思う事があります。それは近年の国際試合がレスリング化している感があるからです。
講道館柔道に無い技で決まることってありませんか?

<柔道>の試合はやっぱり面白いですよ!
選手の駆引きや、一瞬の隙をついての投げ、倒してからの寝技へも連携など、すばらしいものが多々有ると思います。なるべく皆さんに<柔道>をして欲しいと強く感じてます。

ただ、現実はそれで勝てなくなった為に、同じ土俵に上がろうとしてきた結果かな~?

勝負にも拘り、かつ本来の柔道の姿に戻す・・・・難しいですね。

無題 (みらい)
2009-08-06 10:03:59
相手のもち手を切ってからしか技をかけられない子供たち(高校生や大学生も多い)が多いのは本当に大きな問題だと思います。
確かに身勝手な柔道、という表現があってるかも知れませんよね。

最近思うことは、先生おっしゃるごとく「柔道は攻防が醍醐味」であるべきでなのに、
普段の練習に腰で技を受けるなどのイワユル技の防御法を教えているところはあまりない様に思います、
先に攻めることのみが美徳として教え込まれる。
ある意味で試合のルールがコレを招いたともいえる気がしますが。
「先に攻めろ、先に掛けろ」と教えるよりも、「先に崩せ、先に利用しろ」とするべきなのかも知れません。
単に先に技を掛け続けるのと、前段の崩しや相手の反発を利用した技をかけるのとでは意義が違うと思うからです。

昭和41年ころに講道館から出版されている「講道館柔道」という本が手元にありますが、
そこには「柔道の稽古は まず形を習得する それを乱取りを行い試す」と書いてあります。
「打ち込み」という名前は載っていません。
“技をかける”という断片だけを初心から練習し、前段のうまく崩すまで持っていく動き、
や 投げた後に膝で極めて相手を制す などについては習わずに
「乱取り」に入っていく稽古手法が根源にあるように感じられます。

もちろん、「打ち込み」は大事だと思っています。
そういえば岡野先生のインタビューでは、“形はもっといろいろなオリジナルな物があっても良いのではないかという事も言っておられましたが、
打ち込みと言うものは、「形?などの約束稽古」等を行ってから「乱取り」へ進みそこで動きごとに難しさがでてくるわけで、
その瞬間(断片)を克服するために生み出されたものなのかも知れないと思ったりしています。
言って見れば、上級・中級になってからより重要になるもので初心者には効果が薄いのかもしれないとよく考えています。

話を戻しますと、
技を受けるのが怖いので手で突っ張ったり、持たせなかったりする。
単に先に掛けると教わり、あわてて不十分な技ばかりかけてしまう。
それが柔道の面白さを半減させてしまっているのではないでしょうか。


山口先生のおっしゃるとおり、物事の理屈を説いて聞かせる事が教育につながるのでしょう。
今後は、そういうことも含めて柔道の練習方法について見つめなおし
新たな構築がなされること それが全体のレベルアップにつながるのではないでしょうか?


ムチャクチャ長文で焦っていますがもう一つ、
柔道にない技で試合が決まることがあるというご意見も興味深く拝見しました。
確かに「そんなのありかよ」という感想を持ちますよね。
ただ、おっしゃるとおり柔道の試合はそれでも面白いと思います。
柔道創世記から現在までをとってみると相当技は変化していると思います。
背負投、大内刈、大外刈や内股 体落としなどのポピュラーな技をみてもかなり原理も動きも変わっているのではないでしょうか。
また、中には使われなくなった技もあると思います。
世界で柔道が広まったのも、柔道の試合(または乱取り)の許容範囲の広さにあるように思うのです。
サンボの選手、ジュージツの選手、モンゴル相撲の選手 大体似たような格技であれば
大抵は柔道の試合様式で対戦でき、また投げる・押さえるなどとはっきりとした形で勝敗も決めることが(本来は)可能ですよね。
ソウ考えると、柔道の試合はやはり面白みという点でもまだまだ捨てたもんじゃないなと思えたりもするのです。


人様のブログで長々と持論の展開をしてしまい大変失礼しました。
自他共栄 (Unknown)
2009-08-06 12:35:48
日本の社会と柔道界を見渡せば縮図のようです。少しでも利益を上げるため、人より出世するためなら時には手段を選ばない。世の中の常と言えばそれまでですが、日本文化を伝承するという気持ちを指導者も競技者も忘れないでほしいです。
山口さんの言うとおりだと思うんですよ、ただ。。。。 (IO)
2009-08-09 09:24:01
組み手のこと、山口さんのおっしゃる通りだと思うのです。柔道の醍醐味は攻防、と言う意見にも100%賛成します。

