ほしにき『ほし☆日記』

へんてこジュースの紹介と横浜DeNAベイスターズ熱狂的応援日記("ほしにく"のベイスターズ応援日記)

三上が炎上するもカープが勝手に自滅して延長勝利!

2017年05月17日 | 横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因
 勝ちに不思議な勝ちあり。味方のDeNA打線が不甲斐ないため、先発ウィーランドが自らホームランを打って奮起したものの、継投下手のラミレス監督は、投打でノリにノってるウィーランドを六回球数101で降板させてしまう。我々ベイスターズファンの嫌な予感は的中し、二番手三上は3失点で炎上する始末。三上は一死二塁のマウンドをカープファンを歓喜させたまま降板し、続く砂田も失点してしまう。(この4点目については、タイミングはアウトに見えたがリプレー検証してもセーフの判定のままとなる。)
 3連敗中のベイスターズ打線ゆえに、このまま反撃なく1-4で終戦かと思いきや、最終回に奇跡が起こった!ロペスが今村から打ったサードゴロを三塁阿部が悪送球。続く自動アウトの筒香にはストレートの四球をプレゼント。五番宮崎のライトライナーは鈴木がグラブから打球をスルーさせて2点を返す。さらに戸柱がタイムリーを放って土壇場4-4に。カープが勝手に同点にしてくれたのは不思議でしようがない。さらに延長十回、一岡がエリアンにストレートの四球を与えて倉本が送りバントでランナーは進塁。続く打者は筒香と同じく自動アウトの桑原だったが、彼が打ち損なったピッチャーゴロを何故か一岡がお手玉しながら後逸するから驚いた。さらに梶谷を敬遠して満塁となって、普段は力んで犠打を打てないロペスがライトへ犠牲フライを放って、とうとう5-4とリードする。まだまだ二死一、三塁のチャンスだったが、四番筒香はやっぱり三振して今夜もノーヒットかなり重症に見えるが、ラミレス監督は見守るしか術がないようである。最後は投げてみないと判らないパットンがピシャリと抑えてゲームセット。なんだかよくわからない不思議な勝利で連敗は3でストップしたのだった・・・。
ジャンル:
おもしろい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 濱口と尾仲のノーコン押し出... | トップ | 打てない桑原をずっとスタメ... »
最近の画像もっと見る

横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因」カテゴリの最新記事