ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

デンマーク: 夜間勤務は脳にダメージ

2017-04-21 17:02:34 | 日記
2017年4月21日(Fri.) 看護師の夜間勤務は脳へのダメージを伴うもの・・・と読みましたが、どうやら、それ以外の職業に対しても言えることのようです。 ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 4月20日発 )

<原文の一部>
Working nights might give you brain damage, Danish study indicates
デンマークの研究によると、夜間勤務は脳へのダメージを伴う恐れがあります。


A new Danish scientific study points to the fact that working night shifts can increase the risk of Alzheimer’s and dementia
新しい研究結果によると、夜間勤務はアルツハイマーや認知症のリスク増加の恐れがあると指摘しています。


Night work can seriously damage your health (photo: Pixabay)

April 20th, 2017 3:28 pm| by Stephen Gadd
Danish researchers have recently released a scientific study of the lives of 18,015 nurses and found that 270 of them died from either cardiac ailments, diabetes, Alzheimer’s or dementia, Ugebrevet A4 reports.

The study found that the incidence rate of these diseases was much higher among nurses who worked evening or night shifts.

Professor Zorana Jovanovic Andersen from the centre for epidemiology and screening at Copenhagen University said her team expects these findings could be extrapolated to other jobs with similar results.

“Night work doesn’t only affect nurses, but everybody who works at night,” she said.

(抜粋)18,015人の看護師を対象とした最近の研究結果によると、その内の270人が心臓疾患、糖尿病、アルツハイマーや認知症などのいずれかで死亡しています。 そして、これらは夜間勤務の看護師に高い傾向が見られます。 CPH大学の担当教授によると、この傾向は看護師以外の仕事にも共通的で、「夜間勤務は看護師に影響を与えるだけのことではなく、夜間勤務する全ての人に言えます」 と語っています。

Increasing the chance of dying
The study is the first to show that night work can cause damage to the brain, and researchers estimate that night work increases the likelihood of premature death by 26 percent.

Statistics-wise, there is still an element of uncertainty, and the figure can lie somewhere between 5 and 51 percent. There was also a slightly surprising finding, inasmuch as the risk proved to be highest for those on evening, rather than night shifts.

On top of this, even though people doing night work have more health problems than the norm, there is still disagreement as to what the cause really is.

However, Dorte Steenberg, the vice chairperson of the Danish nurses organisation, thinks the problem should be taken seriously and urgently looked into.

(抜粋)死亡リスクの増大:  この研究によると、夜間勤務は脳にダメージを与えるとしており、早死の可能性を26%増加させるとしています。 そして、不確かな要素はあるものの、夜間(深夜)勤務よりも、むしろ夕方以降の時間帯勤務の方がリスクが高いそうです。 いずれにしてもノーマル(日中勤務)よりもリスクは高く、看護関係機関の副委員長は、問題は深刻に受け止めるべきことであり、速やかに調査するとしています。

***

こうした時間帯の勤務を避けられない分野もあり、問題があるからと言ってその業務を退けることもできないでしょう。 せめて、短時間勤務や交代制を強化するなどで、高いリスクを低減することぐらいしか対処方法はないのかも知れません。 高い志で関連する業務・職業を選ばれる方々には敬意を表したいと思います。

また、こうした勤務に該当する方々は、くれぐれもご注意下さい・・・。



片や、昨今、嘆かわしい政治家(日本)が少なくありませんね。 身の処し方は当人に任せるとか、驕りや気の緩みがないよう気を引き締めるとか、反省反省だとか・・・。 聞いていて片腹痛い思いになります。 国民や市民の前面に出て、人々をリードすべき立場でなければならない人は、「反省」などと言う言葉を安易に使う場面があってはならないでしょう。

過失的な意味合いでの失敗は誰にでもあり得ることでしょうが、故意にやっていることに 「反省」 は通用しません。 そんなレベルの人に政治家・為政者である資格は毛頭ありません。 逆に、これだから今の政治は貧困なのでしょうか、そうかも知れませんね。

*** 下の写真は、記事に内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロイター発: 自転車による... | トップ | ドイツ: ケルンは警戒態勢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。