JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

しらないこと

2017-04-11 11:41:04 | 日記

先週の火曜日の夜に1歳8か月の娘が急に40度近い熱を出してしまいました。
熱だけならすぐに下がればと思っていたのですが今までにない機嫌の悪さもあり水曜日に病院へ連れて行ったところ右耳が中耳炎との診断。
処方された薬を飲ませたところ木曜日の夜には一度37度台まで熱は下がったのでこれで一安心と思いきや金曜日には再度40度の熱が。
土曜日に再度病院へ行ったところ今度は両耳中耳炎とのこと。
結局週末は熱が下がらず月曜日に耳鼻咽喉科にて鼓膜を切開、中にたまった膿を出してもらったところ熱は38度台までしか下がらなかったものの機嫌は一気に戻りました。
熱でのしんどさもあったと思うのですがどうやら耳の痛みが絶えれなかったみたいです。

今回急性中耳炎と診断されていろいろ調べたのですがほんと知らないことだらけでした。
まず耳の病気だから耳からばい菌とかが入ったのが原因なのかなと思っていたのですが菌が入ったのは多分鼻からとのこと。
実は熱が出る前から鼻風邪をひいていたのですがよくそのような状況から細菌が入り中耳炎にはなってしまうとのことでした。
プールで耳に水が入ってしまうのは良くないと思っていたのですがあまり関係ないみたいです。

今回病院に行ってすごいなと思ったのは病院の先生方です。
小児科と耳鼻科へ行ったのですが話ができない子供の原因を親からの情報をもとに診断をするのだからすごいですよね。
もちろん中耳炎は小さい子にはよくある病気みたいなので先生からすると当たり前に診断しただけなのでしょうが親からすると原因がわからずに熱が出続けたり常に泣いてぐずってしまっているとどんどん不安になってしまいますので。
話ができない子供を診察するのと同様動物病院の先生方も同様の診断の仕方だと思うと改めて本当に大変だなと思いました。

中耳炎について知らなかったと書きましたが、数日前にはちみつを離乳食に入れていたためにお子様が亡くなるという残念なニュースを目にしました。
離乳食については完全に妻に任せていたので恥ずかしながら私は知らなかったのですが妻に聞いたところ常識だといわれました。
はちみつ以外にもダメなものを調べたところ、青魚・刺身(生魚)・貝類・エビカニイカ・そば・大豆・ピーナッツ・ゴマ・山芋・餅・・・・
いっぱいですね。
それぞれ食中毒の可能性やアレルギー、のどに詰まるなど食べてはいけないとしている理由は異なるもののほんと気を付けないといけないものがこんなあるなんて。
ちなみに私がインスタントのそばを食べていたところ娘が目を輝かせながら口を開けてきたのでうっかり食べさせてしまったことがあります。
すぐにそばにはアレルギーの可能性があることを思い出し様子見したのですが幸い娘にはアレルギーはなかったのか何事もなくまた口を開けていました。
そもそもインスタントなんてあげるの良くないのでそれ以上は食べさせていませんが安易な行動でしたね。

あまりあれが危ないこれが危ないと私が心配しすぎると妻からは心配しすぎ!!!と怒られるのですが口に出さないにしてももっと子供の病気について知っておこうかなと思った今日この頃です。(の)
moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メールからチャット | トップ | Idleness is the mother of a... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。