ほしにき『ほし☆日記』

へんてこジュースの紹介と横浜DeNAベイスターズ熱狂的応援日記("ほしにく"のベイスターズ応援日記)

勝ちパターン崩壊で交流戦勝ち越しならず!

2017年06月19日 | 横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因
 昨日は土砂降りのなか午後一時の予定どおり試合を強行した横浜スタジアム。ゲームは今永がマウンドに立つときに限って雨が強くなり、制球定まらず2失点。しかし、グランドコンディションがどんどん悪化し試合はノーゲームに。ファンも選手も単にびしょ濡れになっただけの日曜日となった。

 そして仕切り直しとなった今夜のゲーム。ようやく数年前に甲子園を沸かせた高校生ルーキー飯塚が初登板を果たす。鋭いフォークを決め球に怖がらずにピシッとインコースを突くピッチングを披露するなど、FA補償の平良よりよっぽど見事な快投ぶりでファンを魅了した強心臓投手の飯塚。まだまだ余力は残していたものの五回裏1-0でリードしたままエリアンに代打を送られお役御免となる。その後、味方打線が3点を追加し、4-0となってほぼ初登板初勝利の権利を得たと確信したが、加賀の後を継いだ勝ちパターンのパットンが気の緩みから失投して小谷野にスリーランを被弾し1点差に、さらに三上がインコースを3球続ける謎配球でロメロに逆転ツーランを浴びてしまう。この2発でせっかくの飯塚の初勝利交流戦の勝ち越しシーズンの借金完済もすべて水泡に帰してしまった。

 何度も何度も得点圏にランナーを進めていたが、得点出来たのは4点のみ。しかもそのうち2点はラッキーな外野手のお見合いプレーによるものだ。チャンスにこれだけ凡退すれば、流れをオリックスに持っていかれて当然である。筒香のサードライナーの飛び出しや一死三塁での空振り三振もいただけないプレーだった。点は取れるときに1点でも多く取るのが鉄則だ。チャンスに弱い筒香は六番、七番あたりに打順を降格させた方がチームのためになる。倉本を二番に上げて一つずつ打順を下げて筒香は七番で十分だ。(八番に投手を入れる打順はもう本当にやめてほしい・・・)

 とりあえず交流戦は9勝9敗の五分で終わった。最終戦に金子から4点奪って負けたのは悔いが残るものの、カードとしてはロッテ、オリックスと連続勝ち越しをしたのだから、金曜日からのリーグ戦に向けて前向きに気持ちを切り替えてもらいたい。今夜、新たなローテ投手も誕生し収穫があったのも大きい。しっかり休養して交流戦明けも頑張れベイスターズ!
ジャンル:
くやしい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桑原2発!戸柱逆転満塁弾!... | トップ | 代走関根は牽制死!同点で平... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む