Hiro君の手作りジャズライブ・京都 Blog

寺崎純(p)を中心とする京都のプレーヤーと大阪、神戸を主戦場とするジャズメンとのブッキングを、行いたいと考えています。

北村英治コンサートatザ・フェニックスホール 平成28年12月10日(土) 17:00~

2016年12月03日 08時27分50秒 | ライブ インフォ

久しぶりの谷口英治氏との共演です。名手二人の個性的な演奏が繰り広げられます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディンギーでフィールドを変える!!!?

2016年12月03日 07時38分02秒 | Weblog

偉そうに"ヨット開始の手引き???”なんて書いてみたが、現在のフィールド、琵琶湖南湖から、瀬戸内海にも手を伸ばそうと色々現在ネットで探索中だが、やはり、意外に難しい。大阪湾は、海はやはりかなり汚れているようで、クルージングしていても海の色が変わるのが解るらしい。未だ行ったことの無い兵庫県立海洋体育館(レンタルヨットもある.安い。)でも、水は汚いそうな。西宮のハーバー、これも行ったことは無いが汚いそうな。ここでディンギーって、ちょっとしたくない。と言いながら、甲子園浜で昔、ウィンドやってた。ガラス片で怪我する人も。有る時は、汚くて臭い水で大変だった。こんな所にでかい魚が撥ねている。ボラらしい。ボラって、綺麗な海の物は美味しいらしいが、当然ここの物は食えない。因みにからすみはボラの卵。新鮮で綺麗なボラの卵を手間暇掛けて味付けするんで、高級食材。も一つ因みに、神戸の寿司屋で自作していて、これが又美味い。それに比べりゃ、南湖は未だマシ。藻が生えて操船が大変でも、シャワー浴びずにそのまま帰っても臭くない。直ぐ風呂入るけど。海は塩水なので、当然べたべたするのでシャワーは必須だけど、ウェット、しっかり洗わないといけないけど、せめて綺麗な海水であって欲しい。と言うわけで、一寸離れたところにしようと探しても、ディンギーで、比較的安価で、ってのは、牛窓ヨットハーバーくらいしか無い。いや、有るかも知れませんが、情報を得るのは困難です。後は、公的なマリーナでも結構お高い。恐らくは、琵琶湖の我がクラブのようにお安く頑張っている人達もいるんでしょうが、ネットでチェックしても、いくらかかるかなど明示してあるところは殆ど無い。中には、艇を持っていなくても、免許が無くっても、ってのもあるが(ここは良さげ!)、メインはクルーザーのようで、基本的にクルーザーに乗りたくない、ディンギーが乗りたい人向けじゃ無いような。それに、レスキューのことは一切書いていない。それでも、ディンギーのみならず、クルーザーでもモーターボートでもレスキューのお世話になることはあり得る。その辺の情報は入ってから、ってことのようですが。

と言うわけで、フィールドを変えるってのは、結構大変です。爺がやるって言うともっと大変です。海にはまって死なれても困るし。

問い合わせるって手もあるけど、皆さん、遊ぶのは日曜日が多いようで、週日に聞いても電話もかからない。メールがいいかも。Hpがしっかりしているところは、お金を掛けているか、誰かクラブ員に知識のある人が居るから。リップルタウンなどに出てくるが、クリックしても出てこない、位の所が狙い目なんでしょうか。人に聞いてもいいが、情報が確かかどうかはわからない。

綺麗な海水でのディンギーセーリング、ってのも結構難しいかも。大体、絶滅危惧種のスポーツで、人の集まる所にしかクラブはなさげで、そこの海が綺麗って事は、まあ、余り無さそうです。

牛窓ヨットハーバーは、昔一度、"値打ち無し"のシーホッパー(実は結構良い買い物)を取りに行ったが、中々良い所。東洋のエーゲ海だって。ここの艇置料、結構安い。5万足らず。クルーザーは勿論それなりだが、メチャクチャな訳では無い。小豆島一周クルージングがお勧めらしい。クルーザーだったらの話ですが。

岡山県から、わざわざ琵琶湖のクラブに来た部員が居るが、この人は、既に岡山でクルーザーを買った模様。この人に聞いて見るか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨット開始の手引き????

