ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

デンマーク: インスタント・ビール

2016-10-15 17:20:39 | 日記
2016年10月15日(Sat.) 今朝は、この秋で一番の冷え込みになったところも多かったようですね。 しかし、日中の日差しは結構強くて汗ばむくらいでした。 さて、このニュースは、どのように受け取ったら良いのでしょうか? ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 10月14日発 )

<原文の一部>
Danish brewery develops instant beer powder :  デンマークの醸造所がインスタント・ビール・パウダーを開発

Initial output will be alcohol-free, but the know-how exists to produce the real McCoy
最初の製品はノン・アルコールになる見込みですが、ノウハウとしては「本物」を作れるものを有しています。 (注: the real McCoy = the real thing )


How's about a cold one? (photo: To Øl) (冷たいのは如何?)

October 14th, 2016 3:40 pm| by Ray W
Brewers from Copenhagen’s To Øl brewery have created a freeze-drying procedure that eliminates the sugars, proteins and fats in beer and leaves behind a powder that consumers can produce beer from by just adding water.

The craft beer comes in four different varieties: dark, fruity IPA, hoppy IPA and pilsner.

To Øl said the powder will allow people to enjoy beer in places where it’s not normally easily accessible.

(抜粋)コペンハーゲンにある醸造所 To Øl brewery は、フリーズ・ドライ製法によってビールの中の砂糖・タンパク質・脂肪を除去し、残ったパウダーは、消費者が水を加えるだけでビールにすることができると言う手法を作り出しました。 このクラフト・ビールは4種を揃えており、濃いタイプ、フルーティなIPA(注: India Pale Ale クラフト・ビールの一種)、ホッピーIPA、そしてピルスナーです。
To Øl は、このパウダーがあれば、場所を選ばず楽しめますと語っています。

Not quite ready for prime time
The powder isn’t ready for the market yet, and the beer powder does not contain alcohol.

If a version containing alcohol is released, it could encounter approval issues in many places. For example, although the federal government in the US has approved Palcohol (the powdered alcohol), several states have already moved to ban it, saying that it could be abused by minors, snorted or used to spike someone’s drink.

(抜粋)プライムタイムにはまだ用意できていません:  このパウダーは、まだ市場には供給されていません。 また、アルコール(成分)は含まれていないのです。 もし、アルコールを含むタイプが発売されたら、いくつかの場所で承認手続きが必要になるでしょう。 例えば、アメリカの連邦政府とか、また、いくつかの州では既に禁止に動いています。 理由として、未成年者が悪用する恐れや、麻薬を吸う( snort )とか、誰かの飲み物にアルコール(粉)を投入するなどが考えられるからです。

Beer gypsies
To Øl is a gypsy brewery, which means it does not own its our own facilities. They tend to be nomadic, using several facilities, and to produce a wide range of beers.

(抜粋)ビールのジプシー:  To Øl は、ジプシー醸造所です。 それは、自家醸造所施設を有していないからです。 彼らは放牧民的であり、いくつかの施設を利用して、様々なビールを作っているのです。


***

パウダー式のビールはどうなのでしょうか。 通常のものが入手できるのであれば、敢えて、パウダーのものを飲むことはないのでは? 但し、持ち運ぶような場合においては有用かも知れませんが・・・、それにしても「水」は必要ですしね。

まァ、有意義な用途が出てくるかも知れません。 但し、悪用を意図してはならないでしょう。



今日は週末の土曜日、本物( the real thing )のお酒で喉を潤しますか? ( wet your whistle )  私は、Irish Whiskey で。


***




***

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デンマーク: 寒い冬がやっ... | トップ | ケルティックな話題: Samhain »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。