立山モアイの多趣味ブログ

以前から色々な趣味があります。天文、釣り、園芸(山野草)、DIY、雑学、、その取り組みを紹介します。

小林麻耶アナウンサー「ぶりかまブルース」ライブステージ@氷見・魚々座(富山県氷見市)

2016年12月31日 21時27分23秒 | Weblog
富山県の漁村である氷見市は、寒ブリの水揚げが多い事で全国的に知られています。その氷見市では2016年に「ブリコレクション2016」が開催されていました。その氷見市が、小林麻耶アナウンサーをゲストに招いてライブイベントを開催しました。2016年2月6日に、ひみ漁業交流館「魚々座」において、小林麻耶さんのライブステージがあり、集まった観客と一緒に「ブリカマダンス」を踊るという趣向のイベントでした。小林麻耶さんの新曲である『ぶりかまブルース』は、ダンスに特徴があります。このブリカマダンスは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの振り付けを担当している振付師の方が作ったダンスだそうです。
この日、魚々座の館内に作られたステージで、小林麻耶さんが生歌で『ぶりかまブルース』を披露し、それに合わせて観客も皆で一緒にブリカマダンスを踊りました。このライブに先がけて、小林麻耶さんがじきじきに観客の皆にブリカマダンスの振り付けをレクチャーするというコーナーもあり、小林麻耶さんは「男性のお客さんの方々も恥ずかしがらずに一緒に踊って下さいねー」と言っていましたので、私も練習に参加してブリカマダンスを覚えました。実際の一緒に踊ろうのコーナーでは、小林麻耶アナウンサーの生歌に合わせて、私も(サビの部分だけでしたが)踊ることができました。
ブリカマダンスは、ブリが出世魚だという事を表現している踊りだそうです。
この日、小林麻耶さんは「氷見ブリカマ大使」に任命されていました。
実際に、氷見への来訪では、小林麻耶さんも「ブリカマの塩焼き」「ブリのしゃぶしゃぶ」などを食べたそうです。「ぶりしゃぶ」の食べ方には小林麻耶さんはこだわりがあるそうで、鍋に寒ブリをくぐらせる時間配分が大切だと熱弁していました。
有名アナウンサーの小林麻耶さんを、生で目にする機会に恵まれた貴重な時間でした。
この日は、氷見市内はもちろん、富山県内各所からも、さらに関東地方などからもこのライブステージのために多数の観客が氷見に集まっていたようです。
【追記】現在「氷見・魚々座」は「氷見市漁業文化交流センター」に改称されています。館内の展示も一部変更されています。
『富山県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kalafina・クリスマス・プレ... | トップ | リオデジャネイロ五輪・金メ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事