でも、競技者は、ルールの中で、あるいはすれすれのところで、なんとか勝とうとしますよね。

何が何でも勝ちたいと思うこと,あるいは勝利至上主義の善し悪しはともかくとして、何が何でも勝とうと思うこと自体は、競技スポーツに打ち込む者の当然の心理だと思うのです(その善し悪しはともかく、ですよ)。

何が何でも勝ちたいと思う気持ちが、過剰な組み手争いにつながり(のなら(この前提は本当に成り立つかな?)、過剰な組み手争いが柔道本来の姿を変えてしまい「面白くない」という評価につながり、過剰な組み手争いに何らかの規制が必要と考えるのなら、ルールを変えるしかないのではないでしょうか。

個々の選手のこだわりや、指導者の指導のありかたはとても大事です。武道としての柔道を後世に伝えていくと言うことも絶対に大事です。これらのことを否定するわけではありませんよ。どうか誤解しないで下さい。

ただ、ルールを変えずに、あるいはルールをどう変えるかという議論なしで、過剰な組み手争いを現場の責任に帰してしまう意見がもしあるとすれば(まあ、そんな人はいないでしょうが)、ほんとうにそうかなあ?と不思議に思ってしまいます。

山口さんのおっしゃる「取り組む人間の柔道に対する根本的な考え方を変えなければどんなにルールを変えても変わらないと思う」についてはそうかもしれないけれど、そうではないかもしれないと思うのです。

組み手争いが不利になるようなルール(でも、どんなルールだ?)を考えていくのが良いし、組み手争いはしにくくなるような柔道着を採用するのがいいと思います。

ルールを変えることで、考え方が変わるっていう風にはならないかな~。

詳しくないし、適切なたとえじゃないかもしれないけど、
サッカーのオフサイドというルールは、サッカーが誕生したあとに、どこかの時点で誰かが考えついたんですよね。オフサイドのルールは、サッカー競技のあり方を根本的に変えたと思うのです。きっとオフサイドルールが出来る前は、だれかがゴールの前で待っていて、とにかくそこにパスをあげるというサッカー(きっと、つまらない)だったと思うんですよね。

ラグビーのボールを後ろにしか投げてはならない、というルールもそうですよね。きっと、原始ラグビーは前に投げても良かったんだと思う(違ってたらスミマセン。

うーん、いいたとえじゃないかも。たった今思いついたことなので。

むずかしい~。
単なる組み手切り合い (梅茶漬け)
2009-08-09 13:15:43
 組み手を切る、ということになんの罪も無いと思います。(・_・;)ただ今は「組み手争い」というよりも、あるのはただの組み手の切り合いかと思います。先に組む、というのもあれば先に組ませる、という両極端がある。今は先に組むという技術のみが先行しているためにバランスが悪く、技術が回らない、不格好に見える。また、切るというなら切らせてあげての技。

 年代が進み、技術革新が進めば見栄えのよい、もっと懐の深い面白い試合が見れるのではと思っています。山口先生の書いてらっしゃる「自分より力が下の者と稽古をする時には、相手に好きなところを持たせてやって、自分は不利な組み手で技を研究しなさい」を言い換えただけかもしれませんが。(・_・;)

 柔道素人です。失礼しました!<(_ _)>
Unknown (Unknown)
2009-08-09 14:00:19
少年柔道にかかわっている者です
組み手にこだわりすぎる 持たせてやっても切ってから柔道をする。ですが、

・普段の打込みがおかしい
(お互いにきちんと組まないで(襟を持たせないで)打込みや投げ込みをやっているから。
(練習は楽でやり易いが試合でまともに組まれたり突っ張られたりすると技が効かないので組み手争いをする)
・組み負けてからの技がない
(逆の技を稽古していない、相手の技を防御できない、相手の動きから自分の技に変化できない)
・組み手争いの考え方が間違っている。
(取れる所から攻撃・足を活かしてから組み手・攻撃をしながら組み手争い ができない、二本持ってからの柔道を勘違いしている)

まとめるとこんな所でしょうね

「自分勝手な柔道」これはいい表現ですね。実際には不勉強で自分勝手な柔道家のなんて多いことか・・・もちろん人のことはいえませんけどね

スポーツ界での不祥事が最近多すぎることがきになります。暴行や違法薬物などひっきりなしにニュースをにぎわしていますね。
スポーツをやると礼儀や協調性やおもいやりが身につくんじゃなかったのですかね~彼らは競技の練習だけしていて心を学ばなかったのでしょうか
「自分勝手な柔道」の行き着く先は結構大変なところかもしれませんね。


コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL