■■■アジアの新潮流を探る■■■ (Jtiro●Jpn)国際コミュ二ィティ情報サイト

■■21世紀は、アジアとの時代■■
■COPYLIGHT 2016(C) Jtiro●Jpn

■世界と日本のコメ事情

2016-06-16 | ●日本国情報

■■■■■■■■■■■■日本のコメ事情■■■■■■■■■■■■

■「日本の原風景
●日本はいま梅雨の季節である。
暦の上では6月10日頃とされるが、関西では少し遅れて ようやく梅雨入
した。東京は,雨が降らない。首都の水がめと言われる奥多摩のダムは、
水量が減り給水制限が始まつた。ただただ降雨が待たれる。

●この時期、日本の農家は、挙って田んぼに水を張り、田植えを始める。
先週、滋賀の彦根へ日帰りの旅に出かけたが、車窓から見る琵琶湖畔の
稲田地帯は、既に田植えが終わり、日本の原風景ともいえる 美しい水模
様を描きだしていた

                 

■「激減するコメ需要
●政府統計によると、戦後の食事の洋風化で、日本の米の年間需要
激減したという。一人当りの米消費量は、58キロから56キロに低下し、
も米離れが止まらない。

●問題の日本の食糧自給率はわずか39%、先進国中最低の水準である。
しかし主食の米は97%を国内産米で賄い、ほぼ完全自給の状況にある。
コメ自給率が高い要因には、コメの輸入に77、8%という極めて高い関税を
かけて、国産米を保護してきたからともいわれている。

●コメは、今世紀、世界の穀物の主役として君臨してきた。そして古くから
世界の多くの国々で栽培され、今も主食の座を守り続けている
しかし日本をはじめ先進国では、食の多様化や洋風化が進み、米の需要
は、年々衰退化の傾向にある

■【世界の米の生産国トップ10
(順位) (国名)     (清算量)単位百万トン
1位    中国                    140,7
2位    インド                105,3
3位    インドネシア              
36,5
4位     バングラデッシュ        33,7
5位     ベトナム                27,2
6位     タイ                     20,5
7位     ミヤンマー                 10,8
8位   フイリピン                  10、7
9位   ブラジル                 7,9
10位   日本               
      7,7
[出所 米国農務省調査資料2011]



■「大きく2種類に分類
●コメの種類には、ごく一般的にーー
・「ジャポニカ米」(日本米などの呼称)丸くて艶のあるコメ、
・「インディカ米」[タイ、インド産米の呼称)細長く、ぱさぱさしたコメ
 以上の2種類にわかれる。 

●因みに全世界の米の生産量の約半分は、中国とインドの農業大国が
担うが、コメを世界に輸出するのは、全てインドなどアジアの農業先進国
である。
世界のコメの生産は、増産の方向にある、それは、灌漑の整備や畑面積
増えた事もあるが、品種改良や肥料の使用の改善が大きいと言われる。
その背景には,クボタやヤンマーやホンダなど、先進的な日本の耕耘機メ
ーカーを始め、JICAなどの現地貢献が大きいとされる。 

世界のコメ 輸出ランキング5
(順位)(国名)(輸出量)単位億トン
1位  インド      10,25
2位  ベトナム    7,72
3位  タイ         6,95 

4位  パキスタン   3,50
5位  米国       3,33
出所;米国農務省調査2012)

 ■【世界のコメ、輸入国(消費国)ランキング5
(順位) (国名)        (輸入量)
1位  ナイジェリア     3,40
2位  中    国          2,60
3位  インドネシア       1,96
4位  イラン           1,75
5位  フイリピン       1,50

このところ日本のコメは、日本国内の需要の減退にも拘らず、世界の
和食ブームや外国人の訪日ブームで、すこぶる人気が高い。
バンコクやチェンマイの日本寿司屋では、タイ産の日本米コシヒカリや、
日本から輸入したコメが使われている。

  

特に日本のコメの味を引き出す伝統的な炊き方を再現した炊炊器の出
現で、どこでも手軽に本来のおいしさを、引き出す事が出来るようになっ
た。モミから白米をつくる自動精米機も大評判である。
生産量では、世界第10位に甘んじる日本のコメだが、その品質の高さ
では、全く他国の追随を許さない実績と評価がうれしい。

 
日本のコメの由緒
●「豊年満作、さっさとこいこい」 これは日本のコメどころ東北地方の旧い
豊作祝
い唄「豊年こいこい節」の一節である。 
人類学者小山修二さんの文献によると、水田稲作は、約3000年前の弥生
時代に
中国南部から、朝鮮半島をえて日本に伝わり、まず西日本に広まっ
たのち、
確実な足取りで北上して、東北地方に及んだと言われる。

●水田稲作の利点は、連作が可能な事、国土の15%しかない日本の農地
に適している事である。
そして、後の19世紀、人口3500万人の自給自足に
適した
食料として、定着したと
いわれている。

●8世紀の日本には、既に68の行政区があったが、その地域の経済
力は、
その地域のコメの生産量によって評価されたらしい。また日本のコメは、古く
から通貨としての役割を担っていたが、
江戸時代には、大名や武士の俸給
は、コメの石高で表示されていたという。

●おりしも大変な歴史ブームだが、当時の大名の石高は、藩が生産するコメ
の生産量、いやゆる石高に
よって、決められていたという、
下記は、当時の「大名石高ランキング」の一覧である。

  

■「関川原合戦直後の大名の石高ランキング
(順位) (大名名)  (石高)    (地域)
1位  前田利長   119,5万石 加賀金沢
2位  結城秀康     67,0       陸奥会津
6位  小早川 秋     57,4     備前岡山
7位  最上義光       57,0      出羽山形
8位  島津忠恒        55,5     薩摩鹿児島
9位  黒田長政        52,3     筑前名島
10位  松平忠吉       52,0     尾張清洲
10位  池田輝政       52,0     播磨姫路
10位  加藤清正       52,0     肥後熊本

    

●話を現代に戻すとしよう。  
日本の食品市場を見ると、タイ料理などアジアの食材として、タイ産の高
級なジャスミン米が、日本の高級ブランドよりも値段が高いという現実が
ある。タイのジャスミン米は、日本では高級食材として、流通している。

今や、世界のコメ市場は、大きく分けて大量に需要がある一般主食用の
安価なインデカ米と、高級食材などに使われるジャポニカ米の二極分化
がすすんでいると言えよう。、

 

●おりしも TTPの大筋合意で日本の農業はどうなるのか、特にコメ農家
への影響はどうかなど、初めて迎える国際化にむけての不安がつきまとう。
特にTPPで米国やオーストラリア産米が安い価格で大量にはってくるので
はないかとの不安や危惧は今も消えない。

■「日本のコメ流通の実情
●都心の一般家庭のコメ購入について、近隣や友人宅に聞いてみた。
その結果は、重いものだけに、生協の宅配や、郵便局のお米頒布会や、
特定通販からの購入が殆どだった。 

●先日も郵便局の窓口で、「こだわりのお米」の印刷物を渡され、銘柄米
頒布会の入会を
勧誘された。

中には本場東北の秋田こまち始め、北海道から新潟、石川、長野、丹波
滋賀、迄こだわりの故郷の銘柄米が、説明入りで並ぶ。
日本郵便の新企画だが、なかなかの好評らしい。日本郵便が仲立ちして、
地元農協と消費者を結び、お米のネットワークを構築しようとする
構想らし
い。このように生販あいまった連携が、新しい需要につながら事は
論を待
たない。

 
●ブロガーの私は、米飯にこだわるあまり、約5年前から、京都、丹波銘柄米、
生産農家と契約して、毎月宅配便でおくつてもらっている。
デパートの東北コシヒカリなどとは、一線を画する炊き上がりである。昨年から
は、自慢の糠ずけを再開、季節の旬の漬物を楽しんでい
る。うまいに尽きる。

■「好転の兆し」
最近の世界的な和食ブームの到来によって、おいしい日本のコメは、引く
手あまたの状況になってきた。
どこにもないいいものを作り出して、付加価値をつけて売る日本の仕組みは、
戦後日本が、無から有を生み出した巧みな創意の成果と言えよう。活路を拓
く日本人の知恵と努力に期待したい。                    

  
●戦後昭和の偉人、司馬遼太郎は、アジアのかっての小国日本について
次のように述べている。
「これほど一生懸命、働く国は他にない。
そして日本はユニークだ。常に緊張している。
特に「名こそ押しけれ」の精神で、農民でありながら武士として鎌倉
時代を築いた
坂東武士の清貧な心意気に、日本の伝統的なコメ文化の神髄を
感じる」

●日本のコメの存在は、日本の食文化のみならず,日本の文化や、日本の社会
仕組み全てに、極めて大きな影響を与えてきたことは、確かなようだ。 (Yama)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■6月の新歳時記

2016-06-01 | ●歳時記

月15日より、Jtiro Jpnが、この情報サイトを引き継いで運用します。(Email:jpn@jtiro.org

■■■6月(水無月)歳時記■■■■■■■■■■■■■■■■

■「6月水無月の行事のしきたり
6月は、田植の季節。、
そこへ毎年決まったように、梅雨が訪れ、東から西まで日本至るところの
農村に、干天の慈雨を、くまなくふるまうことになる。
どう考えても神がかった自然の作為であるが、凄いの一語に尽きる

   

■「6月の歳時記

●季句 水打ちてよごせし足の美しく  中村汀女
季節   清和 白夜 夏の海、青田、入梅、夏至、晩夏、風薫る、青嵐
祭事  時の記念日(10日) 父の日、
             
貴船祭(1日京都) 江戸浅間祭(1日)
             
日光東照宮祭(5日)熱田祭(5日名古屋)百万石祭
        住吉御田植(14日)  



食   冷奴 柏餅、筍飯、鮨、冷汁、茄子漬、梅干、冷酒 麦酒  
魚   黒鯛、いさき、鮎、岩魚、山女、ごり、初鰹、
草花  薔薇、牡丹、紫陽花、白丁花、余花、若葉、万緑
住い 夏の灯 露台 噴水 夏布団
情緒 避暑、納涼、川床、寝冷え、  
挨拶  首夏の候、梅雨の候、向暑の候 

  

■「月日本と海外の主な行事
01日 衣替え
01日 通常国会会期末
01日 経済協力開機構(OECD)閣僚理事会パリ
01日 世界経済会議クアランプール
02日 石油輸出国機構(OPEC)総会
03日 アジア安全保障会議シンガポール
04日 台北国際電脳展開幕
04日 サッカーW杯予選日本/豪州 埼玉スタジアム
05日 世界経済フォーラム東アジア会議
10日  入梅
10日 サッカー欧州選手権
14日 世界最大のゲーム見本市ロスアンゼルス
16日 ゴルフ全米オープン
19日 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法施行
19日 父の日
21日 夏至
27日 テニス、ウインブルドン

   

■「タイ6月の主な行事
ピータコーン祭(ローイ県)
ブン・ブラ・ウェート、フェスティバル(ルーイ、サイ郡)
ロケット祭り(ノーンカイ県)北東地域
起耕祭 国王の儀式

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■団体解散のお知らせ

2016-05-29 | ■JTIROの広報活動

 ■■解散のお知らせとお礼■■■■■■■■■■■■■■■■■■

平成28年はーーーー
西暦     2016年
昭和        91年 
●戦後         71年 
明治       148年

日タイ修好 129年
ASEAN(東南アジア諸国連合)発足 49年
そして
NPO・JTIROは、創立16年



 
               
 
                                                                       ASEAN
■■「団体解散についてのお知らせとお礼■■■■■■■■

●きわめて残念なお知らせです。
私ども、特定非営利活動法人・日タイ国際交流推機構(略称JTIRO)は、

昨年12月開催の臨時総会で、発展的解散をする事を決議しましたが 、それ
以降
法的な解散手続きを進め、5月末をもって、創立16年の歴史を閉じる
事になり
ました。

この16年を振り返るとーー
・2000年 タイ国政府商務省とチェンマイロングステイに着手。
・2002年 タクシン政権の誕生。
・2002年 タイ観光庁が新設、商務省よりロングステイ行政が移管される。
・2006年 タイ国軍によるクーデターが発生。

・2010年 反独裁民主同盟による空港占拠とクーデターが発生。
・2011 年 タイ南部の大水害が発生する。
・2014年 国軍によるクーデターが発生、現在も至る。


   
       
     
   
●JTIROの活動の始動は、16年前の2000年、
当初の3年間は、おりしもタイロングステイの開花期で、忙しくも楽しい時期で
した。しかし、
その後は、タイの政変(クーデター)と、ロングステイやーの
世代交代や円安などが相次ぎ、挫折と苦闘の
連続でした。

主な解散理由を総括すると
16年前の創立時に取決めた国際交流活動の目的と理念が、急激に変動
する
世界のメガトレンドによって、全く機能しなくなった事です。
特筆すると、
・度重なるタイ国の政情の変化、
・日本のロングステイヤ‐の世代交代 (団塊の台頭) による顧客ニーズの変化
・Webネットの出現による、一般の情報収集機能の休息な伸展と変化、

・円安による国際的な経済構造の急激な変化、
加えて、
・高齢化による、NPO運営主体の後継者適材の不在などなど です。

    
●かくして、長らくお世話になった事務局のオフィスビルとも訣別しました。

今後は、
改めて16年に及ぶNPOの国際活動を精査し、原点回帰のうえで、新しい
時代
に対応する運営体制が再構築できないか、若い次世代の人達に託したいと真摯に
考えています

■「思い出深い国際交流活動の記録

  
  

 
     

   
 

●「お世話になった多くの皆さんに感謝」
永らくにわたり、格別のご支援をいただいた日タイ政府関係者の皆さま、、
強力な絆と協働で、格別のご支援をいただいたチェンマイ公的団体の皆さま
創設時より、JTIROをこよなく支えて下さった多くの会員のみなさま、

またJTIROの情報サイトを通じて、支援のエールをいただいた読者の皆さま
内外の多くの皆さまがたに、衷心よりお礼を申しあげます。

日タイ友好関係が,ますます盛んになります事を、衷心より祈念しています

代表理事 山田 清之
常任理事 松井 一征
理    事 澤村 佳宏
理    事 石井 雄二
理    事 北中 正紀
監    事 桝谷 克也

特定非営利活動法人日タイ国際交流推進機構(略称JTIRO)
Japan&Thailand International RelationsOrganization/NPO
Japan&Thailand International RelationsOrganization/NPO
Official Website:http://blog.goo.ne.jp/jtirojapa Email:npo@jtiro.or.jp

     
        
   
    
■■[情報ドメインの変更についてのお知らせとお願い]■■
●団体解散に伴い、当団体のメールアドレスnpo@jtiro.or.jpとドメインは、5月
末日をもって使用を停止します。
それに代わる新しいメールアドレス(ドメイン)を設定しましたので、ご変更ください。

新アドレス jpn@jtiro.org
                                      (呼称/JTIRO JAPAN) (領域/情報コミュニティーサイト)
新しいWebサイトにて、しばらく団体の残務と情報媒体の継続作業を行う予定です。

●従来のHP(ブログ)は、利用者も多く、表題変更の上、再開します。  
                         URL http://blog.goo.ne.jp/jtirojapan

NPO JTIROの16年及ぶメールマガジンや、DATAなどは、アーカイブスとして
収録、新しいサイトからご覧いただけます。

●但し、情報媒体の利用形態が、スマホやLINE化の傾向が進む折から、
新しい情報交流サイトJtiroJapanとして、タイはじめ海外の有志の皆さんと協議のうえ
で、より適宜化を図りたいと考えています。
ご意見をいただければ、幸いです

       

当ブログは、6月より表題が変わりますが、、継続してご覧ください。  
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

16年の長いおつきあい、心から感謝申しあげます。
  ________   
 / ・・  JTIRO JPN   GoGo・THAILAND
┗━━━━━━━━━           ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

■■■JTIRO■■■■■■■■■■■■■■■■■■●
発   行】特定非営利活動法人日タイ国際交流推進機構
【公式サイト】  URL:http://blog.goo.ne.jp/jtirojapan   
【運営事務局】  Email: npo@jtiro.or.jp  Fax:06-6599-153        

■■■■■■■■■■■■■■■■■THANKS■■●
    
  

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■5月の歳時記

2016-05-08 | ●歳時記

■■■■■■■■■■5月(皐月)の歳時記■■■■■■■■■■

■「5月、日本の現況
● いつになく長い日本の5月の連続休暇が、終わりを告げ、ようやく、街や
経済が再起動し、為替や株も動き始めた。
しかし、熊本地震の余震は、累積で千五百回を超えるが、いまだ、終息の目
処は立っていない。隠れた地球の動静だけに、図り知れない恐ろしさが漂う

●そして、今回の熊本地震で、全く別のあたらしい事実が判って来た。
政府の地方創生の勧めで、ごく最近、都会地から熊本県の静かな村落に地
方移住してきた数家族が、今回の
地震で罹災したという。
全く痛ましい限りだが、これで日本創生会議が推進する  地方移住の試みに
ブレーキが、かからなければと危惧している。

 

■「加速する少子化
●当面する日本最大の政策課題は「人口減少で縮む日本経済をどう変革する
」が命題といわれる。 安部内閣でも、地方創生や子ども支援で、当面する人
口問題と積極的に取り組んできた。
厚労省の試算では、全国の市町村別人口は、2035年には  2005年対比で、
2割以上減る自治体が、6割以上になるという。

●具体的にはーーーー
・75歳以上が8人に1人
・65歳以上が3300万人、総人口の26%が高齢者、
・45年後の2060年には、日本の人口が8674万人に 生産人口は半減する。
このわずか20年間の猛烈な高齢者の増加傾向、いわゆる 少子高齢化現象に
改めて注目して欲しいと思う。


●少子高齢化は、日本だけではではない。盟友国のタイや韓国も、日本に次い
で同じ、
少子高齢化の波にさらされようとしている。
ところが、この問題について、タイで積極論議がなされたという事実を聞いたこと
がない。先の事について余り気にしない、南国特有の気質の性なのだろうか。

 
●日本の海外ロングステイが、公式に始まってから、既に20年経過する
が、これも日本
の高齢化に対応したものだった。
因みに、  20年前の65歳以上の高齢者人口は 1830万人
20年後のいま2015年の高齢者人口は、なんと3395万人

●15年前 盛況を極めた海外ロングステイだが 15年後のいま最盛期の
勢いはない。おもな理由は、消費傾向の成熟化と団塊への世代交代と言わ
れている。

     
                                                      
■「小さくてもいい質の高い国を]
戦後昭和の賢人、司馬遼太郎は-------
小さくてもいい,日本人にしかできない質の高い国
を目指すべきだと記して
いる。そして「老」の知恵を「少」へ継承する事の必要性を提唱した。
どちらにしても、明日の日本については、私ども高齢者には、もう出番はない。
しかし、培ってきた老の知恵を若い人たちに継承して、元気な日本の若い人たち
の活躍に期待するしかあるまい。

  

■「俳人、金子兜太の養生訓
●私が畏敬する俳人、金子兜太さん(96歳)
は、旧制水戸高校から海軍士官として
トラック諸
島で戦い、戦後、日銀に勤務しながら 俳句で戦友への鎮魂を続けた。
そして、一茶や山頭火の「定住漂白」の人生観の境地を極めた。
その養生訓が黒田杏子著(2100円)で白水社から出版されている。その要約である。

●「金子兜太養生訓9ヶ条」(要約)
1)ます、長生きをしよう。
2)なにか創造的なことに打ち込み、生きがいを持つ
3)世のため、人のために尽くす精神を忘れない。
4)体と心を鍛える努力を続ける。心にユーモアを。

5)家族に信頼と敬愛を。友人は男女を問わず宝。
6)妻(夫)は、最大の理解者、批評家、連帯して歩む。
7)かかりつけの医師や、行きつけの店との絆を大切に。
8)地に足を付け、土の恵みを忘れない
9)日記を毎日付け、わが身を省み、老醜をさらすまいと、心がける。


  

■「日本のしきたり
5月といえば「皐月」、早苗月が語源といわれる。春から夏への季節の変わり目だが、
暑くもなく寒くもなく穏やかで快適な時期でもある。

●5月のロマンといわれる端午の節句には、鯉のぼりをたて男の子の成長と無事を祈る。 
鯉が滝を登り竜になったという中国の故事に因んだ江戸時代からの慣わしらしい。 
魔よけの菖蒲は、尚武が転じたもので重要な役割を果たしてきた。
故事来歴には、昔の
人の知恵があふれているのに驚く。

           


■「皐月の季節]
●季句  水打ちて汚せし足の美しく  中村汀女
●季節  立夏、清和 皐月、薄暑、夏浅し、夏めく、麦の秋, 仲夏
●祭事  子供の日、母の日(第2日曜日)バードウイーク(10~16)
         加茂の競馬 筑摩祭(滋賀8日)宇治祭(京都) 神田祭
         八瀬祭(京都9日) 楠公祭(神戸25日)

●食     茄子 粽、柏餅、筍飯、豆飯、麦飯, 鮨、冷麦、瓜漬, 茄子漬
●魚     鮎、山女、ごり、石鯛、いさき、初鰹,はまち、

●野菜   蚕豆、筍、瓜,きゅうり、メロン,茄子,高菜、  
●花木   余花、葉桜、薔薇、牡丹、紫陽花、橘の花、緑陰、  

   

■「日本と世界の行事」(5月皐月)
  1日  ●G7エネルギー大臣会合(北九州市)
  1日 八十八夜(日本) 立春から数え88日目
  2日  ●アジア開発銀行年次総会(フランクフルと) 
  3日  憲法 記念日
  4日  みどりの日
  5日  こどもの日
  5日 端午の節句(日本) 菖蒲湯に入り厄を祓う
  5日 立夏、二十四節気、いよいよ夏が始まる日、
 
5日 スコットランド議会選挙
  
6日 振り替え休日
  8日 母の日
 
9日  ●フイリピン大統領選挙
14日  ●7ヶ国G7教育相会合、岡山県倉敷市

15日  ●7ヶ国G7環境相会合 富山市

20日 小満 二十四節気 草木が茂り天地に満ち始め、万物が成長する。
20日 ●7ヶ国G7財務相、中央銀行総裁会合 仙台市   
22日 テニス全仏オープン
26日 ●7ヶ国G7首脳会談(伊勢志摩サミット) 三重県志摩市
31日  台北国際電脳展


  


■「タイの行事」(軍事政権の指示で国民の休日が増えました)
  
1日 レイバーディ(労働の日)
  2日 レイバーディ 特別休暇
  5日 プミポン国王戴冠記念日
  6日 プミポン国王戴冠記念日特別休暇
  9日 農耕日
20日 仏誕祭

 コメント

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■最新内外情報

2016-04-27 | ●トレンド情報

                                考えて行動するためのネタ情報
■■■■■■■■■■HEAD LINE NEWS/4月■■■■■■■■■

■■「タイ情報------
●TG、原油安と体質改善で、タイ航空4期ぶりに黒字回復、
●タイの自動車輸出、トヨタ、ホンダ、マツダなど、年間120万台、世界10位
●タイ僧侶の半分がメタボで太りすぎ、原因は食生活、医療費用は8,5万ドル



●首都バンコクで、23日親善大使の呼びかけで熊本地震支援コンサート開催
●タイの大スターのジラュ、新旅番組に出演、「日本の東北の魅力」をPR
●WHO世界保健機構の推計、タイの事故死数は、週460人を超えて、世界2位。
 人口10万人当死者数36人、日本の8倍、易きに流れるタイ人気質が原因のよう
 

■■「国際情報------
●安倍首相、外国人の日本永住権取得、世界最短にすると明言、
●日本型の介護サービスをアジアに輸出、日本政府後押し、
●日本で暮らす外国人は、217万人、うち雇用は79万人 タイ人45,378人




■■「日本情報
-------
海外發の不安要因、一気一憂もたつく景気、日銀マイナス金利政策継続
●政府、2017年春から保育士の月給を1万2千円引き上げ決定、
●2015年の訪日客が遂に2013万人を記録、20年4000万人を目指す
●「日本人国民性調査」生まれ変わるなら日本83%、5年前と6P上昇

 

●GDP600兆円の市場創出を目指す(産業競争力会議の成長戦略概要)
・ロボットやITで、果敢に枠組みを転換してビジネスを生み出す。
・高い知識を持つ外国の人材を呼び込むため、永住権の形を検討
・自動運転車や小型無人飛行機の実用化を図る。など

●「ニッポン一億総活躍プラン」(一億総活躍計画)原案固まる。
 ・同一労働、同一賃金 ・長時間労働の撲滅
 ・高齢者雇用の促進  ・待機児童対策


 

■■「シニア情報------
●要介護高齢者608万人、2030年に900万人予測(Yomikoシニア白書)
●国の年金支給総額54兆円、年金基金総額134兆円、


●国民年金受給者数1742万人、受給額月5万4000円
●厚生年金受給者数3599万人、受給額月14万7000円
●夫65妻60歳以上夫婦無職世帯
 平均収入(社会保障給付額)19,4万円、その他収入加えると平均21,3万円
●支出は、公租公課非消費支出 3,1万円を含め月額27,5万円、
  平均月不足額が6,2万円、 貯蓄の取り崩しで充当がほとんど。


■■「見タイ、読みタイ、行きタイ
●Facebook「世界経済のネタ帳」世界経済の動きが、データでよくわかる。
●映画
「グランドフィナーレ」主演ジェンフォンダ、監督パオロ、ソレンチィ―ノ
  
素晴らしい映像美で、老いる事を通して生きる意味を探る
●見逃したくない 「若冲展」  東京都美術館 5月24日迄  
●没後20年、圧巻 「司馬遼太郎記念館」凄い 東大阪市

 

■■「価値あるひとこと」----
●ありのままでいい、威張れば寂しく、飾れば疲れます。
一念一念と重ねて一生なり     (古川貞一郎)
●人生は「もう」ではなく、「まだ」
です、(女優 山本陽子)
●いい事にお金をかけよう、ケチらずに、(おひとりさんに)
島国日本はユニークだ、これほど一生懸命やってきた国はない。(司馬遼太郎)



■■「今月読んだ本」----------
●「戦略がすべて」 滝本哲史著 新潮新書 780円(税別) 
●「没後20年、司馬遼太郎の言葉」 朝日新聞出版 920円(税別)
●[あと千回の晩飯」 山田風太郎著 朝日文庫 600円(税別9
●「考える人」特集 12人の考える人たち。 新潮社 907円
●「文芸春秋」5月号 日本には田中角栄が必要だ。文芸春秋社 880円


                                   
■■■■■■■■■■■■■今を読む■■■■■■■■■■■■■

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■G7 応援事業認定

2016-04-20 | ■国際交流活動

■■■■■■■■G7倉敷教育大臣会合・応援事業■■■■■■■■

■「夢のたね国際座談会
●来る4月24日開催の
「タイ王国HGO・マレットファン(夢のたね)来日記念
國際座談会」が、栄えある「G7倉敷教育大臣会合の応募事業]に決まった。

