Smile Engineering blog ( スマイルエンジニアリング・ブログ )

ジェイエスピーからTipsや技術特集、プロジェクト物語を発信します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Linuxの勉強を始めよう ~1.Linuxディストリビューション編~

2016-03-11 09:30:00 | 最新技術動向展開
今年ももう(?)2ヶ月が経過しましたが、「今年こそは新しいことを勉強していくぞ」という方に向けてのお話です。

ここ最近、エコシステムというキーワードとともに、OSSの活用が徐々に注目されつつあります。
そのOSSを活用していく中で、どうしても避けては通れないものはLinuxではないでしょうか。
しかしLinuxを勉強するのにどこから手を付けていいのか、迷っている方も多いかと思います。
今回は今時のLinuxの学び始めを紹介していきます。
今日はまず、今時のLinuxディストリビューションについてです。


1. Linuxディストリビューションは何を選ぼう?

 Linuxディストリビューションとは、コミュニティーなどがLinuxを使いやすい形にまとめて、配布しているもののことを言います。
 Linuxをインストールするのに一番手っ取り早い方法は、Linuxディストリビューションを利用することでしょう。
 初心者の方は、比較的情報の集まりやすいUbuntuから始めると、とっつきやすいと思います。
 また仕事でLinuxを触れてる方は、仕事と同じディストリビューション(主にCentOSやFedoraでしょうか)を使ってみるのもありでしょう。
 ですが本気でLinuxを学びたい場合は、敢えて仕事とは違うディストリビューションを使ってみても面白いと思います。
 ここでは、CentOSやUbuntuといった誰でも知ってるディストリビューションの紹介は割愛して、
 上記以外で是非とも知っておきたいディストリビューションを3つ紹介します。


 ・Debian( http://www.debian.or.jp/ ) ~非常に活発な開発コミュニティー~

 DebianはUbuntuの派生元ディストリビューションとして有名ですが、その魅力はなんと言っても豊富なパッケージ数でしょう。
 これはDebianの開発者が非常に多いという点に起因していると思います。
 日本語ML(メーリングリスト)もユーザ用と開発者用がそれぞれあり、どちらも非常に活発なMLです。
 他のディストリビューションとは比較にならないほどの投稿数となっています。

 最新バージョンであるDebian 8(=Jessie※)では、インストール時にデスクトップ環境が選択できるようになっており、自分好みのデスクトップをインストールできます。
 Debianの場合、デスクトップ環境にはGNOME, Xfce, KDE, Cinnamon, MATE, LXDEと非常に豊富な選択肢がありますが、
 これもやはり開発者数が多いからこそ成せるものでしょう。
 なおDebianでは、ややハイスペックなPCを利用する場合はGNOME、古めのPCで動かしたい場合はXfceを選択する方が多いのではと思います。
 ※ちなみに、Debianのコードネームは全てトイ・ストーリーのキャラクター名になっています。

 Debianプロジェクトには、Debianフリーソフトウェアガイドライン(DFSG)と呼ばれるガイドラインが存在し、
 Debianが考える「フリーなソフトウェアとは何か」というのを定義して、これを満たしたフリーソフトウェアでDebianは構成されています。
 このようにガイドラインを明確にすることで、開発者を増やしていったのかもしれませんね。

 ・The Debian Free Software Guidelines (DFSG)( http://www.debian.org/social_contract#guidelines
 ・「あなた」と オープンソース/フリーソフトウェア、 そして「Debian」 (やまね氏の解説)( http://www.slideshare.net/henrich_d/20081107-k-ofsession

 毎月、東京Debian勉強会( https://tokyodebian.alioth.debian.org/ )、関西Debian勉強会( https://wiki.debian.org/KansaiDebianMeeting )も開催されています。
 興味のある方は是非そちらも参加してみましょう。


 ・Linux Mint( http://linuxmint-jp.net/ ) ~DistroWatchで常にトップのディストリビューション~

 DebianはUbuntuの派生元ディストリビューションでしたが、Linux MintはUbuntuの派生先ディストリビューションですね。
 日本ではあまり知られていないディストリビューションかと思いますが、
 DistroWatch( http://distrowatch.com/index.php?language=JP )のページヒットランキングでは、2011年から常にトップをキープしています。
 (こうしてみるとFedoraやCentOSに偏向しがちな日本はちょっと特殊なのかもしれませんね…)

