ほしにき『ほし☆日記』

へんてこジュースの紹介と横浜DeNAベイスターズ熱狂的応援日記("ほしにく"のベイスターズ応援日記)

終盤1点差まで詰め寄るものの力尽きて終戦

2016年10月15日 | 横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因
 昨晩は井納の好投とまさかの復活登板をした須田の活躍で3-0と首位カープを完封したベイスターズ。なんとか一矢報いることが出来たが、今日のデーゲームはカープ戦に滅法強かった今永がよもやの初回6失点!先頭の田中に四球を与えたことで完全にリズムが狂ってしまったようだ。いつになく慎重になり過ぎたのか?際どいコースをことごとく球審津川にボールの判定をされてしまった。ルーキーらしくもっと大胆に投げてほしかったが、あと一つ負ければ終わりの状況でそれを求めるのは酷だったか・・・。二番手藤岡は良かったが、三番手砂田がさらに2失点。二回裏に好投した藤岡は続投せずに三回裏に失点した砂田はそのまま打席に送ってさらに五回裏に失点する悪循環。その後、須田、三上、山崎康はしっかり無失点だったので、結局この砂田のロングリリーフが致命傷となってしまった。ラミレス監督の継投下手は最後まで治らなかった。

 崖っぷちのDeNA打線はしっかり奮起して、二回表の倉本のタイムリー、三回の梶谷のツーランなどで2点差まで迫るが、続く二死二、三塁で倉本にもう1本タイムリーが出ていれば同点だっただけに、この打席の凡退が本当に悔やまれる。終盤七回に広島戦絶不調のロペスがようやくソロを放って1点差までカープを追い詰めるものの、この日も頼みの筒香はまったく機能せず5タコの大不振。最後も空振り三振でゲームセット。ファイナルステージ打率.833のカープ田中広輔とは対照的に、打率.063という1割にも届かない体たらくで完全に打線のブレーキとなってしまった。梶谷は骨折しながらもがむしゃらにプレーし活躍したていたが、ベイスターズの四番は不発に終わってしまったのが残念だ。これを糧に来季はますます精進して活躍してほしい。来季は絶対にカープと立場を逆転したい!

 これで今シーズンは終戦。これだけ長い期間プロ野球を楽しめたのは感激である。まだまだこの後もドラフトやトレード、そしてFAからも目が離せない。特に怪我で離脱ばかりのエース山口俊の決断はいかに!大切なシーズン序盤はおろかクライマックスシリーズでも一度も登板せずチームに迷惑かけっぱなしでもFA宣言するや否や?今オフの山口の去就には注目したい。
ジャンル:
くやしい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お手上げのファイナルステー... | トップ | ラミレス監督くじ運なし!二... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む