Hiro君の手作りジャズライブ・京都 Blog

寺崎純(p)を中心とする京都のプレーヤーと大阪、神戸を主戦場とするジャズメンとのブッキングを、行いたいと考えています。

Jam Session at Soen 双岡 京都

2017年06月24日 00時56分56秒 | ジャズ・ライブ

何年かぶりで、Jam sessionに参加。ホストは西脇敦子(P)児島さとし(B)土佐まさかず(Dr)各氏,と、変わらず。

何曲か演奏させて頂いたが、剰りに久しぶりで、譜面の準備も不十分で、やりたい曲が出来なかった割りには、Orthodoxな曲を、エンジョイしながら。

皆さん、とても暖かい。

Blues歌った人も、ハーモニカ、いいね。ギター良いね。Trumpet奏者も良い音してる。

以前は一月一回だったのが、最近は第2,第4木曜日、8時からと、回数もアップ。

またお邪魔いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心者のためのディンギー用???サングラス ¥100円

2017年06月17日 03時10分59秒 | ヨット(ディンギー)

先般記載した、失っても惜しくない、初心者の為のディンギー用???サングラス、っていうのがこれです。¥100ショップ"ミーツ”で売っています。勿論、他の100円ショップでも似たような物はあるでしょうが、軽くて、フィット感抜群。UVカット性能90%以上と書いてあります。軽いので、沈しても結構外れにくい。鼻根部の高い人はグラス用ベルトを使うのも良いと思いますけど、そのお金で7~8個買えるんじゃ?スポーツ用品店で、何時も2000円くらいのものを買ってましたが、4個ほどなくしました。これに換えてからは、剰りの安さに1個紛失。しっかり作ってあります。中国製ですが。私はRedを使っています。へへへ!

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷口英治Sextet Live at Take Five(吹田)

2017年06月15日 19時49分31秒 | ジャズ・ライブ

吹田 Live Bar テイク・ファイブでの谷口英治セクステットのライブに行って参りました。

メンバーは谷口英治(Cl)右近 茂(Ts),片岡雄三(Tb),袴塚 淳(P),ジャンボ小野(B),山下暢彦(Ds)の面々です。このグループ、10年以上の活動歴があるそうで、CDも出しています(Gentlemen For Swing/谷口英治:http://www.ishimori-online.jp/product/2204)。

メンバー同士、お互いを知り尽くした、という感じがひしひしと出る、しかも、名手揃い。素敵なアレンジで、聴衆を魅了します。素晴らしいプレイ、良かったなー!!CDの出来映えもこれまた素敵なんですが、やっぱりライブ!!

Take Fiveは、今年に出来た(改装した?)お店だそうですが、これまた素敵な雰囲気で、音場としても良好、バランスもしっかりしていました。ドリンクは、色んなビールが。全てセルフで、っての、最近の流行?

私は車で行ったのでアルコール禁。驚いたのは近くのParking(直近ではありませんが)なんと300円/3時間と超お安い。吹田の地理関係は詳しくありませんが、良い感じ。行きは吹田インターから、帰りは豊中インターからと、あくまでナビ頼りで行きましたが、店の近くからはタブレットで。i padってやっぱり便利。見やすいし。

と、素敵な一日でした。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/11 6th Biwako sailing  Outhaul line、Battensについて

2017年06月13日 19時43分56秒 | ヨット(ディンギー)

今シーズン6回目(?)のセーリング。5回以上は数が怪しい。

さて、今回の御報告。100円ショップ、”ミーツ” で買った、中国製だが、結構イケてるサングラスの件は以前述べたが、軽くて、デザインもマーマー!軽いので、頭から中々落ちない。従って、失いにくい。剰りにも安いので、その為失うことはある。

本日は、バテン、プラスチックの棒状のものがHome centerに売っている。これを、毎回サイズを間違えて買うが、この三種類、常時、持ってても良いような。バテンは、微風では柔らかい物を、強風では硬い物を使えと何かに書いてあった様だが、兎も角、これが結構使える。