                    
    
         ? ODP Design Table talk
タイ王国HGO・マレットファン(夢のたね)来日記念、國際座談会]

      ワクワクドキドキ 遊びながら学び育つ現場とは?」
                                  
「夢のたねまき出版記念」
子どもを夢中にさせ、かつ子どもの成長に役立つデザインの要素とは...?
子どもの生活環境や空間デザインについて、日タイ両国の教育関係者が一堂に

会し、それぞれの専門分野から、語り合つていただく。

【日 時】4月24日(日)13:00 ~ 16:00
【会 場】ODP 多目的ルーム
【参  加】無料 事前に申し込みください。
「交  通」大阪地下鉄中央線、終点コスモスクエア下車、
ニュートラム乗換、
      トレードセンター前下車、徒歩3分  ATC・ITM棟10階 ODP

  
 
講 師} タイ教育支援NGOマレットフアン 松尾久美 さん

                   :                    ムアイ    さん
                   :                 ギップ    さん           
講  師} 絵本あれこれ研究家                 加藤恵子    氏
           パッケージ・デザイナー               北中 正紀   氏   ( JTIRO 理事)

0404180713.html

 

催・大阪デザイン振興プラザ(ODP)
協力・NPO法人日タイ国際交流推進機構(JTIRO)
URL; http://blog.goo.ne.jo/jtirojapan Email npo@jtiro.or.jp

     
 
        (●パっケージデザイナー北中さんが展開する段ボールによる子ども遊具のかずかず)

 ■■■■「待望の新刊が発売」■■■■
           「マレットフアン(夢の種まき)」
 村中李衣 著  (ノートルダム清心女子大学 教授) 
   
新日本出反社刊 定価1400円+税 平成28年4月発売

  
●「主な内容
1) 小さな力
2) おんなじ仲間
3) いつだって、どんな場所だって
4)  一から やるしか
5)  この町大好き
6)  また ここから 

●今を去る12年前、津波災害救援のボランティア活動でタイにやって来た松尾
久美さんは、ここでタイの仲間と出会う、、
そして、後にタイの子どもたち
のために移動図書館を展開する事になり、子ども
絵本を通じて、多くの日本の仲間と知己になる。

●いま日本もタイも世界有数の少子高齢化国である、子どもたちをどう育てるか、
それはもう、国境を越えた大きな國際的な課題である。

●松尾さんたちの、もうやるしかないと言う前向きの活動の轍が、遂に教育支援
NGOの設立をもたらす。そしてその後のひたむきな努力が、大きな夢だった 首
都バンコクの活動拠点を手にする事になる。 
 でもマレットフアンの活動は これからが本番、今後の夢の種まきに期待したい。

この本は、松尾久美とムアイとギップの3人によるマレットフアンの夢と愛と苦闘
の挑戦ドキュメ
ントである。 ぜひお読みいただきたいと思う

マレットフアンの活動は、次の Facebookで→ http://www.facebook/MaletFan

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■G7倉敷教育大臣会合

2016-04-17 | ■国際交流活動

■■■■■■■■■■■G7教育大臣会合■■■■■■■■■■■
       G7 Kurashiki Education Ministers’ Meeting in Okayama

■「世界に開花する文化教育都市・倉敷
●4月の歳時記でご紹介した大原美術館のある倉敷で、世界のG7教育サミット」が、伊勢
志摩サミット(主要国首脳会合)に関連して、主要国の教育大臣を集め、
倉敷アイビースク
エアーで
開催される。 


                    
(●倉敷アイビースクエアー)
■「開催概要」
1.テーマ :「教育におけるイノベーション」
2.開催日程 :平成28年5月13日(金曜日)~15日(日曜日) 
         
【本体会合:14日(土曜日)~15日(日曜日)】

3.開催地 :岡山県・倉敷市(倉敷アイビースクエア)
4.参加国(7カ国・1地域)  日本、イタリア、カナダ、フランス、米国、英国、ドイツ、(EU)
5、オブザーバー :経済協力開発機構(OECD)、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)

 

因みに倉敷は、人口 48万人の文化都市。   徳川幕府時代に天領として栄えた古都の面影を
いまも色濃く残している。

    
  (●倉敷の祭のシンボル、素隠居)             (●倉敷美観地区)

G7の会場となる倉敷アイビースクエアーは、大原孫三郎が設立した日本最初の紡績工場の跡地
再開発して創ったヨーロッパ風の都心型ホテルである。倉敷美観地区に隣接し、大原美術館は、
徒歩圏内の近くにある。 また5月には 素隠居の面で有名な阿智神社の春祭りがある。
この機会に、ぜひお運びいただきたい。

  

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■伝統企業の崩壊

2016-04-08 | ●日本国情報

■■■■■■■■■■「名門シャープの崩壊■■■■■■■■■■

乗り遅れた日本企業
日本の伝統的な名門家電メーカーシャープが、ついに台湾企業の軍門に
下った。
現実の世界は、伝統を誇る日本の家電企業に極めて厳しかった。



●  専門家によると、アップルに代表される殆どの世界企業は、国際分業の
水平分業型」に移行しているにも拘らず,
日本企業は、グループ内で製販を
完結する[垂直統合型」にこだ
わりすぎたために、世界の潮流を見誤ったの
ではないかと見る。

しかも,世界の家電製品の殆どを開発し、大きく進化させて来たという企業と
して
の自負が、その後のパソコン主流の新しいダウンサイジングの國際的な
大きな流れに乗り
遅れたのではないかという。

  
 
既に、高齢のブロガーの私などは、まだパソコンがなかった現職時代から、
ザウルスの
先駆的なユーザーの一人だった。

1993年に初代情報端末 ザウルスが発売されるや2台、ついで、液晶の手帳サ
イズのブルーザウルスを3台、公私にわたって継続
的に愛
用し、大変お世話
になった。
 
(●デジタル情報時代を開いた初代ザウルス)



まだ携帯パソコンがない当時、日本の都会派のビジネスマンにとつて、ザウ
ルスは、最高のステイタスシンボルだった。  
今でもそのザウルスを大事に保
存しているが、当時のデータを
そのまま再現する事ができる


   
  (●メール送信機能を持った新鋭ザウルス)



1980年当時、日経新聞が中心になって梅竿忠夫博士主宰の[知的生産の
情報研究会」が、各地で相次いで開催され、盛況を
極めた。そして、それに応え
るように登場したのが、知的な情報伝達端末の
ザウルスだった

 
それだけに 私のようなユーザーの立場からすると、今回のシャープの買収
劇に対する思いは極めて複雑だ。しかし
今後、世界で勝負するとすれば、従来
の発想を変えるしかないという。 最近の新聞報道によると、鴻海は、
シャープ
のブランドと人材を残して、友好的に
再建に取り組むという。期待したいと思う。

●いずれにしても、TTPも含め、世界的に経済統合が盛んな今、戦前、日本
だった台
湾の世界的企業と協業して、当面の商敵である韓国勢などと対抗
きるとすれば、日本の業界にとってもプラスになると思うがどうだろうか。 
今後
の推移に注目したい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■4月の歳時記

2016-04-02 | ●歳時記

 ■■■■■■■■■■■四月・卯月の歳時記■■■■■■■■■■

■「都おどりは、よーいやさあ
●四月は、京都歌舞練場の恒例、都おどりで幕が開く。
春の都おどりは、華麗な春夏秋冬の情景展開の後、さくらの花盛りで終わる。
恒例とはいえ、
都おどりは、古都の春を彩る最高の催しである。
今では、国内ばかりか海外から、
多くの観光客が観劇に訪れる。

●都おどりといえば舞子さん、
舞子は今や世界的に知られた古都の象徴的な存在である。京都と大阪を結ぶ
京阪電車が、昨年から採用した舞子ポスター
が、大変人気だ。聞くところでは、海外からも、すごいリクエストが来るという。


      
(●京阪電車の話題の舞子ポスター)  写真提供;京阪電車

■「目が離せない

風光る春といえば、愛好者,垂涎の美術展が多い。

●「禅」ZEN 火をかたちに、臨済禅師1150年記念 国宝重文120点展示 
   4月12日~5月22日 京都国立博物館
●「モネ展」 印象、日の出から睡蓮まで、 5月8日まで、京都市美術館
●「光紡ぐ肌のルノワール展」 6月5日迄 京都市立美術館
●「オーダーメード、それぞれの展覧会」 5月22日迄 京都国立美術館

 

●「ピカソ、天才の秘密」 7月3日迄 おべのハルカス美術館(大阪)
●「夷酋列像、蝦夷地イメージをめぐる人、物、世界」 5月10日迄 国立民族学博物館
●「司馬遼太郎の軌跡」 
~「竜馬が往く「4月17日迄 司馬遼太郎記念館(大阪)