2016年11月12日 02時53分25秒 | ヨット(ディンギー)

マリンスポーツは金が掛かる。免許が要る。手間もかかる。マリーナのHpをチェックしてみても、どうすりゃ良いのか良く解らない、と、敷居の高い遊び。

そもそも、無手勝流でウィンドサーフィンを始め(おおおっとー、1泊2日のスクールに行ったっけ!直ぐ、買ったっけ!!)、3年目には、ディンギーが欲しいと、結局買ったのがHobbie 16。買ってから操船技術を見よう見まねで。随分迷惑掛けたなー!!これも1年ちょいで、台風に流されたのを機会に、勝手に大蔵省が売却してしまった。仕事が超多忙なBlack企業に勤務していたので、惜しいとも思わなかった。今持ってりゃ、丈夫な船なので、十分使えるのに・・・、グスン。さて、ウィンドは、いい年になって再開、同好の士が集まって、若い社員も誘い、初心者教えるのに苦労、レスキューに、人力だけではとても無理(なんせ、教える人の平均年齢は50才!)で、無免許で乗れる2馬力ゴムボートを発見、即購入、その後も、別のBlack企業を離れることが出来ず、適当にチンタラ遊んでいた。が、無手勝流では続かない。そのうち、ウィンドする体力が無くなったので、お古のシーホッパーをゲット。この後、某セーリングクラブに入会と相成りました。

クラブの初心者講習を受けるのが、一番良いって事です。でも、ウィンドは物が小さく、クラブでやっている人はほとんどいなかった。ディンギーは、それより大きいだけ、取り扱いに手間がかかる。初心者から、自力でセーリングするまでの落差は、ウィンドサーフィンとは違ったところで大きい。クラブや同好会の学生諸君でも、艤装に途方に暮れる様。ましてや・・・。初心者から、丁寧懇切に教えてくれるクラブって、探すの結構難しいんじゃ??因みに、私の入ったクラブは、経費を掛けず、とことん遊びましょ!!を、モットーとしているが、入会した後になって、”内が一番、独り立ちするには、技術的に高いレベルを要求する!!”等と突然言い出す。んじゃ、ホントの初心者、どうするの??と思ってしまう(まあ、何処でも似たり寄ったりだとは思うが)。初心者講習なんてすんなよ、っていいたくなる。正直、初心者レベルを卒業していないと、内では苦労する。私は、内のクラブを"爺の為のト○カヨットスクール”と呼んでいる。去年は、毎回熱中症になりかけて、老体にはホントに大変だったなー!

今年は、最小限セイリングが弱風、中風の一番下くらいで出来る様になった同級生を入れて、一緒にセーリングしたが、比較的スムースに上達、今後(ここからのコメントが大切!!)、クラブ員から色々教えて貰ってレベルアップ出来るでしょう。そんな訳で、自分に合ったクラブを探すのも、実は大変かも。レスキュー体制がしっかりしているところは、当然、金も掛かる。因みに、内は、レスキュー艇ってこれ??っていいたくなるような代物(クラブ員が読んでいないことを祈る)。一泊ツーリングの時には、なんとレスキュー艇がレスキューされていた。笑っちゃったけど、ま、こんな事は絶対に無いわけでも無いか。

一度、入りやすそうなクラブに入って、自分に合うクラブを探す、ってのが、一番良いように思います。1年目、せめて8~10回くらいは練習しないといけませんけど。

クラブ員の中には、20代でヨットをやって、結婚して30年離れて、又やり始めた人、国体選手でずっとやっている人、色んな人がいる。教えるのが上手な人も、下手な人も。まあ、悪人はいません。善人はいます。勿論普通の人も。

