ほしにき『ほし☆日記』

へんてこジュースの紹介と横浜DeNAベイスターズ熱狂的応援日記("ほしにく"のベイスターズ応援日記)

濱口と尾仲のノーコン押し出しドラフトコンビで大敗!

2017年05月16日 | 横浜ベイスターズ 今日の勝因・敗因
 初回、広島のエース野村を攻めて一死二、三塁のチャンス。この先制のチャンスに四番筒香は初球のストレートに押されどん詰まりのサードフライ。なんとも情けない四番バッターなのだろうか。阪神戦も大スランプの二試合連続4タコ無安打。今日もさっぱり打てずノーヒット。完全にチームの足を引っ張るダメっぶりである。一度四番から外すなど荒療治が必要ではないか?前日、ラミレス監督は「筒香がホームランを打つ」と予告していたが見事にハズレてしまって、ただの大ホラ吹きとなってしまった。
 投手も投手である。五回倉本のタイムリーで先制した途端、ドラ1濱口が弱点のノーコン病を露呈してしまい四球四球の連発であれよあれよと5失点。さらに試合終盤ドラ6尾仲も四球連発で同じく5失点。どちらも二軍で鍛え直しだ。制球難を克服できないと一軍では使えない。これでは守っている野手はたまったものじゃない。これでAクラスどころか交流戦前の貯金もほぼ絶望的な3連敗借金3になってしまった。
 こうなった以上、ラミレス監督が気まぐれにはじめた八番ピッチャーの打順もさっさと止めてしまい、当たりが戻ってきた倉本を二番に入れて梶谷から順に1打順ずつ下げたらどうか?ロペス四番で筒香は五番で良い。たまたま外国人投手が八番打者でハマッたからと馬鹿のひとつ覚えで打てない投手を八番打者にしてアウトカウントを1打者分早める必要はないだろう。ただのセオリー無視の間抜け采配だ。まるで野球経験のないど素人の監督のようだ。歴代の名監督が見たら鼻で笑うに違いない。どうしても八番ピッチャーに拘るのなら、せめてセンター桑原を荒波と代えるか、倉本と桑原の打順を入れ替えてほしい。勝敗を度外視してお気に入りの選手と心中するのは中畑監督だけで十分だ。不調の選手はどんどんスタメンから外せ!明日もこの間抜け采配で大瀬良を攻略できるのだろうか?どうなることやら・・・。
ジャンル:
かなしい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤浪先発戦はこれで11連敗... | トップ | 三上が炎上するもカープが勝... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む