レース様バテンは、ワンセット¥5000くらいと結構お高いが、プラスチックは200~250円x3、これなら失ってもまあ。因みにバテンは強風時、よく無くしました。グスン。それに、硬軟織り交ぜて、それなりにチェック出来る。断端はゴムの製品でカバーすれば良いが、未だ買ってない。

も一つ、Outhaul tieと言う製品がある。これも革製のものは¥3000位するが、ゲットして直ぐ無くしてしまった。代用を余った紐(シート)で作ったりもしたが、強風時、結局切断して解除したこともある。ソフトシャックルを作ってと言うのも勿論あるが。本日のお勧めは、これまた¥100ショップで2個100円で売っているジップロックのベルト。多分、強風時でもイケるんじゃないか。剰りに強い風の時には壊れるかも知れないが、¥3000のレース用品も、やっぱりジップロック。これ、結構使いにくい。更に、この製品、長いので、くっつけて蒔いた後、断端が剰る。だから断端がわかりやすく、結果的に外しやすくなっている。これって、結構感動もの。

勿論、レースでは使用はいけません。最高のトレーニングが必要な人にもイケないかも知れ無いけど、良く紛失する人に、代用品として、以上3つは結構お勧めです。私は、せいぜい草レース(今まで2回出たけど、スタートラインに立つまでに諸般の事情でレースは終わったり、場所が変わったりで、なーんの意味もありませんでした。トホホ)。

と言うわけで、維持費にお悩みの貴方、良く、物をなくす貴方にお勧めの品です。

そうそう、手袋もなくして、グスン。

内の会長は、これまた節約家で、大工仕事用の手袋が良いと宣うが、私の様に形から入る人間には一寸。また、因みに、私のイメージカラーはレッド。ZhikのLife jacketもRed! G-ShockもRed!、サングラスの枠もRed!!最近、暑いので、半袖のシャツ、Redを入手した。Redの手袋って無いかな???

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”アウトホール”について Outhaul tie代用品の勧め!

2017年06月13日 19時09分48秒 | ヨット(ディンギー)

セールの後ろ側の角をアウトホールというが、これは、Outhole、Holeとは”穴”と思っている人が多い。勿論、穴は空いてますけど。正しくは、Outhaul,Haulとは”引っ張る”と言う意味。因みに、Dawnhaulとは下にひっぱる。マストの下の角。ここにも確かに穴は空いている。

さて,Outhaul tie,レース仕様、革製のもの、持ってましたが、直ぐ無くしてしまい、以後、細いロープを使ったり、他の物を転用したりしていたのですが、100円ショップ(ダイソー)で、2本要りジップロックベルトというのか、これを使っています。長さが丁度で、直ぐに解きたいときに、端が5cm以上余っているので、ここを引っ張ると直ぐ外せる、と言うのがいい。なんと言っても安いのが良い。と言うわけで、使い始めています。

写真は、後で追加擦る機会があれば・・・・。

ここで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと車が・・・、キターーーー!!

2017年05月30日 23時47分04秒 | Weblog

お世話になった、前の、なんちゃってJa○○○○、エンジンの調子抜群、でも、エアコンが壊れて、修理したら、次はエアコンのバルブが動かない、オイル漏れ、水漏れ、と、いくら修理代がかかるか解らない。ヤワラカサスで、4駆、ステーションワゴンで、って、とても気にいっていたのに、フロントガラスが曇って全く見えない。

仕方なしに、調べてみると、日本車でステーションワゴンは、なんとマツダのアテンザだけと初めて知った。勿論、SUVは沢山でているんだが、ヨット積むのに、屋根は低い方が良い。特に爺には。若いヤツでも、力無しが多い今日この頃、数cm差が大きなハードル。二人で上げられない。

と言うわけで、今度は、B○○のステーションワゴンをゲット。前の車、妙に気にいっていたので、色も黒で小さく見えるし、迫力無し。安っぽいし、など、一寸不満・・・、もどこへやら、乗ってみて、結構静か、結構パワーあり、新しいから結構カーステ音良い、等、やっぱりヨットと車と奥さんは新しい方が良い??なんてこと申しませんよ。

これから、やっと日常に戻って、Sunday sailing,Jazznight,など、遊びの世界、愈々復活!!!!