ヨットは、色々要求される物が多いので、今風で無い、絶滅危惧種の遊び。でも、楽しんでいる人はとても楽しんでいる。これってやっぱり素敵だと思いますよ。

因みに、新品ヨットは、クルーザーもディンギーも高い(当たり前か!)でも、中古は安い。何せ絶滅危惧種の遊びだし、中古で出しても品物がはけないし。国体選手は、始めたときも今も一番若いっていってたっけ。それでも、ネットでみても、あんまり掲載されていない。実は、日本中に使ってないディンギー山ほど或る!!!という説もある。どうやって買って良いかも初めは解らなかった。でも、クルーザーでも中古は結構安いのがある。但し、係留料などは高い。ディンギーでも、置き賃はいります。それに、寒くなってもやるなら、ウェットスーツなどに経費はかかります。

アウトドアもどきの遊びを志向している人は、トイレ付きのオートキャンプ場でどうぞ。せいぜい夏山でどうぞ。ヨットになると、ディンギーでも、冬山登山の様な厳しい面があります。天候に随分影響を受けるんです。船の選択にもよるでしょうけど。夏山は、すれ違った人に”コンチワ”と挨拶するのが流儀だが、冬山でそれをやると、完全に馬鹿にされる。ヨットも、それなりの覚悟がいるスポーツ。

でも、やってみなけりゃ解らない歓びと辛さがある、やりがいのあるスポーツです。まずは、セーリングクラブのHpを見て、適当なところで聞いて見る。きっと初心者講習やっているので、それに参加してみる。そして、自分がやり続けたいかどうかを考える。少なくとも自力で、中風で気持ちよくセイリング出来るまでは頑張りましょう。一年目はシーズン中は毎週日曜日行くくらいの気持ちが無いと、ちと無理じゃ?それに、貴方の為に風は吹いてくれるわけじゃ無い。自分のレベルに応じた風の強さは、波の大きさは選べないんです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルミランチャー ファクトリーゼロ

2016年11月06日 23時19分11秒 | ヨット(ディンギー)

2年前の夏、手に入れたシーホッパーⅡについてきたオマケのアルミランチャー。軽くて、水に浮く。使いやすい。クラブのランチャーは丈夫で重い。爺には辛い。

これが壊れて、部品オーダーしたら、あっという間に来ました。これもとても良い。

って事で、中古のアルミランチャー探してますけど、未だ無い。

新品で買うのはちと高いし。でも、その価値ありですね。

http://www.kai-you.com/stocks-sub/BY-350.htm

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーホッパー2台

2016年11月06日 22時40分10秒 | ヨット(ディンギー)

そもそも、牛窓でゲットした最初のシーホッパー。ブローカー(?)はディンギーの値打ちは零!アルミランチャーは一度しか使ってないからオ・ト・ク!!といっていたのだが、確かにFRPの色は黄ばみ、船底の色はあせて、如何にも値打ち無し。マストも長すぎて、後で切った。艤装品もお粗末。そんな訳で、国体選手が数回使用したレーシング使用のシーホッパーをも一つ、ゲット!!セーリング速度は大いに改善するか?と思ったのだが、ウーンそんなに。そりゃ、技術の問題、体重の問題がありますわな。なんせ100kg近い体重。かがむと腹が邪魔。

さて、一号、ブームバングを換え、シートを換え、マストを切るなど、手を入れるところは色々あったのだが、水は入らないし、価値無しって事無し。お買い得品!!!どうせ損しても良い、と思っていたので、ウレヒー!!これなら、底塗り直して、レーシング使用に変更してもいいんじゃ、と思っているが、ま、そこまでは。てことで、船を洗ってあげました。こんなの初めて。結構綺麗になりましたよ。大蔵省が化粧するよりは手を入れる甲斐があったー!!

なんやかんやで、艤装もオリジナル(極々一部ですけど)を考える今日この頃、シーズンはオフしていくのです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/6 at 琵琶湖マリーナ

2016年11月06日 22時05分51秒 | ヨット(ディンギー)

いつものフィールドでの練習。

予報では、気温下方修正、でも曇りのち晴れ。Zhikのチタントップとマイクロフリース スキフ(Long johnのことらしい)をゲットしたので、その調子見も兼ねて。

