ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

イギリス発: 翼の戦士登場、オランダ

2016-09-15 15:41:10 | 日記
2016年9月15日(Thu.) 今日は畑で草取り、数日に1回ぐらいの頻度で行っています。もちろん除草剤などは一切使用しませんので、手作業です。 マルチを使う方法もあるのでしょうが、我が家のクライン・ガルテンでは手作業に徹しています。 グリホサート(除草剤成分)などの使用は、健康を害する懸念もあるとされていますので、全く考えられません。 また、受粉虫を絶滅させる恐れのあるネオニコチノイド(ネオニクス)などを含んだ殺虫剤も使用しません。 

さて、昨日はドイツ北部の港湾に現れた人懐っこいイルカのことでしたが、今日は、お隣オランダの警察が、「 Eagle: 鷲」をある目的で飼育・調教していると言う話題です。 ( ニュースソース:  The Guardian 9月12日発 )

<原文の一部>
Eagles v drones: Dutch police to take on rogue aircraft with flying squad
イーグル対ドローン: オランダ警察は、不正な飛行物体を飛行部隊で捕捉します。

Officers unveil ‘low-tech solution to high-tech problem’ after birds of prey prove ace interceptors in tests
当局者は、猛禽類がエース・インターセプター(注: 迎撃機)であることをテストで見せたあとで、「ハイテク問題をローテクで解決する」と語っています。


A young eagle displays its skills during the demonstration organised by the Dutch police. Photograph: Emmanuel Dunand/AFP/Getty Images

Dutch police are adopting a centuries-old pursuit to resolve the modern-day problem of increasing numbers of drones in the skies, becoming the world’s first force to employ eagles as winged warriors.

“It’s a low-tech solution to a high-tech problem,” police spokesman Dennis Janus said as officers and their feathered friends gave their first public demonstration of the birds’ prowess.

A series of tests have been organised since early 2015, and the Dutch forces announced Monday that the results had been good.


The eagles will now be launched whenever drones are believed to be posing a danger to the public, such as during sensitive state visits or if the remote-controlled tiny craft are flying too close to airports.

(抜粋)オランダ警察は、最近の問題でもあるドローン対策として、歴史ある古い方法を採用しました。それは、「翼の戦士”鷲”」で、世界初となります。 2015年の始めから取り組み、今週の月曜日(12日)に、結果は良好だと発表しました。 ドローンが公共の場や空港などに接近して、危険な兆候があると思われる場合には、鷲がいつでも飛び立つことができるようになります。


Photograph: Emmanuel Dunand/AFP/Getty Images

The aim of the tests was to determine the best way to bring down the drones.

“None of the eagles were hurt, but as for the drones, none of them survived,” said Janus, brushing aside concerns from animal rights groups.

“The eagles see the drones as prey and intercept them as they are flying, before landing where they feel safe with the drone still in their claws.”

Dutch police have now bought their own birds, which have reached five months old.


About 100 police officers will be trained in working with the eagles, and the Dutch “flying squad” could go into action next summer.

(抜粋)テストの目的は、ドローンをどのような方法で降ろすかを決めることにありました。 「鷲が傷つくことはありません。しかし、ドローンにとっては、逃げる術はありません。」と、動物愛護団体の心配に対して語っています。 「鷲がドローンを発見すると飛翔して捕捉し、爪で捕まえた状態のまま安全な場所に着地するのです。」  オランダ警察は自前の5ヶ月になる鳥も確保しています。 また、100人ほどの警察官が鷲とのトレーニングを行っており、このオランダ「飛行隊」は来夏(2017年)には実戦配備となります。


Photograph: Emmanuel Dunand/AFP/Getty Images

In the meantime, the police will use birds supplied by a specialist company, Guard From Above.

As in other countries, increasing numbers of drones are invading Dutch skies, raising concerns in places such as airports and restricted, sensitive areas.

“We haven’t found any other method to intercept the drones, but we are continuing to explore other possibilities,” Janus said, pointing to such things as nets or finding ways to electronically take control of the drones.

(抜粋)一方で、警察は、これらの鳥をスペシャル・カンパニーから供給してもらっています(注: 現在のところ・・・か)。 また、他の国同様に、多くのドローンがオランダの空域に侵入しており、それは空港や制限区域、注意を払わなければならないエリアなどへの侵入が増加しています。 「ドローンを阻止するため、他に良い方法は見つからなかった。しかし、他の可能性への探求は続けます。」  さらに、ネットや電子的な方法によるドローンのコントロールも視野内の一つだとも指摘しています。


***

無節操なドローン利用者もいるのでしょうし、意図的な攻撃で使用を試みる連中も予測されます。 また、大型の猛禽類である「鷲」を利用する価値はあるのかも知れませんが、4つか、それ以上のプロペラが回転する飛翔体を、爪で捕捉するには危険が伴うことでしょう。 さらには、空港で大型ジェット機のエンジンに吸い込まれる事故も想定すると、必ずしもベストの選択肢とは言えないのかも知れません。 (鷲にとっても迷惑でしょうし・・・)

パートナーの一員として考えるのであれば、自ら危険を回避する術も教え込んでもらいたいものです。 「物(もの)」ではありませんし・・・。


*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ: 人懐っこいイルカ現る | トップ | デンマーク: 大切にする中古品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。