勿論、お仕事最優先ですよ。ハイ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4th Sailing at 琵琶湖

2017年05月29日 20時41分47秒 | ヨット(ディンギー)

2週間ぶりのセーリング。Sunday sailerは、練習時間確保が難しい。疲れないのは良いけれど。そもそも、メタボ対策にヨットやってるので、すっかり元の体重に戻ってしまって、"じっと手を見る"心境。

張り切ってまいりましょう!と思った割りには、Yahoo天気予報が当たらない。快晴のはずが雲が天を覆っている。ちと寒い。風は朝吹いていたらしいが、その後ぴったり。それでもセーリング始めた頃には、結構な、・・・・・・、と思っていたら、完全な無風。1時間足らず、浮いているだけ。その頃には、気温も、予報通り上昇、暑くて仕方が無い。

レスキュー艇(一昨年、レスキューされたあの代物)が、若干不安なエンジン音を響かせながら、牽引しようか??って。この日は、新人歓迎BBQだったので、腹減ってきたんだろう、なんちゃって。それでも、じっと我慢の後、風が吹いてきて、帰港。その後BBQに突入。一人を除いて、昼食後のセーリングは誰もしない。良い風がふいてきたので私も行きたかったのだが、船片付けたし、ビール飲んだし。

と言うわけで、本日も運動量をしのぐエネルギー摂取で、メタボ対策は破綻。

後で、会長から炭水化物ダイエットのご高説を賜ったが、3ヶ月もかかるって。とてもそんな時間かけてらんない。それなら、K道やれば、直ぐ10kg位減る、という話に乗る方が良い。但し、防具、紛失したので入手の必要性があるが、大蔵省、買ってくれなさげ。亭主の健康と、金、どっちが大切なんだ??と野暮なことは聞きませんけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学体育会メンバー再開at Kyoto

2017年05月21日 21時50分16秒 | Weblog

大学では、K道をやっていて、何十年ぶりかで集まった。最初は名前と、変貌した姿が結びつきにくかったのだが、まあ、概ね、昔の容貌に重大な変化は来していない。

一番変わったヤツは、なんと、私目だったって!!メタボの所以か?も一人メタボは居たのだが、そんなにメタボとも言えなさそうに見える。

驚いたのは、皆、いい年して、元気。一緒に歩いていても、息が切れるのは私目だけ。職場では、老いも若きも根性無しが多くて、おおよそアクティブな連中はいない。一人私目だけが元気だと思っていたのに。K道続けて7段になったとか、6段になったとか。未だ、大学時代とおんなじ事をやっているなんて、敬意は表するが、ようやる。ゴルフ三昧して、肩の腱切って、なんてヤツも。酒は飲むし、大騒ぎ。まあ、青春に戻ったって、良くあるシチュエーション。

セーリングクラブで揉まれて、ちっとは体力に自信ありと過信していたのだが、みんなそんな点では偉い。何時死ぬか解らないからと良いながら、何時までも死は近づいてこない雰囲気満々。逆に一寸自信喪失の私は、メタボさえ解消すれば、と、言い訳しています。

2日目の行程で、昼、近大マグロ丼を錦でたべた(まあまあ美味かった)のだが、皆さん、酒は飲んでも、食事追加のオーダーはしない。ワタシャオーダーしそびれて、それでも、錦で"辛口”の鮭、じゃこを買ってすごすご帰宅。どうも腹が満たされない。辛口の鮭、久しぶりなのでついついつまんで、飯もう一杯。この鮭、美味しいんだけど、甘塩??と思っていたら、結構辛い。勿論塩で固めた辛い辛い鮭とは違うが、とても美味しかった。じゃこもウンメー!!んで、メタボ対策はあえなく中断です。

てな訳で、根拠のない自信と実現不可能な計画は持たない方が人生には優しい。一番先に死ぬヤツは私だって??!!!!これには何となく自信あるんだけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 3rd sailing at Biwako

2017年05月16日 20時25分42秒 | ヨット(ディンギー)

(南湖東岸より、比良山を望む)

今日は、新人の初セーリングとかで、皆さん集まってのセーリング。

天気は良いが、風がも一つ、なんて思いながら出港!!!