さて、風はコロコロ、方向も強さも変わる。とてもチャレンジングな天候って事。恐れを知らない私目も、この日は、流石に1時間ちょいのセイリングで戻ってきた。いつもの取水塔(ってのかな??)まで行って、帰ってきただけなのだが、一寸物足りない。それでも沈すると心臓が止まりそうで、これ以上のセイリングは断念。こんなの初めて。マリーナ社長も、心配そうに"スマホ持っててくださいよ”ってなコメント。そもそも遊びでは無鉄砲な性格で、昨年はクラブ員に多少の迷惑を掛け、多めの非難も受けたが、今年は、それなりの状況把握をしているので、沈も殆どしない。レスキューなんて以ての外(なんちゃって!)。但し、クラブの方針、”自力で帰港”は、何処のクラブでもそうだが、その一方で、このクラブは、レスキュー体制が全く不十分であることも事実。資金力の問題。従って、操船技術に対するデマンドは高い。初心者は無理。そのくせ、初心者講習もやっている。そこに知り合いを入れるとなると(みんな、金が掛かると言うだけで敬遠する)、2馬力ゴムボートを使って、最低限のセイリング技術を身につけさせないと、このクラブでは持たない。来年は若いの二人入部させるつもりなので、さてどうなるのか、楽しみ。掛かる金が一番安い、だけでは、新入部員は増えない。増えなくても良いんだろうけど。と、大きなお世話をしながら、今年も終焉に近い。

さて、チタントップだけでは、気温16~18度くらいでは風が強く吹くとちと寒い。マイクロフリース スキフの上に着ても。やはり、マイクロフリースのトップと併用するのが良いようです。因みに足は、船を上げる時にしっかり濡れたけど、その後も冷たくない。成る程、濡れると保温性が出てくるっての、嘘じゃないかも(これ、逆らしい)。動くと暑くて汗掻くけど、じっとしてると。このあたり、若者じゃ無いんで、多少は気になる。

問題は、腹が圧迫されて苦しーー!!!も一つ上のサイズを買えば良いんだけど、それより、ダイエットに励む方がいいかも。最近ワンダーコア、安くなってるし・・・・。でも、マイクロフリーストップ、2Lじゃないと駄目かな??ウーン、自信ない。以前買った、セミドラースーツの二の舞になりそう。

さて、他のクラブ員は、お忙しいのか、寒いのがいやなのか、最近入手したクルーザーに首ったけなのかは不明だが、ダーレも来なかった。このクラブ、何故かお盆以降減って、9月の主催レース(私はLiveで一度も出たこと無い)後は更に減って、というもの。ここの操船技術の平均値は、年齢を考慮すると高いものがあるのでしょうが、うーん!!!

まあ、私共爺二人も、真冬にディンギー流行る気無いし。相方は、クルーザーにも興味持ってるようだけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北村英治ディナーショー at ソネ

2016年11月05日 18時03分47秒 | ジャズ・ライブ

某団体での演奏の後、大急ぎで、ソネにGo!!!!!

北村氏は本日もお元気です。昨日は、東京オペラシティで、村井祐児氏、八代亜紀氏とのコラボがあったそうです。滋賀の友人から、感動した-----!!!とのメール、戴きました。

そしてこの日。

ショーのあと、色々お話を伺って、色々お教え戴きました。Backunのクラも初めて見て戴いたりして。オペラシティでのコラボの話も、楽しく伺えました。

本当にお元気ですねー!!

我々いい年したファンクラブ会員も、見習って頑張らなくっちゃ!!!と、いつも心に誓うのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある会での演奏

2016年11月05日 16時22分54秒 | ジャズ・ライブ

某著名団体での演奏の機会がありました。

鈴木孝紀(Cl)

魚谷のぶまさ(B)

寺崎純(P)

斉藤洋平(Dr)

アコ・タイラー(Vo)

Hiro(Omake Cl.TS)

の豪華メンバー(一人を除いて・・・、グスン)

鈴木氏はいつもの如く、素敵に演奏、才能ありますねー!!魚谷氏、間近で演奏を見聞き、改めて素敵だと感じ入りました。寺崎氏、いいねー!!!斉藤氏、彼は益々進化中。5/4拍子の曲も、軽々と、イキに。彼方此方からお呼びがかかるはずだ。皆様、私の思いをくみ取って頂いて、楽しくパーフォーマンスを繰り広げて頂けるプレーヤーばかり。

