JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

スケジュール立案

2017-11-13 08:23:35 | 日記
 スケジュールを立て、それを推進する、という行為は人間の営みの中でもかなり高等な部類に入る。イルカやチンパンジーが賢いと言っても、とても真似のできるものではない。計画が日単位や週単位なら子供でも何とかなる。月単位や年単位となると大人でも難しい。実現可能性の高い年単位のスケジュールを立て、それを滞りなく推進するには相当の知識と経験が必要だ。それが10年20年の単位となると、そもそも計画を立てることが難しい。原発の廃炉の計画はおよそ40年とされている。すでに初めの6年が過ぎたが当初の思惑と比べ大きく遅れている。
 
 やるべきことがこれほどはっきりしている問題の対応ですら、長期見通しを立てるのは難しい。それほど難しい問題を私は往々にしていとも簡単に「どう?できた計画?」と若い連中に聞く。将来こうありたい自分に向かって何の計画も無ければ実現することなどあり得ない。頂きを目指す目標を立て、一歩ずつ登る以外そこに到達する手はない。ところが、繰り返しになるが、長期計画を立て、それを推進して行くことぐらい高度に知的な作業は無い。まだまだこれからの若い方々にそれを問うのは本来酷な話しなのである。

 そのためか親や学校や企業や国などが本人に代わって、長期の育成計画を作り、それに則って頑張っているうちに、いつかそれなりの人物になって行くコースが昔はどの国にもあった。長男は家業を継ぐ、などというのが一つの例だ。イノベーションが世界を変えて行く今日、常に新しい仕事が生まれている。家業を継ぐという形で長期計画を実現する方式では衰退した結果誰の役にも立たない仕事を身に着けるために長い時間を使うことになりかねない。長期スケジュールを立てる難しさはそういう未来予測の難しさでもある。
 
 長期計画を立てる力量を身に着けるためには、中期計画を立てる力量を身に着けなければならず、中期計画を身に着けるためには短期計画を立てる力量を身に着けなければならない。つまり何でもそうだが少しずつレベルアップするしかないのである。まず1日のスケジュールをしっかり立てる練習をしてみる。会社に出社している時間だけ考えてはいけない。1日24時間をどう使うかを考えることだ。実際、きっちりスケジュール通りに生きることなど誰にもできない。出来ないスケジュールを立てるほどつまらないことは無い。つまり良くできたスケジュールは適当に柔軟性があるスカスカのスケジュールになるのだろうと思う。
 
 しかし、自分自身の生活をよく観察した結果出来上がった1日のスケジュールは1日だけで終わらない。1週間や1ヶ月のスケジュールに続いて行く。あれもこれも盛り込みたいと思っても1日ではどうしようもないからだ。仕方が無いので「これは火曜に。いや水曜かな」「これは土曜の午前中に」などと少しずつ広がりを持って行くことだろう。スケジュールを考えながらほんの少しでも欲が出て来たらラッキーだ。長期的な目標を実現するための学習や練習の時間を1週間に1回30分とか1ヶ月に1回1時間とか、どこかに割り振ってみるといい。自分で作った自分の行動スケジュールが自分を伸ばして行くだろう。(三)
 

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故防止に

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天橋立、熊野、伊勢へ | トップ | 自動券売機 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事