この日は、いつものウェット(チタントップーハイドロフリーススキフ)では一寸暑すぎる。。O氏などは、夏のラッシュガードだけ。沈しなけりゃいいって。沈したけど。                暑い、暑い、と思いながら、汗かきながら、ウェット前腕を露出させながら、ましになるくらいの快晴、温暖。濃霧注意報がでてたっけ?!一寸かすんでるかも。

風はチンタラ、でも、段々吹いてきて、エキサイティングなセーリング。こりゃ気持ちいい、って、未だ時間あるし、一端は、南湖の東岸上陸、、採水塔(ってのかな?)を回って帰る、って話が、90度方向転換、イケイケドンドンで南方向へ。後ろから来るベテランが速度を落としたので、そこで韋駄天セーリングも終了方向へ。

気持ちよく帰港セイリング、おおっとー、突風が吹いて沈している。こりゃ助けに行かなきゃ???と瞬時に思ったのかどうか、方向転換、っと思ったら沈!!!今年初めての沈。  でも、ウェット、そういう状況なので、水に入れば丁度良いくらい。そういや、東岸で暑くて胸まで水にはいって丁度良いくらいになったっけ。

風が強いと、風上側にマストトップが向き、二度連続で沈起こしをしないといけないかも、と、慌てて沈起こし。一回で済んだー!!爺に取っては沈起こし(半沈)回数は連続2回、せいぜい4回と言うハンディがある。も一寸痩せないと・・・・。

春のセーリングは、特に南湖でのセーリングは難しい。風の強さ、方向、コロコロ変わる。突風対策も。更に、ウェットの調整、今は選択肢1個だけで迷わないが、もう少し保温性の低い物を、って、段々Zhikのありがたさと、販売促進に乗っけられていたりして、一寸複雑かも-!!

ウェットの選択は、結構難しい。今年は、Zhik商品買ったら、懇切丁寧なカタログも送ってきたけど、懇切丁寧すぎて、中々解らない。更には買って使ってみないとやはり解らないし、その前に、XLでも苦しい体をウェットに合わせるだけでも大変だし、と言う、惨めな状況を、改めて思い知った良い機会でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/7 日曜日 2nd sailing at Biwako

2017年05月16日 18時21分49秒 | ヨット(ディンギー)

(マリーナより近江富士)

 

車が壊れて廃車処分。Golden weekは寝正月みたいになってしまった。その反動でか、南ア帰りのO氏を無理矢理誘って、2度目のSailing。

当初は、風も余り吹かず、なんて思っていたら、結構吹く吹く。しかも方向がコロコロ変わる。更には突風も。テクニックを要求される、結構エキサイティングなセーリング。堪らないなー!!!こんなの、好き。まだまだ湖水の冷たい時期、沈して心臓麻痺はカッコ悪い。ただでさえ、メタボの姿、ウエットを着るとボディコンになる。見てらんない。でも、自分は見えないから世の中、上手く行く。この日は3人でのセーリング。唯一私目だけが沈無し。心臓麻痺避けるためとはいえ、まあ、かろうじて。最後は一人で更に一時間のセーリング。でも、一寸腰が痛い。今までと違って。早く体力付けて、メタボ解消して、腰痛にならないようにしなくっちゃ。でも、基礎トレーニングは苦手だし。

マリーナの社長は、”今年は例年とは違って、今がやっと春になった感じ。風はコロコロかわるし、湖水は冷たいし。”とのこと。

例年より早くスタートした理由は、ウェットのチェックのためも有る。今のところ、今のセッティングでOKだけど、一寸寒くなると、ハイドロフォビックの重ね着も必要かな?