アコさんは、初めてご一緒させて頂きましたが、今まで何度かお逢いしてお話しして、これが初めて!!って心境ではありません。この人も引き出しが多い。ワンパターンじゃありません。そもそも、演劇、ミュージカル(アメリカ本土)で鍛え上げた実力の持ち主です。アメリカ在住10数年。英語ぺらぺらバイリンガル。言葉の意味を考慮して歌い上げるシンガーなんです。も一つ、有名人のお嬢。色んな話が如何様にも出来る。魅力溢れた方です。多面的な魅力ですね。色んな表情が出来る人。歌も、しっとり、ひょっとして演歌風???アメリカバリバリシンガー???ルート66を、バッチリ歌える人って、実はそんなにいなかったりして。

というわけで、この日も、主催者の皆様、プレーヤーの皆様に支えられ、幸せな、良い経験をさせて頂きました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Beatles Live doing Royal Show 1963 - YouTube

2016年10月29日 07時15分30秒 | The Beatle...

Beatlesが急速に人気上昇、イギリス王室の前で演奏した時の映像。

https://www.youtube.com/watch?v=-4tItQYu1Hs

彼らが、自分たちの成功を素直に受け入れ、エンジョイして演奏している姿は見ていて楽しい。”From me to you”での、笑顔が押さえられないGeorgeの表情、”Till there was you”での、Paulの"米国グループ、ソフィ・タッカーの歌”と紹介、笑いを取っているところ(ソフィはグループで無く、一人の歌手。って事はソフィは有名なシンガーだったことになるが、詳細は知らない。)この曲の間奏で、Georgeが最後から②小節目のコードをG7でなく、Db7ー9という代理コードで演奏していたのが印象的。最後の”Twist and shout”で、Johnが"安いお席の人は手拍子を、お金持ちは宝石をかき鳴らして”と言って笑いをとっているのが解る。音も比較的良好。Johnは、以後、Yoko Onoと付き合うようになって顔つきが険しくなり、結局はグループ解散に。その後も、歌に作曲に良いものを残している。Paulは、愛想の良さをキープ、一番好きなプレーヤー。当時のポップスでのエレベのプレイは才能に溢れていた。Georgeは作曲も歌も、随分良くなっていった。Ringoは、当時のポップス・ドラマーで色んなドラミングをしていた事が印象的だった。

多くの映像、音楽がどんどんYoutubeにアップされていて、懐かしくも新鮮な気持ちになる。当時は、雑誌”Music Life”、映画、日本公演はTVで位しか情報は得られなかった。

そうそう、ジャッキー吉川とブルーコメッツというバンドが、Beatlesの日本公演の前座をやったのだが、側聞するジャッキーのコメントとして、世界トップのグループとはいえ、我々は負けていない、といったようなコメントを残していたのだが、その当時も、今も、ジャッキーが、凄いジャズドラマーであった事は聞いてはいるのだが、的外れのコメントのように感じた。演奏技術だけが音楽じゃない、ってことが理解出来ていないんじゃ?と、当時思ったモノだ。

Beatlesが、一世を風靡し、演奏会場を巨大化、集団ヒステリーに観客を巻き込む映像は今見てもうならされるが、阿鼻叫喚の中での演奏に疲れ、人前での演奏をしなくなったのだが、再び、演奏するようになる。Paulは、今も、人前での演奏を楽しんでいる。歳を取るのも、そんなに悪いことではないかも。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Beatles Live doing Royal Show 1963 - YouTube

2016年10月29日 06時44分54秒 | The Beatle...