 Linux Mintのデスクトップ環境は、Debianほどではありませんがやはり豊富な選択肢があります。
 Debianのようにインストール時にデスクトップ環境を選択するのではなく、
 インストーラそのものが、Cinnamon版、MATE版、KDE版、Xfce版と分かれています。
 (Mintというと、ちょっとハイスペックなPCの場合はCinnamon、古めのPCでさくさく動かしたい場合はMATEを使う方が多いようです)
 なお最新版のLinux Mint 17.3はUbuntuベースとなっており、インストーラもUbuntuとほとんど似たものとなっていますが、
 DebianベースのLMDE2というものも存在し、Debianに慣れた人はこちらの方がおすすめでしょう。
 Linux Mintの使い方などについては、下記のドキュメントをご覧ください。

 ・Linux Mint Cinnamonエディション オフィシャルユーザーガイド(PDF)( http://www.linuxmint.com/documentation/user-guide/Cinnamon/japanese_17.0.pdf
  (Linux Mintのコードネームは女性の名前だったのですね…)

 使い勝手としては、Ubuntuと似たようなUIながら、さらにシンプルで初心者に扱いやすい印象を受けます。
 日本語環境を整えるのがやや手間がかかる面もありますが、
 そこさえ乗りきれればとても扱いやすいディストリビューションと言えるでしょう。

 世界で最も注目されているディストリビューションLinux Mintを、是非試してみてはいかがでしょうか。


 ・openSUSE( https://www.opensuse.org/ ) ~YaSTでサーバーからデスクトップまでオールマイティーなディストリビューション~

 最後に紹介するのは、こちらも老舗のひとつであるopenSUSEです。
 某Linuxの雑誌にその特徴を「欧州」という(謎の)分類で紹介されてしまうほど、ヨーロッパでは非常に根強い人気を誇っています。
 openSUSEというとデスクトップ環境はKDEと思われがちですが、正確にはKDEの他、GNOME、Xfceなどがインストール時に選択できます。
 比較的古いPCで利用したい場合は、Xfceを選択するとさくさく動くと思います。

 openSUSEの特徴といえば、なんといってもYaSTでしょう。
 YaSTはWindowsでいうところのコントロールパネルみたいなもので、メニューを選択していくだけであらゆる設定ができてしまいます。
 それだけにとどまらず、アドオンを追加していくことでApacheやSambaといったサーバーの設定も全てYaSTから行えます。
 そのため、簡単なテストサーバーを構築したりするときには、非常に便利なディストリビューションと言えるでしょう。
 裏返すとほとんどメニューから選択するだけで何でもできてしまうため、設定ファイルの使い方などを覚えられなかったりします。
 LPICの勉強にはあまり向いていないかもしれませんね。

 また昨年11月にリリースされた最新版openSUSE Leap 42.1では、商用版であるSUSE Linux Enterpriseとコアな部分を統合しました。
 これによりオープンソースでありながら、商用版と同レベルの安定性に達することを期待されています。

 ・openSUSE Leap 42.1 とは? (ちょっと古い記事ですが)( http://www.slideshare.net/ftake/opensuse-leap-421

 最近ではopenSUSEの日本コミュニティーもコミケで冊子を販売するなど、徐々に活発になってきました。
 まだopenSUSEを使ったことがない方は、是非一度お試しいただけたらと思います。


・まだまだ他にもある…

 他にも注目されているLinuxディストリビューションは沢山あります。
 ・ローリングリリースモデルで注目を浴びているArch Linux
 ・某国立大学で絶大な人気を誇るGentoo Linux
 ・Windowsに画面がそっくりで初心者にも優しいZorin OS

 その他にも挙げればキリがないほど沢山あるので、いろいろ試して自分に合ったものを使ってみるのが一番でしょう。

 次回はLinuxを活用する方法を紹介していきます。

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« データ転送 | トップ | Linuxの勉強を始めよう ~2.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。