JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

旅行記

2017-05-10 09:30:13 | 日記
みなさんは今年のゴールデンウィークはどのように過ごされただろうか?
今年は祝日が土曜日に重なって休みが少ない年らしいのだが、ゴールデンウィークは休みを上手く繋げると9連休ということもあり、旅行に出かけた方も多かったのではないだろうか。我社でも旅行に行った人が多かったようで、今週はお土産の食べ物が社内に充実している。中にはこの長い休みを利用して新婚旅行に行った人や反対に家からほとんど出ずにゲームに没頭していたという社員もいた。

我が家のいつものゴールデンウィークはのんびりと自宅で過ごすことが多いのだが、今年は親戚を訪ねて滋賀県に遊びに行くことになった。3月まで町田に住んでいた親戚が仕事の都合で滋賀県に引っ越したのだ。今回のプランは、せっかく滋賀まで行くのでということで、「親戚を訪ねて滋賀⇨京都で観光⇨田舎の岡山でのんびり」の2泊3日弾丸よくばりプランを強行した。

出発は5月3日の早朝4時だった。我が家の旅行は車で出かけることがほとんどで今回も車で出かけた。渋滞予想では下りのピークが3日だということだったので、渋滞を少しでも避けようと早朝4時に出発したのだが、きっちり渋滞にハマってしまった。順調に行けば9時には親戚の家で合流する予定だったのだが、渋滞にはまってしまったため、いきなりの予定変更。遊びに行く予定だった彦根城に現地集合ということになった。彦根城についたのは12時近かったと思う。ここまでで出発してから8時間もかかってしまった。

彦根城といえば、NHKの大河ドラマ「井伊直虎」の影響で、井伊直弼ゆかりの城として人気があり予想通り人で溢れていた。できれば城内に入りたかったのだが、さすがゴールデンウィーク。人が多すぎる。せっかく遠くまで来たのだが、城内に入るのは諦めて、城下町でお昼ご飯を食べて退散した。

彦根城を出た後は、親戚の自宅を目指して琵琶湖沿いに車を走らせた。琵琶湖沿いを走っていて思ったことが2つあった。
1つは、アウトドア好きには最高だろうなということ。琵琶湖沿いを走っているとキャンプやバーベQができる施設がたくさんあった。また、釣りをしている人もたくさんいた。本格的に湖にボートを出して釣りを楽しんでいる人もいれば、地元の人だろうか、普段着のまま穴場的な場所で釣りを楽しんでいる人もいた。

もう1つは、琵琶湖はやっぱり大きいと実感したこと。さすがは日本最大の湖だ。親戚の自宅は琵琶湖の南側の大津市にあるが、彦根城から湖沿いに50kmもあった。なんとなく琵琶湖沿いに走っていればすぐに着くだろうと思っていたが、いくら走っても到着しない。確かに普段通勤している茅ヶ崎〜横浜が約30kmでそれよりも遠いのだから当たり前だ。

2日目は、滋賀から京都の宇治に出かけた。
ゴールデンウィークということもあり、京都駅周辺は避けて平等院に出かけることにした。何を隠そう私は京都観光は初めてだった。修学旅行で京都・奈良の観光をしたことがある人が多いと思うが、私は中学の修学旅行が東北、高校が沖縄だった。学生の頃は、京都・奈良より東北や沖縄でよかったと思っていたが、不思議なもので年を取ると京都や奈良が楽しそうに思える。宇治の食事はやはりお茶づくしだった。お昼は茶そば。休憩では抹茶ソフトなどを堪能した。子どもたちは、ソフトクリームは王道のバニラが良いそうで、立ち寄ったお店では抹茶ソフトしかなく少し不満だったようだ。

その日の夕方には、私の田舎である岡山に移動して3日目はのんびりと過ごした。子どもたちと川でカニをつかまえたり、山でタケノコを取ったり。そして、夜10時に岡山を出発して約10時間かかって神奈川県に帰還。
天気にも恵まれて充実した連休だったが、これまでで一番ハードなゴールデンウィークだったような気がする。

(岳)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャンプ | トップ | ゴールデンウィークを振り返る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。