Beatlesが急速に人気上昇、イギリス王室の前で演奏した時の映像。

https://www.youtube.com/watch?v=-4tItQYu1Hs

彼らが、自分たちの成功を素直に受け入れ、エンジョイして演奏している姿は見ていて楽しい。”From me to you”での、笑顔が押さえられないGeorgeの表情、”Till there was you”での、Paulの"米国グループ、ソフィ・タッカーの歌”と紹介、笑いを取っているところ(ソフィはグループで無く、一人の歌手。って事はソフィは有名なシンガーだったことになるが、詳細は知らない。)この曲の間奏で、Georgeが最後から②小節目のコードをG7でなく、Db7ー9という代理コードで演奏していたのが印象的。最後の”Twist and shout”で、Johnが"安いお席の人は手拍子を、お金持ちは宝石をかき鳴らして”と言って笑いをとっているのが解る。音も比較的良好。Johnは、以後、Yoko Onoと付き合うようになって顔つきが険しくなり、結局はグループ解散に。その後も、歌に作曲に良いものを残している。Paulは、愛想の良さをキープ、一番好きなプレーヤー。当時のポップスでのエレベのプレイは才能に溢れていた。Georgeは作曲も歌も、随分良くなっていった。Ringoは、当時のポップス・ドラマーで色んなドラミングをしていた事が印象的だった。

多くの映像、音楽がどんどんYoutubeにアップされていて、懐かしくも新鮮な気持ちになる。

そうそう、ジャッキー吉川とブルーコメッツというバンドが、Beatlesの日本公演の前座をやったのだが、側聞するジャッキーのコメントとして、世界トップのグループとはいえ、我々は負けていない、といったようなコメントを残していたのだが、その当時も、今も、ジャッキーが、凄いジャズドラマーであった事は聞いてはいるのだが、的外れのコメントのように感じた。演奏技術だけが音楽じゃない、ってことが理解出来ていないんじゃ?と、当時思ったモノだ。

Beatlesが、一世を風靡し、演奏会場を巨大化、集団ヒステリーに観客を巻き込む映像は今見てもうならされるが、阿鼻叫喚の中での演奏に疲れ、人前での演奏をしなくなったのだが、再び、演奏するようになる。Paulは、今も、人前での演奏を楽しんでいる。歳を取るのも、そんなに悪いことではないかも。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/23 Dinghy at Biwako

2016年10月24日 19時08分05秒 | ヨット(ディンギー)

Yahoo!のお天気予報は、曇りのち雨から、曇り、曇りのち晴れ、までころころ変わったが、兎も角、朝は微風。行ってみるといい風。但し、ころころこれも、方向も強さも変わって大変でした。結構エキサイティング!!

たった一人で、南湖の取水場を越え、東岸近くまで。タッキングで沈すると起こすのが大変だし、って事で、行けるとこまで行く。強風の時は、二度連続で沈起こししなけりゃならない事もあるので、風が弱まってから元に戻ろうなんて考えもあり・・・。

そういや、ドレンコック締めてなかったけど、大丈夫??と思いながらも、艇は安定、後で見たらしっかりしまってた。ハハ。水を抜いた後、直ぐ締めるようにしている。カビが生えると困るけど。正しくはどうなんだろ????

この日くらい、風が方向も強さも変わったことは今まで無かったんじゃ???

レスキューされると何を言われるか解らないこのクラブ(ま、何処でもそうだろうけど)、練習しに行っているので、パーフォーマンスをしに行っている訳じゃ無い。とはいえ、筋トレ不十分、メタボ解消不十分、これではいけないんだけど、改善するのは現場で、なんて思って居るから駄目なんだろうな。マリーナ社長に、ちゃんとレスキューの時はお願いしますと申し上げてはいる。

そもそも、レースの時も、ちゃんとレスキュー艇が付いている。そういや、先だってのレース、マストが湖底に刺さってひん曲がったそうな。これって、レスキューされたってことじゃ???!黒球つけてなかったんかなー???

昨年、外洋に、クルーザーで一人で繰り出して、一日に何度もレスキューされた強者もいるとか。

もう、目くそ鼻くその世界だが、まあ、レスキューはされないように頑張りましょう。その為には、筋トレ、メタボ解消、言うは易く、行うは難し。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dinghy 10/10 at 琵琶湖

2016年10月12日 22時52分11秒 | ヨット(ディンギー)

今日は体育の日。でも、一寸寒い。それでも、天気は快晴、雲一つくらいはあったか。今シーズン一番の景色。

この日は、ど素人一人連れて行って、超特訓。2馬力ゴムボートをレスキュー艇にして。でも、チョークをずっと引いていないとエンジンが切れてしまう。マリーナの社長さんに相談したらいつでも手配してくれるそう。このあたりが助かります。