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

First sailing at Biwako 4/23

2017年04月24日 20時43分41秒 | ヨット(ディンギー)

 
 

今シーズン初めてのセーリング。そもそも、この時期にセーリングするのは初めて。天気は晴れ、20度くらいらしい。風は中風。結構気持ちいい。近江富士もとても綺麗。

何せ、琵琶湖は水が冷たい(らしい)。ZhikのMicrofleeceのロングジョンタイプ(スキフ)と、チタントップで良いのかどうかも、お初のトライアル。も一つ、Hydrophobicを重ね着すると良いらしいが、そこまでは手が回らない。Deckbeatersってのも入手したが、履くの忘れた。これは、防寒には意味が無い、お尻と膝に優しいものなので、本日の短時間セーリングにはまあいいか。そもそもMicrofleeceに重ね着しても良いものかどうかも不明。

車がぶっ壊れ、修理出し、サングラスを置きっ放しにしておいたので、100円ショップでサングラスを購入。勿論、お値段税抜き100円。オマケにUVカットだって。その紫外線遮断性能はいざ知らず、装着は問題なし。沈するとメガネ結構なくすので、良いかも。当初は、毎回、メガネ、時には黒球、パドル、時計など無くしたっけ。安いものだが、入手に手間がかかる。何せ、ディンギーなどは絶滅危惧種の遊びですから、マリンショップに行っても商品が無かったり、しょっちゅうお店を休んだり、と、おおよそ客のことを考えないショップが近くにあったっけ。そこは駐車場代も異常に高い。

さて、体重オーバーのため、お腹に圧迫感がやや強い。XL買ったんだけど。艤装してると大汗がでる。今回は下半身を水につけたが、心臓麻痺の気配は無かった。結構良い。因みに、若いのは安いウェットを買ってきていたが、悪くないとのこと。後、せめて3~4kgはやせないと。

この日は、昨年末、修理した2馬力ゴムボートのチェックを兼ねていたのだが、エンジンが中々かからない。チョークを引きすぎて、点火プラグがびちょびちょ、とは、マリーナ社長のご託宣。有り難う御座います。プラグのレンチも教えて頂いたが、買わなくっちゃ。

驚いたのは、この若いの、ボートを漕いだ経験が全くないこと。池や湖でレンタルボートで漕いだことが無い24才、この世代、こんな人多いんだろうか?????まさか。

2馬力ゴムボートは、エンジンの信頼性も高くは無いだろうし、トラブルがあれば、手で漕いで帰ってくる、等、教えていたが、本人は、ハイハイと返事だけは絶好調なんだが、実は漕いだことが無いんだと。それなら先に言えよって。現実に、全く漕げない。どうも、最近、言葉足らずの人間が増えて、話が通じない人が周囲に目立つ。この若いのには、ゴムボートの漕ぎ方から教えた。呆れた。彼は、京都の高校卓球大会でBest8に入ったことがある。確かに身のこなしは良いんだが、兎に角、経験が少なすぎる。マリンスポーツに限らず。解らない事はスルー。その為、解っていることが前提で会話を重ねていくと、正に砂上の楼閣、話は、大前提がわかっていないことが判明するや、一挙に大崩壊。あああ。こういう人、最近多いような。

