JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

エネルギーが安くなったら

2017-11-20 08:22:42 | 日記
 あらゆる意味でエネルギーに関する技術革新が世界を変える鍵になりそうだ。化石燃料に変わる、効率が良く自然破壊と無関係なエネルギー資源の開発。安価で高効率なエネルギー貯蔵方式の発明。今のところ、既にそれらが開発されたり発明されたりしているのかどうか、よくわからない。もしかするとかなり進んだ研究もあるかもしれないが、世界的に大きなインパクトがある研究成果は安易に発表されない。
 
 銃の乱射事件などを経て銃規制の道こそ社会のためには正しいと多くの人が考えるようになってもなお、銃をビジネスの主体として生活している方々からは反銃規制のキャンペーンが起きる。今お金持ちの大半は例えば石油や天然ガスや武器などの商売で潤って来た方々である場合が多い。その彼らが石油不要な世界到来を予言する発明や研究を簡単に認めたりしないだろうことは容易に想像がつく。おそらく世界中で注目される前に自分の陣営に取り込み、どのように対処すべきかじっくり考えるはずだ。世界的な大企業が情報セキュリティに気を付ける意味もよくわかる。そしてそれを狙う人たちがいることも。
 
 全ての家屋の屋根という屋根を太陽光発電のパネルで覆い、空いている土地の至る所に大規模な太陽光パネル発電所を作ろうと計画している人たちがいる。宇宙開発も同時に進めているイーロン・マスクなどがその筆頭だろう。太陽光パネルだけでは夜間や悪天候の日の電力を確保することができない。そこでそれを補完する安価で効率の良いエネルギー貯蔵方式の発明が求められるわけだが、今現在はリチウムイオン電池や全個体電池などの電池の改良で対応しようとしている。
 
 発電にしろ貯蔵にしろ皆が熟知している既存の技術の方が低コスト化の可能性を秘めているのか、核融合や室温超電導のような既知ではあるが未開拓の次世代技術に勝算があるのか、さらに未知の新技術に賭けるべきなのか、今はよく分からない。それでもエネルギーコストを大幅に下げる技術が世界標準化されれば、世界は大きく変わる、それだけは、はっきりしている。
 
 まず物価が大きく下がる。あらゆるものにかぶさっている燃料費が大幅に下がることによって何もかもの値段が下がる。良いことだが、短期的に見れば日本のような借金国は倒産しかねない。インフレ(のような状況)にして借金の重みを下げようという道筋を描いている人たちからすると全く逆の動きだ。何もしないうちに借金の重みが100倍にも1000倍にも膨れてしまいかねない。アラブの国々もアメリカのシェールオイル業者も大きな負債を背負うことになるだろう。経済が大きく混乱し世界的な危機に繋がる可能性すら秘めている。
 
 とは言え長期的に見れば、エネルギーの革新的技術は世界の新しい秩序を構築することができる基礎になる技術であることは間違いない。人が人のために生き、新しい世界の開拓にチャレンジすることを惜しまない未来がそこにはあるだろう。海底や地底や宇宙など、人間の活動領域が飛躍的に広がって行くことが予想される。是非そうあって欲しい。(三)
 


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 285km | トップ | ひろゆきさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事