●「生誕150年黒田清輝、日本近代絵画の巨匠」 5月15日迄 東京国立博物館
●「北大路廬山人の美、和食の天才」 4月12日~6月26日 三井記念美術館
●「日伊国交樹立150周年記念 カラブァッジョ展」 6月12日迄 国立西洋美術館
●「奥村土牛 画業ひとすじ100年のあゆみ」 5月22日迄 山種美術館(東京)
●「創設80年特別展、朝鮮工芸の美」 6月12日迄 日本民芸館(東京9

「有隣荘特別公開、客間のモネと座敷の蕪村」4月28日~5月8日大原美術館(倉敷)

 

■「終生の想い出
●ブロガーの私には、終生忘れることがない終戦直後の思い出がある。
時は終戦から5年たった
昭和25年(1950)11月、
日本は、連合国の占領下で、ようやく復興への歩みを踏み出した、いずこも、
まだまだ貧しい頃だった,  今を去る約65年前のことである。
ほとんどの都市は空爆で焦土と化したが、幸いにして倉敷は 空爆を免れた。

・「受胎告知」(エルグレコ)
・「睡蓮」[モネ)
・「水浴」[セザンヌ]
などの世界的な泰西の名画が居並ぶ大原美術館大ギャラりーホールの中で、
俗に大正デモクラシーを標榜して結集した「白樺派」といわれる文化人
志賀 直哉   (作家)、
武者小路 実篤(作家)
 
・梅原 隆三郎  (日本画家)

棟方 志功   (陶芸家)、
柳 宋悦     (民芸学者、哲学者)など
戦後の日本文化を代表する綺羅星のような先端的な人たちが、一堂に会した。
加えて、戦後初めて海外文化使節としてフランスから来日した
ラザール・レビン(フランスのピアニスト)
・安川加寿子(ピアニスト)のみなさんがが加わり、
理事長の
大原総一郎さんが司会を務め、「絵画と文芸と音楽の融合」を目指した
本初のユニークなギャラリーコンサートが開催されたのである。

  
                                (●大原美術館の正面)


●招待客は約200人くらい、いわゆる政財界や文化人など枢要な立場の人達が
招かれたらしい。 当時、高校2年生の私が、なぜこのような席にいた
のか、いまだ
不確かだが、当時、地元高校の新聞部を担当していたので、代表として招かれた
のではないのかと推測
している。

●因みに、大原美術館を創立した初代理事長の大原孫三郎氏は、上場企業の
クラレや
倉敷紡績(クラボウ)、中国電力を創立し、倉敷中央病院や法政大学大
原社会問題研究所などを設立、社会貢献に尽くした中国地方、屈指の名門資産
家である。

●未熟で若い高校生の
私が、このような世界的な日本初のギャラリーコンサート
招かれた事は、
私にとってかけがいない終生の思い出になつている。
爾来、いまの高齢になるまで、これを超える機会に出会っていない。 (山田)
                                

 
  

■「晴れの国、岡山・倉敷キャンペン
●おりしもJR西日本が、4月から「晴れの国、岡山倉敷キャンペーン」を開始した。
観光地や美術館の入場料と、新幹線奥羽服料金などがセットされて、大阪から
格安の8500円、この機会に、ぜひ文化都市倉敷と大原美術館へお運びいただき、
世界的な泰西名画をご鑑賞いただきたい。併せて、瀬戸うちの新鮮な春の味覚、
祭り寿司なども、ご賞味いただきたいと思う。

去る4月4日迄 東京、国立新美術館で、大原美述館コレクション展が開催され、
「受胎告知」やモネやパブロ、ピカソの泰西名画が展示され、盛況を極めたという。
これらの作品は、菅に里帰りして、大原美術館でご覧いただける。

  
        (●倉敷の景勝地帯)

■「四月の歳時記
●季句   さまざまの事思い出す桜かな      松尾芭蕉

               目出度さもちう位也おらが春        小林一茶 
               
               うららかなけふのいのちを愛しけり  日野草城

               春風や闘志いだきて丘に立つ      高浜虚子

●季節  弥生、清明、春暁、山笑う、麗らか、春色、風光る 花冷え
●祭事  清明祭(5日ごろ) 釈尊(湯島) 河豚供養、灌佛会(8日)
            浅間祭(静岡) 山王祭(14日滋賀) 高山祭(14日飛騨

●魚    桜鯛、鰆、白魚、飯蛸, 蛤、赤貝、
●草花  梅の花、盆梅、桜、山桜、八重桜、沈丁花、パンジー、
●食物  木の芽田楽 筍 夏蜜柑 春大根 春奈 桜餅 蕗
●情緒  春風邪、朝寝、春の夢、春意、春愁
、    

●挨拶  陽春の候、風光る候、春たけなわのこの頃ですが、

■「日本の主な行事」(4月)
1日   日銀短観 16年度診療報酬、薬価改定の適用

4日   泳全日本選手権リオ五輪代表選考会
4日   清明
7日   マッスターズトーナメント、ゴルフ(米国)
8日   花祭
10日 主要7ヶ国(G7)外相会合 
10日 ペルー大統領選挙

13日 韓国総選挙 
15日 国際通貨基金【IMF】世銀春期総会(ワシントン)
16日 土用の入り
16日 キューバ共産党大会
17日 徳島市長任期満了
22日 G7首脳会議、伊勢志摩サミット関連行事(桑名市)
23日 G7農相会合(新潟)
20日 穀雨
24日 衆院北海道、京都補欠選挙
25日 世界最大の産業見本市(ハノーバー)
25日 国連記念日
29日 G7情報通信相会合(高松)
29日 京都鉄道博物館開館
29日 昭和の日

   

■「タイの主な行事」(4月)
12日 ソンクラーン(水掛け祭り)12~15日

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■JTIRO HEAD LINE NEWS

2016-03-24 | ●時流・潮流


  
■■■■■■■■Head Line News■■■■■■■
                                      March

■「タイの情報
■■■■■■■■■■

中国との鉄道建設計画を大幅縮小ーーーーーーー
既にタイと中国が合意していたタイ東北部ノンカイから バンコクまで867キロの  
鉄道建設の共同開発(5300億バーツ)について、中国は、先行き不透明を理由
に後退、タイの全額出資で行うことになった。

  
 
タイの軍事政権、既に1年半を経過、民生復帰は17年7月を想定、
タイ軍政、上院議院を選挙でなく任命制にするよう、憲法草案に持ち込む方針
●タイ軍事政権の暫定議会で、路上で物乞いをする行為を禁止する法律が成立。
 マフィアが不法入国者を使って組織的に物乞いをさせるケースが増えたため。

タイ自動車生産台数、世界第10位、昨対比2%増191万台(輸出120万台)
国営空港会社(AOT)は、ドンムアン空港拡張工事に270億バーツを拠出
●タイ国営航空(TG)は、コスト削減ができず、3期連続赤字に、
●バンコクで日本の魅力をPRする最大の祭典JAPAN EXPOが2月開催された。



●チェンマイ市内、陸路来る中国観光客の飲食トラブルが頻発、常態化に苦慮
タイの僧侶30万人の48%がメタボ、大半が糖尿病と高血圧、原因は食生活。
信者の頂ものが高カロリー、その政府医療費が約9500万円とか(バンコクポスト)

 

●「タイの最新給与事情」/中央値 (中進国化により大幅に上昇)ーーーー
大卒初任給         18500BT (約 6万5000円)
・営業職、大学院卒35歳 45000BT (約16万円)
・部長レベル         88000BT (約31万円)
  購買平価などからみると、ほぼ日本に近ずきつつある現況です。

■「アジアの情報■■■■■■■■■
●2月米国開催の米国とASEANの首脳会議、共同体の牽引役不在が露呈
●中国、海陸群を増強、国防費7,6%増の9543億元(約16,7兆円)
●中国、ベトナムなどメコン流域の開発を支援、タイなど流域5ヶ国首脳会議を開催

  
■「日本の情報」■■■■■■■■■■
●3月月例報告、消費と企業収益伸びず、景気下方修正、消費増税延期論に影響
●「地政学」的論調高まる、領土など地政学的リスクから国の戦略を考える動き高まる。

●「地政学から見た世界テロ指数2015」
(順位)(国名)          (指数)
1位   イラク            10,000
2位   アフガニスタン      9,233
3位   ナイジェリア       9,213
4位   パキスタン        9,065
5位   シリア           8,108
6位   インド             7,747
7位   イエメン           7,642
8位    ソマリア          7,600
9位   リビア           7,290
10位  タイ             7,279 ●
11位  フィリピン         7,270
  
12位  ウクライナ        7,200
13位  エジプト         6,813
14位  中央アフリカ     6,721

15位  南スーダン      6,712

22位  中国          6,294        
23位  ロシア          6,207
28位  英国          5,613
36位  米国          4,613 
36位  フランス        4,553
39位  イラン          4,094
 
124位  日本            0  ●     
(出所 経済平和研究所2015)

国勢調査1億1711億人 初の人口94万人減少、首都圏への一極集中が進む。
●訪日客大好調、1月52%増、中国、タイ健闘、ただし爆買いに変化 客単価下落
  

三菱商事、三井物産など総合商社の資源ビジネスが曲がり角、5社の減損1兆円、
●政府は、補正で年金受給者のうち所得の低い1000万人に1人5000円支給を検討
●一億総活躍社会へ、介護施設を40万人分増加を検討

