JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

大会に向けて2017

2017-04-18 08:30:00 | 日記
 前回のブログが3月21日、若干早目ではあるものの、あれからもう1カ月も経ったかと思うと月日の流れの早さには毎度ながら驚かされてしまう。

 今回はまたまた趣味でやっている太極拳の話。以前のブログで太極拳の大会について書かさせて頂いたが、今年度は大会が5月の初旬に開催されることになった。例年だと10月に開催される大会が、会場として利用しているスポーツセンターが諸事情により同時期に確保することが出来なくなったため、前回からあまり間を置かず、5月初旬開催となってしまった。

 太極拳の本質から言えば、本来技能は各個人が磨くものであり、表演は日頃の成果を見せる場にしか過ぎない。特に団体表演は、個々の技の正しさよりも、どれだけ皆が揃った動きとなるかを重視するため、大会向けの練習はいつもの練習と異なるものになってくる。

 大会は各団体にとって数少ない日頃の成果の発表の場である。日々の練習は個々に属するものとはいえ、年に一度の大会は、練習にもメリハリを与え、ややもすれば単調になりがちな練習に多くの刺激を与えてくれる。そうした大会で他団体も見ている中で、恥ずかしい表演をすることはできない。普段なら1年かけてじっくりと練っていくところを、今回はかなり短期間で仕上げないといけなくなってしまったため、10月と同じ表演を行う団体も多いようだった。

 そうした中、自分が所属する団体の先生は例年同様新しい表演にチャレンジすることを選択した。会員達に走る動揺。間に合うのかという気持ち反面、例年大会用の練習に入るのは2~3カ月前ごろということから考えれば何とか間に合うだろうという半ば開き直りのような気持ちが交錯していた。

 通常の表演では、皆が同じ向き、同じ動作で行うことがほとんどであるが、自分の所属する団体は例年フォーメーションに凝っていて、パターン的には、バラバラの動きがだんだんと収束していき、綺麗に並んで表演を終了するという流れになる。今回も大きな流れは例年通りだが、2列の並びが途中で分離し方向を変え、途中で間をすり抜けながら最終的には4列になる動きであり、バラバラでありながらも、それぞれのまとまりの人達は動きを揃えないといけないというかなり難易度が高いものになった。

 大会で使用する曲が決まり、いよいよ音楽に合わせて練習を行う。最初に想定していた動きでは、想定の場所に向かうことができず、向きや回数など調整が入る。新しい案で試してみたものの、今度は間隔が狭まり過ぎ、ぶつかったり、非常に委縮した動きになったりしてしまう。試行錯誤を繰り返しながら調整を繰り返し、何とかある程度の形に持っていくことができたとしても、1週間後の練習で新たな問題が発生するなど、なかなか苦戦していたが、前回の練習で、動作についてはようやく一通りのパターンを定めることができた。

 動きが定まったら、次は皆で揃えること、正しい動作をすることについて重点を置いた練習になっていく。残された練習時間はそれほど多くないにも関わらず、やるべきことはまだ盛りだくさんの状況であるが、前回同様、終了後に美味しいお酒が飲めるように、悔いの残らない練習を行っていきたい。(池)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 48年後 | トップ | ちょっとした感謝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。