も一つ、神戸元町で買った伸縮性のある、ゴムで編んだベルト、¥500円、これ、結構良い。なんとかという、伸縮性のあるジーンズで人気のある店で、ジーンズと伸縮性のあるベルトを買ったが、メタボ再発、未だ着ていないンだけど、このベルト、たしか¥12000くらいはした。それに比べて勝るとは言わないが、結構迫ってる。問題は、太いゴムで編んだ構造になっており、長さ調節のため、カットすると、ゴムがばらばらになって、収拾がつかなくなってしまう。そこで、糸で断端近傍を縫ってばらけにくいようにして、断端はボンドで固めて、って、結構上手くいってます。バックルとベルト長さ調整部の間には、皮の部分があり、バックルと皮は金属で固定しているが、一寸ならず弱そう。似たような構造のベルトを”洋服の・・・・”で買って、その部が早々壊れて使い物にならなかった経験があるが、まあ、500円なら、と思って、目下普段も使用。これを、ヨット用のショートパンツにも使用、これも良かった。何せ、このパンツ、ベルトしないと、あるいはベルトが壊れると、立位では、ストンと落ちてしまう。笑ってしまう。それでも、水に濡れても、この500円ベルトは今のところ耐えている。んで、4本購入した。当分はいけそう。

てな訳で、Generation gapと、安物買いの銭失いならぬ、結構イケてるサングラスとベルト(写真アップする価値あるな!)の御紹介でした。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北村英治88才記念コンサート at The Symphony Hall Osaka

2017年04月10日 10時16分38秒 | Weblog

4/8,17:00開演のコンサートに行って参りました。

お元気です。クラ、良い音していました。

大きなホールですが、殆ど生音。良く響くホールとのこと。

私共は、前列から2番目。

3人のエイジ(北村英治、花岡詠二、谷口英治)による演奏、全て生音。それぞれの奏でる音が違います。良い音してます。最年長の北村氏、良い音ですねー!!パワフルです。花岡氏、彼の音もまた、一寸Darkな感じでいい。谷口氏、やや硬質な、セゲルケの音??カチッとしてメリハリのある音です。3人のベテランクラリネット奏者の奏でる音楽は本当に素晴らしい。

次いで、Scott Hamiltonのこれまた生音。バリバリ、エッジを効かせて、と言う音じゃ無い、いぶし銀の音。長年使い込んだ、Otto Linkが効いています。彼の十八番の一つ、”Sky Lark",何度聞いても良いなー!!

と、その次は、村井祐児氏の演奏。この方は、クラッシック界の泰斗。更には、日野皓正の、がんがんの演奏。

バックは、北村氏のレギュラートリオ、更にはアロージャズオーケストラ。

豪華版での演奏です。

それにしても、お元気な北村氏。我々も頑張らなくっちゃ、と、大いに啓発された、素晴らしいコンサートでした。

このコンサートのパンフ、とっても素敵です。ネットで、機会があればご覧ください。私は、額に入れて壁に飾っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北村英治コンサートatザ・フェニックスホール 平成28年12月10日(土) 17:00~

2016年12月03日 08時27分50秒 | ライブ インフォ

久しぶりの谷口英治氏との共演です。名手二人の個性的な演奏が繰り広げられます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディンギーでフィールドを変える!!!?

2016年12月03日 07時38分02秒 | Weblog

偉そうに"ヨット開始の手引き???”なんて書いてみたが、現在のフィールド、琵琶湖南湖から、瀬戸内海にも手を伸ばそうと色々現在ネットで探索中だが、やはり、意外に難しい。大阪湾は、海はやはりかなり汚れているようで、クルージングしていても海の色が変わるのが解るらしい。未だ行ったことの無い兵庫県立海洋体育館(レンタルヨットもある.安い。)でも、水は汚いそうな。西宮のハーバー、これも行ったことは無いが汚いそうな。ここでディンギーって、ちょっとしたくない。と言いながら、甲子園浜で昔、ウィンドやってた。ガラス片で怪我する人も。有る時は、汚くて臭い水で大変だった。こんな所にでかい魚が撥ねている。ボラらしい。ボラって、綺麗な海の物は美味しいらしいが、当然ここの物は食えない。因みにからすみはボラの卵。新鮮で綺麗なボラの卵を手間暇掛けて味付けするんで、高級食材。も一つ因みに、神戸の寿司屋で自作していて、これが又美味い。それに比べりゃ、南湖は未だマシ。藻が生えて操船が大変でも、シャワー浴びずにそのまま帰っても臭くない。直ぐ風呂入るけど。海は塩水なので、当然べたべたするのでシャワーは必須だけど、ウェット、しっかり洗わないといけないけど、せめて綺麗な海水であって欲しい。と言うわけで、一寸離れたところにしようと探しても、ディンギーで、比較的安価で、ってのは、牛窓ヨットハーバーくらいしか無い。いや、有るかも知れませんが、情報を得るのは困難です。後は、公的なマリーナでも結構お高い。恐らくは、琵琶湖の我がクラブのようにお安く頑張っている人達もいるんでしょうが、ネットでチェックしても、いくらかかるかなど明示してあるところは殆ど無い。中には、艇を持っていなくても、免許が無くっても、ってのもあるが(ここは良さげ!)、メインはクルーザーのようで、基本的にクルーザーに乗りたくない、ディンギーが乗りたい人向けじゃ無いような。それに、レスキューのことは一切書いていない。それでも、ディンギーのみならず、クルーザーでもモーターボートでもレスキューのお世話になることはあり得る。その辺の情報は入ってから、ってことのようですが。

