サイトろぐ

サイトろぐ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FXで為替レートの正確な予測はできないにしても

2017-02-13 20:38:14 | 日記
FXの為替レートの正確な予測はできないにしても、為替相場が形成される過程に少しでも迫っていくためには、どんな情報に注目し、手に入れれば良いんでしょうかね。

決して簡単に答えられる質問ではありませんが、いくつかのポイントがないこともありません。

すべての情報を入手することは誰にもできないのですから、質のいい情報をある程度しぼる必要があります。

FXで為替市場を読むのに必要なのは、大きく分けて二つ。

ローカルな情報とグローバルな情報です。

グローバルな情報とは、いまアメリカやヨーロッパ、日本はどう動いているのか、各国経済のファンダメンタルズ、政治や社会の動きなどに関する中長期のトレンドと、もっと短期的な現在のファッションになっているものに関する情報です。

ローカルな情報とは、東京市場なら東京で日本の機関投資家のA生保はいまどういう投資戦略で動いているのか、B信託やC年金基金はどうか、現在のファッションに乗り換えたかどうか、といったその市場に即した情報です。

グローバルな情報だけで判断すると、どうしても経済学者のように理論だけでFX市場を見ていく傾向になりがちです。

ケインズなどは例外ですが、マーケットでかならず失敗するのは頭の硬い経済学者です。

参考サイト:FXねずみ小僧(次郎吉)のトレードブログ

やはり、東京市場なら東京市場の水面下で動いている現在進行形のローカル情報も必要です。

両者を突き合わせて見ることで、一つの現象を総合的、立体的に把握できるようになります。

そのためには、東京なら東京のディーラーとも、日頃から意見交換をしておきたい。輸出業者や輸入業者、あるいは機関投資家とも接触して情報を得る。

そうして得た現地のローカル情報をもとに、ロンドンやニューヨークなどとも連絡しながら市場プレーヤーの動向を見守るのです。

情報ゲームにおいては、全体と細部の、マクロとミクロという二つの要素は、車の両輪のようにいつもバランスを心がけたいところです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資産運用とか難しそうだけど... | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事