 

●日本生協は、認知症対策として全国半数の800の生協組合と「見守り協定」を締結
●厚労省は、高齢者の認知症が、2025年、700万人、9年後5人に1人になると予測
●タムラプランニングの調査では、80年には、全国政令都市の7割で介護施設が不足
●みずほ総研の藤森研究員は「老人一人暮らしが増え続ける。家族以外の絆が必要」

●所有から共有へ、車や部屋をシェア(共有)するネットビジネスが台頭

■「お願い」■■■■■■■■■■■■■

●JTIROのブログは、携帯スマホでご覧いただく場合、全体の構成イメージが
崩れる恐れがあります、パソコンかIpadででご覧ください。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■タイの高齢者伝統音楽演奏集団

2016-03-10 | ●タイ国情勢

 

最新タイ紀行
■■■■■■■■プレの高齢者伝統音楽演奏団■■■■■■■■

■「JTIRO知命
●私どものJTIROは、既にご存知のように、来る5月をもって 任意解散
する事にした。その主な理由は、15年前に定款で取り決めた活動内容
が、
その後の社会情勢や、情報手段の発達で、全く機能しなくなつたか
らだ。 
加えて定年後,運営実務 にあたる役員の高齢化は、目に余るも
のがある。
しかも、後継者が育っていない。かくして、一度ゼロベースで
見直す事にした。
「知命とは天命なり」 私共は、この試みを天命として肝に銘じ、次世代
を軸に、今後の新しい歩みを、謙虚に再検討したいと考えている。



●いま振り返れば、15年前にスタートした JTIROなどNPOの社会貢献
活動は、戦後昭和を支えた日本のシニアに、大いなる余後の生きがいを
約束した。
そして、その国際活動の経緯は、まさしく日本の海外ロングステイの歴史
そのものであり、アジアの拠点的な工業國として台頭したタイの中進国化
の道筋と符合する。

■「1年ぶりの古都チェンマイ
解散の道筋が、ほぼ一段落した2月下旬 15年間にわたり協働と協力
を得た現地の方々にお礼を申し述べるべく、 代表理事の私と北中理事
の2人で、首都バンコクとチェンマイを訪れる事にした。 

約一年ぶりのタイだったが、予期しない出会いや 多くの素晴らしい発見
に恵まれる事ができた。
そこで体験した中進国タイの新しい感動の魅力
について順次集
約して、お伝えしたいと思う。


■「 チーク材の要衝プレを訪ねて    
●チェンマイ滞在のある日、知人のチェンマイ国際財団理事長チヤワ
ンさんの提案で、タイ北部山岳地帯の要衝プレーを
訪ねる事にした。
この辺りは古くからの世界的に著名なチーク材の山林産地帯で、国立公
園が多い地域でもある


 

●早朝6時に、チヤワカンさんの車でホテルを出発した。
チェンマイから
片道およそ300キロ、車で3時間半の道のりである。 
チェンマイ、ランパンルート
の郊外ハイウエイを時速120キロでひた走る。

このあたりは、低い緑の山系が連なり、どう見ても京都の北摂辺りと さし
て変わらない風景である


●ハイウエイを飛ばす車は、すべて日本製の車ばかり2.、3年前と違い、
ほとんどが新車である。
タイの国民生活の急速な進展ぶりが伺えて、嬉
しい。
車窓から見る町並みには、もう新興国時代の貧しさはない。この辺りは、
タイ有数の穀倉地帯て、かつてのタクシン時代の所謂、本領地だ
つたと
ころでもある。
この10年.タイがメコンの産業集積の拠点として、急速な工
業化が
進んだ成果なのだろうか。

●この3車線の高速道路は、俗にタクシン道路と言われ、 タクシン政権
初期に、都市整備の一環としていち早く完成したという

チヤワカンさんの車は、マツタのCTVのマニアル仕様だか、馬力があつ
て軽快に良く走る。 タイの郊外道路は、速度規制がないので、日本で
想像できない猛スピードで、追い抜いていく。

■「チェンマイからプレへ
●やがて車は、かつてのクメール王国の古都ランパン(県)を過ぎると、
少し
ばかり山並みが高く、険しさを増していく。  つずらおりの高速道路
を走りぬけると 再び平坦な道が続く。 やがて
ランプーン県に入り、 目
的地の
プレを目指す事になる。

  
  ●チェンマイ 、ランプーン、ランパンを経て目的地プレ

■「高齢者による伝統音楽集団の演奏
●プレの町について、早速招きいれられたのが、チーク材で建てられた
瀟洒な村の集会場、
大きな拍手に迎えられ、高齢者15人からなるタイ伝統音楽の演奏が始ま
った。 サプライズとはいえ、全く予期しない驚きの歓迎である。



この10年来、このような場面との出会いとは、ほぼ無縁だっただけに、
感動もまたひとしおだった。
重厚なチーク材のたたずまいと、華麗なタイの伝統音楽の演奏がよくマ
ッチして、しばしの間、聞き惚れていた。





●演奏メンバーは15人 男性10名、女性5名のアンサンブルの演奏集団
である。 
毎週、3回から4回、この会場で、合同練習を重ねるという。
年齢は、70歳から84歳まで、全員この地に住まう元気な高齢者ばかり。


タイは日本同様、少子高齢化が進んでいる、タイの
平均寿命年齢は確か
67歳前後だと思う。
それに比べると、ここの人たちは、平均値を上回る相
当長寿の人たちという事になる。







■「品格ある表情がいい

●演奏後、長寿のみなさんに一人ずつインタビュを試みた。

かつて教員だった人が5名、農業関係者4名、技能者3名、家庭主
婦3名だった。
しかもここの老人たちの表情には、今まで知るタイの老人と違い そ
れぞれ顔に彫があって、上品な風貌がすばらしい。、
かつて北部タイを統治したクメール王の系譜と思しき気品がある。




今では、戦後の乱伐によってチーク材はあらかた、この地方から
姿を消
したそうだが、いまここでは、この人たちが まとう藍染めの
伝統衣料の生産が盛んだという。

この藍色のフアーマーズのシャツは、深い風格と趣があって、チー
クの材質とよく合う。 また、タイ伝統音楽の演奏集団のユニホーム
としても、格別である。



昨年は、日本にとってインバウンド元年、タイから約80万人の人
たちが、日本を訪れた。そして
日本からは、円安にもかかわらず16
0万人が、タイを訪れた。

ところが、このプレの高齢者演奏集団の人たちは、いまだ誰も日本
を訪れたことがないし、全く日本を知らないという。



今回の私どもの訪問を機に、タイ伝統音楽集団の人達は、日本
での演奏の
ために、全員で訪日を目指すという。
タイ高齢者による本格的なタイ伝統音楽の来日演奏は、まだ聞い
た事がない。世界的に、元気な高齢者の文化活動が注目される折
から、大いに歓迎したい。
日本での演奏会が、実現できるよう願
って止まない。                                      (山田)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■3月の歳時記

2016-03-05 | ●歳時記

■■■■■■■■■■■弥生の歳時記■■■■■■■■■■

■「3月弥生」   
●弥生は「草木弥生月」を略したもので、3月は多くの生物や植物が成長
する事をあらわしていると言はれる。草花ばかりでなく、動物までも、温か
さに誘われて地上に顔をだす。
13日の早暁、奈良東大寺のお水取りが終わると、一段と春めいてくる。

■「ひな祭り」
3月3日のひな祭は、古くから日本固有の女のこのお祭りである。
この日には、ひな人形を飾り、菱餅で祝うのがしきたりである。
起源は、室町時代に[さかのぼるらしいが、安土桃山時代に貴族から武家
社会に伝わり、さらに江戸時代にには、庶民の間に広まったといわれる。
このころから、ひな壇にひな人形を置き、桃の木をあしらって、現在のひな
の原型が確立したといわれる。

■「日本経済の春は?」
しかし今年は、中国経済の低迷など世界経済の低落で日銀がマイナス
金利政策を決定、円相場は高騰し、株価は急落した,
日本の実質GDPはマイナス基調に 日本の経済の春は、まだまだ遠い

●季句  めでたしや娘ばかりの雛の宿  正岡子規

●時候  啓蟄、仲春、春社、清明、春暁、春の朝、麗らか、山笑う、
●祭事  お水取り(東大寺) 桃の節句、雛まつり、十三詣〔七五三)、     
       春分の日(20日) 淡島祭(3日和歌山)春日祭(13日奈良)             

●味覚  目刺、鶯餅、草餅、桜餅、花菜漬、菜飯、五加飯、

●野菜  水菜 独活 筍 菜の花 ほうれん草 春菊 牛蒡
●魚介  白魚、鱒,諸子魚、若鮎、飯蛸、蛤、蛍烏賊、、
●作物  桃の花、梨の花、大根、春菜、壬生菜、

●草花  パンジー、勿忘草、アネモネ、アザレア、春の草、双葉、

●情緒  春愁、春意,春の夢, 春興、春眠
●挨拶  浅春の候、春暖の候、早春の候、春めく昨今ですが、

節分の「恵方巻き」
大阪船場商人の験かつぎから広まったあたらしい伝統食
「まるkぶり寿司」といはれ、その年の恵方を向いて食べ終わるまで口を
きかずに一気に食べると縁起が来るという。 