と言うわけで、フィールドを変えるってのは、結構大変です。爺がやるって言うともっと大変です。海にはまって死なれても困るし。

問い合わせるって手もあるけど、皆さん、遊ぶのは日曜日が多いようで、週日に聞いても電話もかからない。メールがいいかも。Hpがしっかりしているところは、お金を掛けているか、誰かクラブ員に知識のある人が居るから。リップルタウンなどに出てくるが、クリックしても出てこない、位の所が狙い目なんでしょうか。人に聞いてもいいが、情報が確かかどうかはわからない。

綺麗な海水でのディンギーセーリング、ってのも結構難しいかも。大体、絶滅危惧種のスポーツで、人の集まる所にしかクラブはなさげで、そこの海が綺麗って事は、まあ、余り無さそうです。

牛窓ヨットハーバーは、昔一度、"値打ち無し"のシーホッパー(実は結構良い買い物)を取りに行ったが、中々良い所。東洋のエーゲ海だって。ここの艇置料、結構安い。5万足らず。クルーザーは勿論それなりだが、メチャクチャな訳では無い。小豆島一周クルージングがお勧めらしい。クルーザーだったらの話ですが。

岡山県から、わざわざ琵琶湖のクラブに来た部員が居るが、この人は、既に岡山でクルーザーを買った模様。この人に聞いて見るか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨット開始の手引き????

2016年11月12日 02時53分25秒 | ヨット(ディンギー)

マリンスポーツは金が掛かる。免許が要る。手間もかかる。マリーナのHpをチェックしてみても、どうすりゃ良いのか良く解らない、と、敷居の高い遊び。

そもそも、無手勝流でウィンドサーフィンを始め(おおおっとー、1泊2日のスクールに行ったっけ!直ぐ、買ったっけ!!)、3年目には、ディンギーが欲しいと、結局買ったのがHobbie 16。買ってから操船技術を見よう見まねで。随分迷惑掛けたなー!!これも1年ちょいで、台風に流されたのを機会に、勝手に大蔵省が売却してしまった。仕事が超多忙なBlack企業に勤務していたので、惜しいとも思わなかった。今持ってりゃ、丈夫な船なので、十分使えるのに・・・、グスン。さて、ウィンドは、いい年になって再開、同好の士が集まって、若い社員も誘い、初心者教えるのに苦労、レスキューに、人力だけではとても無理(なんせ、教える人の平均年齢は50才!)で、無免許で乗れる2馬力ゴムボートを発見、即購入、その後も、別のBlack企業を離れることが出来ず、適当にチンタラ遊んでいた。が、無手勝流では続かない。そのうち、ウィンドする体力が無くなったので、お古のシーホッパーをゲット。この後、某セーリングクラブに入会と相成りました。

