ほしにき『ほし☆日記』

へんてこジュースの紹介と横浜DeNAベイスターズ熱狂的応援日記("ほしにく"のベイスターズ応援日記)

サヨナラ勝ちで念願のCS進出まであと1勝!

2016年09月18日 | 横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因
 昨日は苦手阪神相手に見事な逆転勝ちを決めたベイスターズ。中盤までノウミサンに苦戦して0-2の敗戦ムードだったが、無死満塁で空振り三振するほどチャンスに弱い白崎が、五回表、無走者のノンプレッシャーの場面だと得意のソロホームランを打つから驚いた。これで流れが変わって、あっという間に4-2と逆転したDeNA打線。その後1点差に迫られるも、八回表にセカンド上本の草野球のようなエラーの手助けもあって6-3とリードし勝利。モスコーソ 、須田 、砂田 、三上 、山崎康と多くの投手をつぎ込んだが、阪神最終戦を勝利で飾って良かった。

  そして甲子園からハマスタへ戻って即ナイター開始。相手は今季のセ・リーグ覇者の広島だ。優勝してモチベーションは下がっているのかと思いきや、カープ打線は相変わらずのネバネバしつこくて、戸柱や三嶋の悪送球も絡んで0-2の劣勢に。広島先発の九里もフォークをどんどん多投して、縦の変化球に弱いDeNA打線は秋だというのにバットはクルクル扇風機全開だった。それでも六回裏二死から桑原がノーノーを打ち砕くチーム初安打を放った瞬間から打線に火がついて3-2と逆転する。しかし、逆転のカープからこのまま逃げ切るはずもなく、山崎康は昨日とは別人のへなちょこ投球で同点にされてしまう。先頭の松山にはもっと高めのつり球を使えば打ちとれたのに、なぜストラスクゾーンにばかり投げ込むのか?後続にも同じだ、低めのストレートに拘り過ぎじゃないか。結果的に力んだり浮いたりして真ん中あたりに球が集まっていた。あんな打撃投手状態でよく1点で済んだと思う。その裏、倉本が二死三塁とチャンスメイクするも関根が三振しサヨナラならず、十回裏、また二死無走者から桑原、エリアンが六回と同じように連打して最後はロペスがスリーラン。神宮ではヤクルトが負けて、いよいよCS進出まであと1勝となった。

 しかし広島の外国人助っ人は何人いるのだろうか?優勝してからようやく1軍初登板するデラバーなる投手。てっきりカープのブロードウェイかと思いきや、こちらは本物の秘密兵器だった。次から次へと優良外国人を発掘して連れてくる広島のスカウトさん。なんとも羨ましい限りだ。高田GMも見習ってほしいものだ。
『うれしい』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番長に大量点の援護なし!福... | トップ | 牛島監督以来のAクラス!よ... »
最近の画像もっと見る

横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因」カテゴリの最新記事