ほしにき『ほし☆日記』

へんてこジュースの紹介と横浜DeNAベイスターズ熱狂的応援日記("ほしにく"のベイスターズ応援日記)

スミ1で負けた中日戦を次ゲームの阪神で晴らす!

2017年04月25日 | 横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因
 広島に勝ち越して、意気揚々とホームに帰ってきて、続く中日戦で3タテを狙ったベイスターズだったが、初戦に最終回2死2ストライクからパットンが被弾してしまったこともあり、またもや1勝1敗1分けに終わってしまった。十分に3つ勝てる試合展開だけに勿体ない結果となって残念だ。
 そして、今夜から甲子園に移動して苦手阪神戦に突入。初戦の先発は、父親の影響で子供の頃からタイガースファンの濱口だ。そんな虎を良く知る彼が六回までは無安打の快投を披露するから驚いた。七回裏、とうとう糸井に初安打を浴びてしまい緊張の糸が切れて二死満塁で降板。続く阪神アレルギーの山崎康晃がこの大ピンチを奇跡的に三振でしのぎ、三上、パットンと繋いで1-0の勝利。ようやく苦手阪神相手に今季初勝利となった。
 しかし、勝つには勝ったが相変わらずベイスターズ打線は相手先発の秋山には11三振のきりきり舞い。すっかり苦手意識を植え付けられてしまった。さらに、明日の先発はDeNAをカモに7連勝中藤浪だ。さすがに同じ投手に負け過ぎである。今度という今度こそノーコン藤浪を攻略てほしい。いつもラミレス監督が出す「ファーストストライクを狙っていけ作戦」を封印すれば勝機は十分にある。藤浪相手に「追い込まれる前に」と早打ちするのはベイスターズだけだ。他球団と同じように打撃陣は待球作戦を実行し、球数が増えた終盤あたりに、じっくりランナーをためてセットポジションからの藤浪を叩けば良いのだ。明日も絶対に勝て!そして借金返済だ。今永今回も頼むぞ!
『うれしい』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カープキラー今永よくやった... | トップ | 井納今季初勝利!そして筒香... »
最近の画像もっと見る

横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因」カテゴリの最新記事