ど素人、彼は、K府卓球でベスト8に入ったとか。それでも、あえなく沈して、琵琶湖の美味しい水飲んだそうな。マズソ!!!Life jacket付けてんのに。ラダー操作が、ティラーエクステンジョンを付けて、つまり、関節一個増えると解らなくなってしまうようで、ついにはくるくる回る回る。そして、お決まりの沈。問題なのは、ゴムボートに這い上がれない。仕方が無いから引っ張り上げたんだけど、沈起こしをさせると、艇が復旧する前にとびのる、キャビンに入る、って手順、解らないようで又琵琶湖に。いた仕方ないので、又ゴムボートに引き上げ、陸に、も一人を迎えに行って、沈起こしを披露して貰った。この人66才。2年前に引きずり込んだO氏。”ベスト8”は、なんと23才。それでもゴムボートにも、ディンギーにも這い上がる力が無いくらい社会人になると筋力が衰えるらしい。

それでも、O氏の優しい手ほどきで、セイリングして、気持ちが良かったそうであり、来年、クラブに入れるように決めた。寿司ご馳走して。

本気でやれば、あっという間に上手になるんでしょうが、週1回の練習なら、10回くらいは乗らないと、面白みが解らないだろうな。因みにO氏は私の幼稚園からの同級生。彼は秀才で、お利口で、ま、私とは性格が全然違う。今年、クラブに入会させた(結構強制的???)が、中風でのセイリングも上手くなった。も一人入会させた40才のK氏は、二度来て、二度とも結構な風、全くなーんにも解らず、気が萎えたようだ。若いのに。彼もゴムボートに這い上がれなかった。それくらい、全身運動は社会人になるとしなくなる、出来なくなる。私なんぞ、物を床に落としたら、社員がパッと拾ってくれる。優しいから、と思っていたが、彼らは仕方ないから拾ってあげるんだそうな。ま、そりゃそうだ。

というわけで、O氏は随分上手になったので、クラブの指導があれば益々上手くなるだろう。”ベスト8”は若いし、やる気失せてないよう。40男は、ま、無理でしょう。入会金、年会費、有り難う。でも、今年で終わり。成る程、ヨット、中でもディンギーは、競技人口が減少。金も掛かるし、手間もかかる。何でこんなに苦労して遊ばにゃならぬ??と、皆さん続かないんでしょうね。

我がクラブは、セイリングをホントに安く、徹底的にエンジョイする、という意味で中々の物です。但し、初心者は無理。初心者でも、というなら、毎週日曜日は来ないと駄目。その点でも、O氏、上手く育ったなーー!!彼は、昔、クルーザーに乗ったりしたことも有るようで、要はMotivationってことかな。

自分で情報集めて、なんてやっていても、この世界、入り込むのは難しい。やっと最近になって、艤装、服装など考える余裕が出来てきた私目。モノハル艇にのって3年、ネット購入がメインとなっているが、このあたりも、大蔵省の目は光る。”命より大切なLife jacketだから・・・・・”、と、妙な説得は試みたが、私目持ちのカードを作った件、反省仕切りのようである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラリネットマウスピース バンドレンA3 

2016年10月12日 21時17分58秒 | 楽器・クラリネット

大昔に買ったこのマッピ。中々吹きこなせなかったが、リードを2にして吹いてみると、何とか吹ける。ジャズ向けのものなので、一寸音が荒れる、ような。大きな音、します。

バックンの何とかって言うマッピ、どうも吹きづらい。お値段いいけど。アレキサンダーウィルショー(鈴木氏選定)も、吹きこなせていない。音小さい。因みに、バックン、Eddie Danielsモデル、これ、吹きやすい。結構、Eddieの音に近かったりして。これ買おうっと。

今は、バンドレンのラインアップにはない、このクリスタルマウスピース、製造元の販売は続いているそうな。

Bernard Berkhout & Eddy Daniels play Avalon.

https://www.youtube.com/watch?v=Ezc1mQU3UB8

で、Bernardが吹いているのが多分これ。因みにこの時のLigatureはHarrison、これで吹いてるけど、すべる。クリスタルだから。Woodstoneを使うといいかも。

唯一褒められた、”音がでかい”あるいは”音が荒れてるのがいい”っての、そうかなとも思う。

これでやってみるか??????

