■日タイ&アジアの新潮流を探る■日タイ國際ソ-シァル情報Webサイト(Jtiro●Jpn)Editor:K.Yamada

■21世紀は日本とアジアとの協働の時代■ COPYLIGHT2017(C)/Jtiro●Jpn

■タイの国名の由緒

2016-09-16 | ●タイの政治と行政

[Requesut]
●当ブログの読者から、タイの国名の由来について質問が寄せられた。


■■■■■■■■■■[タイ国名の由来■■■■■■■■■■

国名の伝説的由来
●国の名前には、驚きの秘密と、歴史が隠されているとよく言われる。
このブログでも、今まで何度か読者からの要望で、タイの国名の由来
を取り上げてきた経緯がある。
 

●特にタイの国を構成するタイ族の出目(起源)については、既に多く
の学者が取組み、大体わかって来たが、それでも大陸の陸続きのた
に今の中国南部,雲南あたりからの移動説が多数を占める。

●タイ民族は、一説によれば6,7世紀ごろ中国南部から南下し 現在の
地に来たと言われる。
そして13世紀にチェンマイで始まったランナー王国が、スコータイ王朝
を併合し、14世紀後半に始まったのがアユタヤ王朝である、

●この頃、日本との貿易も盛んになり、「アユタヤの侍」と言われた山田
長政が、縦横の活躍をしたという うれしい伝説もある。
後にビルマのタウングー朝の支配下になったが、20世紀初めにシャム
(タイ王国の前身)として、中央集権国家に統一される

 

■「シャムからタイに
●タイの識者に聞くと、
それまでの国の公式名称は「シャム」(サイヤーム)
だった。こ
の国名が「タイ」に変わったのは、第2次世界大戦後の1939年
の事
である。「タイ」は古代中国語の立派で大きい「」を表し、タイ語では、
自由」を意味するという。

このことは、去る8月15日のJTIROブログ「日タイ修好の歩み(2)「アジアの
独立」の中でも、タイの国名変更にについて触れているので、ぜひご覧いた
だきたい。

   

●タイの正式名は、「タイ王国」である。
人口は約6600万人、日本の半分である。
国土は約51万Km2、日本の約
1,4倍、 国の形は象に似ていると言わ
れる。
  

●首都はバンコク、一般的に「クルンテープ」(天使の都]といはれ、人口は
約830万人、全国の15%の人たちが首都バンコクに集まる。
東京同様一極集中の世界的な大都市である。気候は、総じて常夏である
 
そして、国のシンボルである国旗「3色旗」は、国名が変わる約22年前の
1917年タイが第1次世界大戦に参加した年に、正式に制定され現在に至る

 

国民はこぞって国王を崇拝する。どの家庭にも国王の写真がある。国王
誕生日の12月5日は、国を挙げて国王の弥栄を祝う。 国民は、こぞって心
やさしい国民性の持ち主である。

参考文献)
石井米雄著 「タイ近世史研究序説」 
林  行夫著  「タイを知るための72章」の中より。

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■タイ国政府TTC(政府広報) | トップ | ■日タイ仏教事情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

●タイの政治と行政」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。