ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

ドイツ: Advent calendar 6日目

2016-12-07 14:54:10 | 日記
2016年12月7日(Wed.) 日本の現政権は、国内でのカジノを認めようとしているようです。ある与党側議員がコメントしていましたが、多くの先進諸国では当たり前のことになっている・・・と。 しかし、よいことはマネる・学ぶべきと思いますが、何でもかんでもマネるのはどうでしょうか。 日本の魅力は、極東(最果て)の・日出る国の神秘であったり、緑豊かで山川あり海あり、ヘルシーな日本料理あり、西欧から見ての古式ゆかしき伝統がある、木造家屋や神社仏閣、そして京都を始めとする古都がある。人々も誠実で、大人らしく静か・・・。 他のアジア諸国とは趣が異なる面もある等々。 決して、カジノを日本にも作って欲しいと考える外人は多くはないでしょうし、日本国民の中も同様ではないでしょうか。 日本の魅力は、他のところに多くあることを、議員諸氏も学ぶべきでしょう。 旅行程度ではわからないこともあり、海外で暮してみてわかることも少なくないのです・・・実感として。

つまり、誰のための法整備化なのでしょうか。 また、こうした分野は、好ましくない世界が暗躍することともリンクしている可能性があるかも知れませんし、積極的に取り組む・取り組むことが望ましいとする考えには至らないのが一般的と思います(私見)。



さて、ドイツから Advent calendar の続きになります。 ( ニュースソース: DW-DE 12月6日発 )

<原文の一部>
24 German Christmas facts: DW's Advent calendar
Open a door each day of Advent to discover a new, interesting fact about Christmas in Germany.


St. Nicholas Day
Some 144 million chocolate Santas are produced each year in Germany, though with 213 million, considerably more chocolate Easter Bunnies are made. Every third chocolate Santa is exported to countries like the US, Australia, India and Japan.

(抜粋)聖ニコラスの日:  約1億44百万個のチョコレート・サンタが毎年、ドイツで作られています。しかし、たぶん2億13百万個以上のイースター・バニーが作られてはいます(イースターの時)。 3分の1のサンタ・チョコは、アメリカ、オーストラリア、インド、そして、日本などの国に輸出されています。

***

私も日本で、このサンタ・チョコ(ドイツ製)をもらったことがありますが、輸入食品などを扱っているお店などでも入手可能なのかも知れません。 ちなみに、12月6日は聖ニコラスの日(命日)とされており、子供達にとっては、楽しみな一日になっているようです。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ: Advent calendar ... | トップ | デンマーク: バス停を飾る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。