■「主な日本内外の行事
● 1日 米国大統領予備選挙スーパーチューズディ
○ 3日 桃の節句
● 5日 中国全国人民代表大会、全人大開幕
○ 5日 啓蟄 
● 7日 消防記念日
● 8日 国際女性ディ
●11日 東日本大震災5年
●12日 九州新幹線鹿児島ルート全線開通5年
○12日 お水取り(奈良東大寺)
●13日 自民党大会
●14日 ホワイトディ

○17日 彼岸の入り
●17日 EU首脳会議(ブリュセル)
○18日 社日 雑節
○20日 春分 彼岸の中日
●21日 振替休日
●23日 彼岸明け
●25日 プロ野球開幕
●26日 北海道新幹線、新青森、北斗間が開通
●27日 熊本県知事選投開票
●28日 フィギアスケート世界選手権 
●31日 核安全保障サミット(ワシントン)

 

■「主なタイの行事
●鳥の歌コンテスト(ヤラー県)
●パノムルン祭り(ブリーラム県)
●凧揚げ祭り

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■2月の歳時記

2016-02-02 | ●歳時記

■■■■■■■■■■■■如月の歳時記■■■■■■■■■■ 

如月(きさらぎ)
●「2月の風物詩」(美しい日本の伝統の心)
2月は1年の中で一番厳しく寒い時期である。、

それでも日増しに日差しが延びて、春の到来が感じられるのがうれしい。
旧暦の元日、2月4日は立春 まずは「鬼は外」「福は内」と声を大きく出して
豆を
撒き、鬼を追い払い冬の陰気を祓い 運気を呼び込み迎春を祝う。

 

8日は中国の春節だが、昔と違い全国的に訪日中国人で賑わう。

聞くところでは、爆買いブームは、日本に限らずタイのバンコクやチェンマイに
も及ぶ
らしく、現地のホテルは、この時期、中国の観光客で満室だという。



●季句  梅の花空に咲出る匂ひかな    谷 宗牧
●時候  初花月 三寒四温 早春 春浅し 余寒 冴え返る  
●祭事  北野菜種御供京都北野神社)25日   ・針供養(8日)
         麻耶詣(神戸)初牛の日 涅槃会(15日)
       バレンタイン(14日)
●風物  早梅 沈丁花 雪間草 わかさぎ うぐいす 寒ブリ スギ花粉
●味覚  山葵漬 花菜漬 蕗味噌 若布和 目刺 春菜 菜の花 水菜
●花木  盆梅 紅梅 椿の花 彼岸桜
●挨拶  余寒の候 晩冬の候 向春の候 春寒のみぎり

 


■[
日本と世界の行事]
01日●プロ野球キャンプイン 
01日●米国大統領予備選挙
03日■節分 農業と商業の繁栄を稲荷に願う
04日■立春 暦の上では春が始まる日
05日●札幌雪まつり
07日●ロシア ソチ冬季五輪 
08日●中国の春節(旧正月) 
08日■御事始 針供養
11日●66回ベルリン国際映画祭 
11日●建国記念の日(祭日)
14日●ポルトガル大統領第2回投票
14日●バレンタインデー
16日●アジア最大の航空ショー(シンガポール)
18日●EC首脳会議(ブリュセル)
18日■満月
23日●皇太子56歳誕生日
26日●国際サッカー連盟FIFA会長選挙
27日●サッカーJ1開幕
28日●東京マラソン

 
■[
タイの行事

チュンマイ花祭り 2月6~8日
●万仏節(ワンマーカブチャー)

■■■余談往来■■■■■■■■■■■■■■■■■

■「盛り上がらない
●昨年の軍事クーデター以後、チェンマイロングスティはじめ、マッサージ研修
留学など 日本のシニアのタイへの関心が、一向に盛り上がらない。
何故なのか。
●雰囲気としては、
・2008年反政府軍による長期に亘るスワンナプーム国際空港占拠や、2011年
の大規模な水害の時と同じように、一時的な低迷現象と見て
いたが、1年半近
くたっても明るい材料に欠けるし、日本のシニアの鼓動が、
伝わっ来ない。



●そこで現地、チェンマイにも尋ねてみた。
チェンマイは、いま新春の観光シーズンを迎えて、昨年あたりから日本人に
わって中国の観光客が倍増、観光地は活況を呈しているが、マナーの悪
がた
たって評判はよくない。 チェンマイの観光団体の代表は、今後の大き
な課題
だと嘆いていた。


●その中国人訪タイ観光客は、2014年462万人今年2015年は560万人を超し
て600万人という予測である、日本人の5倍のマンパワーである。

タイ政府の発表では、国の観光収入は、昨年のクーデター前に回復する予測
だという。しかしそこにはかつての日本人観光客のプレゼンスはない。

 

■「ロングステイ退潮の理由
●タイロングステイ退潮の理由は何か、
・まず後続のロングステイヤーが増えていない。
円高の3年前には1万円をタイバーツに換金すると、約4000バーツもどつて
  たが、円安の現在1万円を換金すると、3000バーツにしかならない。
加えてタイ経済が停滞する中、物価が上昇して生活が苦しくなったという
●そのために古くからタイで年金暮らしする日本人ロングステイヤーが、相次い
帰国するという悲しい話が多い。 だからいま、日本からチェンマイにロングス
テイに行くという雰囲気ではない現状だ。


●「
低迷する理由」――――
そこで、低迷する多くのり理由を探ってみると、

・急激な円安、バーツ高がもたらす、旅とロングステイの後退
・クーデター後の軍事暫定政権による政情不安 
・それに伴う、ロングステイ先の他国へのシフト(タイから、マレーシアへ)
・日本のロングステイ世代の交代(団塊へのシフト)
・円安に伴う国内旅行へのシフトなどが想定される。



●しかしよくよく考えて見れば、チェンマイ・ロングステイの中核的なプロモーシ
ョンは、これだけ世の中が進化しているにも変わらず、15年前といまも、殆ど変
っていない。対照世代が移り変われど、
そのセールスポイントは、古都の魅力と、
生活費の安さの繰り返しだった。

●主な退潮の要因は、市場戦略的に言えば、成熟化現象と言えるだろうか。
その時々の日本のシニアの心をとらえる工夫が、全く足りなかったように想えて
ならない。



■「大人の遊学
●そんな時、JTB地球倶楽部が売り出した 極めて斬新な海外滞在の企画
話題を呼んでtる。 「学ぶ、遊ぶ、暮らす」をキャチフレーズにした海外ロング
バカンス「大人の遊学」プロジェクトである。

都会派のアクティブシニアを対照にして、「いくつになっても新しい事に挑戦す
るシニアの皆さんに」 と訴えかける。
そして「ロングステイ」ではなく、「ロングバカンス」と言い換えたところに何か格別
の新鮮さを感じさせる。

●そして、ロングバカンスで暮らす国はーーーーー
・ローマ、フィレンチェ 「ヨーロッパで暮らす」
・ハワイ           「
ハワイで暮らす」
・カナダ             「カナダで暮らす」
・ニュージランド      「ニュージランドで暮らす」
・オーストラリア       「オーストラリアで暮らす」
・マレーシア       「マレーシアで暮らす」
に英語圏の先進リゾートの国が主体だが、円安にも拘らず都会派アクティブ
シニアに好評だという。

 

■「モノからコトへ
●このように、都会派アクティブシニアの新しい余後の傾向は、退潮著しい
ロングステイに、一石を投じた様子だ。
よく言われることだが、日本の消費の主流が、いま「モノ消費」から「コト消費
に大きくかわってきた確証
と言えようか。
「ロングステイ」を「ロングバカンス」 と言葉を変えただけで、イメージが変わり、
盛況になるとは、決して思えない。やはり、それを契機にして、内容を精査し、
日本の顧客の心を掴む新鮮な市場戦略が不可欠だろう。

●「コトは古
都に通ず」、古都チェンマイの素晴らしは、何度訪れても飽かない。
魅力にある。 通り一遍の観光ではなく、そこに少しとどまり、この街を育んだ人
達と知りあい声をかわす、やがてその人達との交流が始まる、そんな夢を叶えて
くれるのが、新しい「ロングバカンス」のコンセプトではないかと思う。

 


 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■時流潮流

2016-01-26 | ●時流・潮流

   
■■■■■■■■■■Head Line News■■■■■■■■■■
                              JANUARY
■「タイ関係情報]
●市場規模6億人のASEAN(東南アジア諸国連合10ヶ国)の経済統合が発足、

■【ASEAN主要国の概要」
(国    名)  ( タイ) (シンガポール)(マレーシア)(インドネシア
(人口 万人)  6408      531     2855    23764 万人
(1人当GDP)  5395   52051    10085     3512 ドル
 宗教仏教%)    94      33       20            
  イスラム教)     5      15       61       89 %
  キリスト教)             11        9           ・

