JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

新しい家族2

2017-07-31 11:27:27 | 日記
昨日、我が家に新しい家族が増えた。推定6歳のチワワを里親として我が家に迎えたのである。これで犬が2匹となった。

ちょうど一年前の今頃、我が家では始めての犬を飼い始めた。生後2か月で我が家にやって来てから約1年間。健康に育ってくれてはいるが、一匹で飼ってきたせいか人見知り、犬見知りが治らずに困ってる。家族以外の人に会うと吠えるし、散歩やドックランで他の犬に囲まれると、しっぽを丸めて逃げ回っている状態で他の犬とうまくコミュニケーションが取れないでいた。

共働きの我が家では日中は誰もおらず、犬一匹で留守番をしているのもかわいそうだし、犬見知りもどうにかなるかもしれないということで、妻と子どもたちが2匹目を検討していたのである。

ある里親サイトでかわいいチワワを見つけて、6月末に「ふれあい会」というイベントに会いに出かけた。

イベントにはいろいろな理由で保護された犬が集まっていたが、我が家で里親となったチワワは、ブリーダーから保護されたということだった。

すべてのブリーダーがそうではないと思うが、ブリーダーで飼われている犬は、ペットショップに販売する子犬を生ませるために家畜として飼われ、狭いケージの中で散歩もしてもらえずに一生を過ごす犬が多いのだとか。

ペットショップという商売がある以上、このような世界が存在するのは仕方がないのかもしれないが、いろいろと考えさせられた。

先週の土曜日。まずは里親トライアルということで、我が家に迎えた。

我が家に迎えるにあたっての心配は、先住犬である犬見知りの長男と仲良くできるか?であった。チワワの方は、たくさんの犬と暮らしていたようで長男をあまり気にしていない様子だったが、長男の方はかなり戸惑っていた。

最初の2、3日は、お互いの存在を認め合う時間としてあまり触れあわないようにして様子をみていたが、なんとかトライアル期間中にお互いのお尻の匂いを嗅ぐなど、少し距離が縮まったようだ。

これなら問題なさそうだ。ということで、トライアルが終了した昨日、正式に我が家の家族となった。



チワワの方は、これまで散歩をしてもらえていなかったようでまだ散歩を怖がって外を歩くことができないが、2匹でお揃いの服で散歩練習中である。

長男の犬見知りもこれで改善されると良いのだが。。。

(岳)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャンプ | トップ | ひざがいたい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事