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木孝紀Trio at Osaka Royal Horse 9/28

2016年10月01日 23時05分09秒 | ジャズ・ライブ

に、行って参りました。

このトリオ、進化中。プレーヤーが自分の曲を持ち込んで演奏したり、いい雰囲気です。それぞれが手慣れのプレーヤー。いい具合にクロスしています。

鈴木氏の、美しい音は勿論のこと、アドリブ、いいねー!!でも、益々オキザリにされる私のテク。ホントに凄いプレーヤーですね。身の程を弁えない、私目のアマーイ考え、いや、ちゃんと解っていますよ。脱帽です。

時々、彼のライブには行くのですが、進化を目の当たりにし、うん?耳のあたりにし、出る言葉は”まいりました!!”だけ。

でも、11月、又、ご一緒に演奏する機会を作ったりして。懲りない私目です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼ソネ 9/18 清水ひろみ(Vo)+2クラリネットセッション

2016年09月24日 04時44分02秒 | ジャズ・ライブ

爽やかな歌声の清水ひろみさん、いつもながら、とても素敵でした。脱帽です。

さて、この半年以上、大変でした。”Vestige"5/4拍子、この年になって!!!幼少の頃、Take 5が、ポップスファンにも大受け、アリナミンのCMにも最近使われたりして、型どおりの3-2分配型アドリブなら兎も角として、小節にまたがる、3-2でないアドリブ????練習当初は悲惨悲惨。CDに合わせて練習しても、何故か拍子がずれる。笑っちゃいます。泣けちゃいます。それでも、落胆しながらも続けていると、何とか??!鈴木氏のアドリブのリズム配分が乗り移ったりして、結構様になった??と、私めには、大役をこなしたような気分になって。他の曲、"Night rain","Violet","Languid"それぞれ名曲で、且つ、シンプルに聞こえ(実は結構ややこしい物も)、そのくせ、コード進行、一筋縄ではいかない。これには悩みました。氏の作曲の才能の豊かさを再認識しました。ピアノトリオをバックに、新たな可能性を、なんて大きな夢を持っていましたが、まあ、果たせたかどうかは一寸置いておいて、それなりに。

それにしても、氏のクラリネット・ギター・ベース編成のトリオのCD,聞けば聞くほど、中身の濃い演奏が詰まっているのが解ります。身に染みて。

北村英治”Benny Goodmanの思い出”、Eddie Daniels”To Bird with Love",そして、鈴木孝紀”Collage"この三枚は、CDがすり切れるくらい(???)聞きました。これからも聞くでしょう。私の愛聴盤です。

久方ぶりのBuddy de Francoの”Swedish cronies"、慌てて復習、演奏しましたが、ま、なんとか。この曲、アドリブ、も少し上手く演奏できないかな。

反省多々ではありますが、ディンギーにうつつを抜かしていた割りには、成果もあった!!?

京都のにわかファンクラブの一人は、クラ止めて、サックスにしたら、と、まあ。サックスの音が良かったって事??クラは鈴木氏が吹くと、下手がばれるから止めろって事??いえいえ、Gold plateのバズーカ・バックンで、見てくれでカバーしています。でも、音、結構軽くて・・・???ハンマーシュミットのような音が出ません。グスン。やっぱり、ハンマーシュミット、買う??っていうと、またぞろ大蔵省の出番です。”イケマセン!!!”って。

(ハンマーシュミットは、以前、谷口英治氏が吹いていた楽器です。コンサートでは低音がブイブイでます。氏も、テナーサックスの様な音を、って仰ってました。今はセゲルケ。でも、CDではちとわかりにくいかも。も一つ、今回も何曲か聴いたのですが、氏の演奏は、一つ一つの音をとても大切にして吹かれるので、速いテンポの曲が、ゆっくり、ゆったり感じられます。これ、何でなんだろ?)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加