 

■【ASEANをめぐる世界経済との相関図」 (出所 経済産業省9

●アニメ、音楽、日本食など日本文化最大のイベントJAPAN EXPO THAI 2016
  24日開幕、ライブは現地フアンを熱狂させた。

●米国は、TPP交渉へ、タイ国政府を招聘、タイも参加する意向を固めた模様。、
●タイの車生産、2015年191万台、昨年対比2%増
●タイの首都近郊の都市鉄道建設を、日本の3社連合が、1130億円で受注

 
        (来日外国人の人達)


●昨年の訪タイ外国人客2988万人、昨年対比20,4%増

1位中国、793万人 
2位マレーシア、342万人、
3位日本138万人(昨対9%増)
(上期、バンコクのテロや円安で3割減と落ち込んだ訪タイ客は、完全に復活の様子)
●電通、タイメディア研究所を開設、タイ人の好みや消費行動を分析し提供

  

■「日本関係情報
●来年度予算総額、96兆7200億円、社会保障費31兆9700億円
●日本の国全体の正味資産3048,7兆円、対外資産は325兆(9,7%増)、

●公的年金の受給総額は、過去最高の53,4兆円、加入者数6713万人
●2016年年金額据置、厚生年金は夫婦2人モデル世帯月額22万1504円

●マネー変調、原油安と中国の景気不安から年初来の株価、乱高下
●安部政権の司令塔、甘利経済企画相、自身の政治献金疑惑で辞任、、
●ビザ緩和で訪日外国人2000万人時代到来、その旅行消費は3兆4771億円

 

「外国人日本観光インバウンド・スポット人気ランキング2015」
(順位) (スポット)      (所在地)
1位  伏見稲荷大社    京都市
2位  広島平和記念資料館広島市
3位  厳島神社      広島市
4位  東大寺        奈良市
5位  永観堂        京都市
6位  地獄谷野猿公園  長野県
7位  高野山奥の院  和歌山市
8位  侍、剣舞センター  京都市
9位  沖縄美ラ海水族館 沖縄県
10位   箱根彫刻の森美術館 神奈川県
11位   金閣寺       京都市
12    新宿御苑      東京都
13位  富士山       静岡県
14位  成田山新勝寺   成田市
15位  兼六園       金沢市
16位  松本城       松本市
17位  横浜みなとみらい 横浜市
18位  奈良公園      奈良市
19位  ギア専用公園   京都市
20位  弥山         広島県

●訪日客の和のコト消費が拡大、町屋での華道や書道の体験、調理法など

 
日本の子供の夢「大人になったらなりたいもの(第一生命保険調査)
(順位)(男の子)  (女の子
1位 サッカー選手 食べ物屋さん
2位 野球選手    保育、幼稚園の先生
3位 警察官、刑事 看護師
4位 電車運転手  医者 
5位 大工        学校の先生
6位 医者        歌手 タレント 芸人
7位 食べ物屋さん ぺッㇳ屋さん調教師
8位 学者、博士   デザイナー
9位 宇宙飛行士  御店屋さん
10位 消防士救急隊 ピアニスト

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■海外ロングステイの行方

2016-01-15 | ■タイ・ロングスティ事業

■■■■■■■■■海外ロングステイの変容■■■■■■■■■

海外ロングステイの行方
アベノミクッスは、デフレからの脱却を目指して、相当の成果をあげてきた。
しかし異次元金融緩和による超円安と、長引く軍政による政情不安が、シニア
の海外ロングステイに暗い影を落としている。 
聞くところでは、ロングステイのメッカ、チェンマイでは、超円安による生活費の
高騰や先行
き不安などで、現地在住の高齢のロングスティヤーが、相次いで
帰国している
という。

 

●従来から古都チェンマイでは、15万円程度で、ゆとりある暮らしができると
いう事と、恵まれ
た生活環境で、多くのアクティブシニアが移住し 盛況を極め
て来た。
●海外ロングステイが、日本で普及し始めてから既に15年になるが、ロングス
テイ世代が団塊にシフトした2010年以降、海外に永住するロング
ステイヤー
が、毎年減りつつある。 
それに代わって、日本と海外を暮らし替えしてリピートする新しい海外暮
らしのかたち
が、団塊世代を中心に台頭してきた。

●そこで、早速検証してみると、このような新しい海外暮らしのライフスタイルが、
これからの海外暮らしの主流になりつつあることが、判ってきた。これら戦後生
まれの団塊の人たちは、従来の定住型ロングステイから、自分たちの趣向にあ
つた
ライフスタイルを編みだし、新しい海外暮らしのトレンドを広めつつあると言
っていい。

   

団塊世代の実証◼
●それを実証するチェンマイの話がある。

仲良しの2組の定年後の団塊夫婦が、1戸のコンドミニアムと1台の車をシエア
して  3ヶ月間
ごとに、2組が交互にチェンマイでの海外暮らしを始めた。
ゴルフに、食事会に、交流会に、セミナーに、小旅行にと、毎日が楽しいという。

●団塊世代夫妻の巧みな海外暮らしの事例ーーーー

               ■(A組夫婦)      (B組夫婦)    (A組夫婦)    (B夫婦)
(AB用コンドと車)―――――ー―――――――――ー―――――
3ヶ月ごと交互滞在 (期間3ヶ月) 交代           交代        交代           

●ご本人たちにその暮らしぶりについて聞いたところ、変化があって大変楽し
い、期待どうり
の海外暮らしだという。住処のコンドミニアムと車を、2組でシェア
ーし、 3ヶ月毎に日本と
タイを交互に行き交いして、海外暮らしを謳歌している。
そして交代時には、友人家族とタイ国内を小旅行するなど、ビートルス世代らし
い新鮮な発想
に、改めて敬服した次第である。

   

   
●そんなとき、都会派のアクティブシニアに評判の海外旅行企画があることを
知った。
それは海外旅行の大手JCBの地球倶楽部が、海外志向の団塊シニ
アのために特別に企画
した「大人の遊学」である。

●そのコンセプトは、いくつになっても新しい事に挑戦する日本のシニアのた
めにと、呼びかけて「海外ロングバカンスを、暮らすように新しい旅をしません
か?」――と誘いかける。 そのテーマは 学ぶ」 「遊ぶ」 「暮らす」 である。 
従来の海外ロングステイという概念と言葉を超えた、全く新しい発想である。
最初に発売のした[オーストラリアで暮らす」「マレーシアで暮らす」の企画が、
いまヒット中という。

      

学び直しの時代がやって来た◼
●この5、6年間で、日本の社会環境は大きく変わった。特に高齢化の進展で、
あっと言う間
に、高齢者人口が3300が人を超えた。
4人に1人が高齢
者の時代に突入した。
・年金破綻とか、
・介護離職とか、
・下流老人不安とか
・70歳定年延長とか、
定年シニア世代にとって、今までにない暗く厳しい社会情勢である。

  

●そんな時に、「学んで、遊んで、暮らす」ロングバカンスの旅をという、新しい
海外暮らしのコンセプトが、団塊世代シニアの心をわしずかみにたようだ。
それは一億総活躍時代、いくつになっても元気に社会で活躍できる能力を維
持するために「学び直し」が必要と、みんなが思い始めた確証だろうか。

今や、日本の高齢者シニアの健康と長寿は、日本の誇るブランドである。
それ
がもたらすす「シニアの海外暮らし」というプロジェクトは、海外からも大きな
注目
を集めている。 

●そして、こんな時にこそ、今までにない新鮮な切り口の発想が生まれ、注目を
浴びるのが、日本の凄味と言われる所以だろうか。 

   

     
  
 
(古都チェンマイの魅力ある生活情景のかずかず

■「チェンマイの新しい風
● 世界的なリゾートとして知られるタイの第2の都市、古都チェンマイでは、
このような、日本の新しいロングバカンスの動向に対応して、関係業界あげて
の取り組みが始まっている。

●外国人の海外生活ステイを通じて国際交流を推進する
チェンマイ国際財団
は、関係業界を集めてロングステイ協会を結成し、日本のシニア市場の動静を
研究するために、一昨年、昨年と2度に亘り、来日した。

新たに、チェンマイ・ロングステイ国際推進委員会(CCLP)が設立された。
そして日本のシニア市場と日本の団塊シニアを対象に、チェンマイの生活情報
や、タイの文化情報を伝えるために、日本語媒体(FaceBook)を立ち上げ,PR
を開始する。 
やがて読者によるSNS組織を作り、チェンマイを訪れる日本のシニアのために
ワンポイントサービスの体制を確立するという。

約15年前にスタートしたチェンマイロングステイも、その間の世界的なITによ
る情報革命や、世界経済の発展や、日本の世代交代で、より楽しく、利便性の
あるスタイルに大きく変わりつつある。

●しかし、海外でのバカンスとなると、現地の魅力はさることながら、まずは安全
と安心が前提になる。 
それだけに、1日も早い民政移管が待たれてならない。

 

 (日本のシニア市場の視察に訪日したチェンマイ国際財団とロングステイ協会の人達)





 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加