クラブの初心者講習を受けるのが、一番良いって事です。でも、ウィンドは物が小さく、クラブでやっている人はほとんどいなかった。ディンギーは、それより大きいだけ、取り扱いに手間がかかる。初心者から、自力でセーリングするまでの落差は、ウィンドサーフィンとは違ったところで大きい。クラブや同好会の学生諸君でも、艤装に途方に暮れる様。ましてや・・・。初心者から、丁寧懇切に教えてくれるクラブって、探すの結構難しいんじゃ??因みに、私の入ったクラブは、経費を掛けず、とことん遊びましょ!!を、モットーとしているが、入会した後になって、”内が一番、独り立ちするには、技術的に高いレベルを要求する!!”等と突然言い出す。んじゃ、ホントの初心者、どうするの??と思ってしまう(まあ、何処でも似たり寄ったりだとは思うが)。初心者講習なんてすんなよ、っていいたくなる。正直、初心者レベルを卒業していないと、内では苦労する。私は、内のクラブを"爺の為のト○カヨットスクール”と呼んでいる。去年は、毎回熱中症になりかけて、老体にはホントに大変だったなー!

今年は、最小限セイリングが弱風、中風の一番下くらいで出来る様になった同級生を入れて、一緒にセーリングしたが、比較的スムースに上達、今後(ここからのコメントが大切!!)、クラブ員から色々教えて貰ってレベルアップ出来るでしょう。そんな訳で、自分に合ったクラブを探すのも、実は大変かも。レスキュー体制がしっかりしているところは、当然、金も掛かる。因みに、内は、レスキュー艇ってこれ??っていいたくなるような代物(クラブ員が読んでいないことを祈る)。一泊ツーリングの時には、なんとレスキュー艇がレスキューされていた。笑っちゃったけど、ま、こんな事は絶対に無いわけでも無いか。

一度、入りやすそうなクラブに入って、自分に合うクラブを探す、ってのが、一番良いように思います。1年目、せめて8~10回くらいは練習しないといけませんけど。

クラブ員の中には、20代でヨットをやって、結婚して30年離れて、又やり始めた人、国体選手でずっとやっている人、色んな人がいる。教えるのが上手な人も、下手な人も。まあ、悪人はいません。善人はいます。勿論普通の人も。

ヨットは、色々要求される物が多いので、今風で無い、絶滅危惧種の遊び。でも、楽しんでいる人はとても楽しんでいる。これってやっぱり素敵だと思いますよ。

因みに、新品ヨットは、クルーザーもディンギーも高い(当たり前か!)でも、中古は安い。何せ絶滅危惧種の遊びだし、中古で出しても品物がはけないし。国体選手は、始めたときも今も一番若いっていってたっけ。それでも、ネットでみても、あんまり掲載されていない。実は、日本中に使ってないディンギー山ほど或る!!!という説もある。どうやって買って良いかも初めは解らなかった。でも、クルーザーでも中古は結構安いのがある。但し、係留料などは高い。ディンギーでも、置き賃はいります。それに、寒くなってもやるなら、ウェットスーツなどに経費はかかります。

アウトドアもどきの遊びを志向している人は、トイレ付きのオートキャンプ場でどうぞ。せいぜい夏山でどうぞ。ヨットになると、ディンギーでも、冬山登山の様な厳しい面があります。天候に随分影響を受けるんです。船の選択にもよるでしょうけど。夏山は、すれ違った人に”コンチワ”と挨拶するのが流儀だが、冬山でそれをやると、完全に馬鹿にされる。ヨットも、それなりの覚悟がいるスポーツ。

でも、やってみなけりゃ解らない歓びと辛さがある、やりがいのあるスポーツです。まずは、セーリングクラブのHpを見て、適当なところで聞いて見る。きっと初心者講習やっているので、それに参加してみる。そして、自分がやり続けたいかどうかを考える。少なくとも自力で、中風で気持ちよくセイリング出来るまでは頑張りましょう。一年目はシーズン中は毎週日曜日行くくらいの気持ちが無いと、ちと無理じゃ?それに、貴方の為に風は吹いてくれるわけじゃ無い。自分のレベルに応じた風の強さは、波の大きさは選べないんです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加