ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

ドイツ: スクランブル発進

2017-07-16 17:21:49 | 日記
2017年7月16日(Sun.) まだ梅雨明けもしていませんが、今日も猛暑が続いています(愛知県)。 さて、何事か? と思わせる写真がUPされていました。 一瞬、忌まわしい Germanwings の記憶が頭を過ぎりました。 ( ニュースソース: DW-DE 7月16日発 )

<原文の一部>
German jets help Korean passenger plane make emergency landing in Stuttgart
ドイツ機が韓国旅客機の緊急着陸を手助けしました、シュツットガルトで。

The Bundeswehr deployed two fighter jets to help a Korean Air passenger plane make an emergency landing at Stuttgart airport. The aircraft, en route to Zurich from Seoul, had lost contact with air traffic control.
ドイツ空軍の2機の戦闘機が、シュツットガルト空港への韓国旅客機の緊急着陸を助けました。 この旅客機はソウルからチューリッヒに向っていたもので、航空管制との通信手段が途絶えていたのです。



A sonic roar rung over the German city of Stuttgart on Saturday evening, as the Bundeswehr deployed two fighter planes to intercept a Korean Air passenger plane when radio contact cut out. It was unclear why contact with air traffic control had been lost.

The passenger aircraft was eventually escorted by the jets to Stuttgart airport where it made an emergency landing.

(抜粋)土曜日の夜、警報音がドイツの都市シュツットガルトに鳴り響きました。 ドイツ空軍の2機の戦闘機が韓国の旅客機の行く手を阻みました。 この旅客機とは無線コンタクトができない状況にあったのです。 何故、通信手段が途絶えたのかはわかっていません。 
この旅客機は、最終的には戦闘機に導かれてシュツットガルト空港に緊急着陸しました。


An airport spokesperson said that the plane was travelling from Seoul to Zurich and would remain grounded overnight as engineers inspected it for technical issues.

The 200 travelers on board the Korean Air flight stayed in the airport overnight due to a late-night flight curfew, blocking outbound flights after 11 p.m.

The live air flight tracker Flightradar24 highlighted the enormous U-turn the Korean Air flight performed to land in Stuttgart.

(抜粋)空港の報道官によると、この旅客機はソウルからチューリッヒ(スイス)に向っていたもので、技術的な問題の調査のために、一晩、同空港に駐機することになりました。 200人の乗客は空港で待機することになりました。 11時(23時)以降の夜間飛行禁止となっているためです。 


(注: クリックして拡大。 緊急着陸した飛行経路が記録されています。)

It was the second such incident in as many days. On Friday, two Bundeswehr jets followed an Egyptian passenger plane that had lost contact with air traffic control over the border region between the German states of Hesse and Bavaria. Fortunately, it was not required to make an emergency landing after it eventually regained radio contact.

(抜粋)この数日間で、2回目の類似の事件がありました。 金曜日、管制塔との通信コンタクトが途絶えたエジプト機を、ドイツ空軍の戦闘機2機がサポートしました。 ドイツのヘッセン州とバイエルン州の境付近でのことです。 幸いにも、緊急着陸に至るようなことにはなりませんでした、無線交信は復活できたからです。

***

それにしても、ハイジャックによるテロもあり得ることですし、Germanwings の事件の原因は少し異なるものではありましたが、交信不能となった旅客機があれば、戦闘機がサポートのために緊急発進すると言うことですね。

以前、聞いた話ですが、戦闘機が旅客機の前方に出て、両翼を右に左にと交互に上下させるジェスチャーをすると、この戦闘機に従って飛行しなさいと言う合図だそうです(通信手段が途絶えている場合)。 これに従わない場合は、旅客機が不測の事態に陥っている恐れがありますので、住宅密集地等に到達する以前に撃墜(ミサイル攻撃)の処置がなされることもあり得る・・・と言うことです。

今回の2件の事案は、何れも事無きを得たと言うことで、安堵したことでしょう。



こうした心配をしなくてもよい世界平和の構築に、日本も貢献できると良いですね。 但し、それが武力の提供であっては、日本らしさはどこにも現れないものになってしまいます。 平和的な意味合いで、世界に精神的な支柱を示すことができるのは、歴史に学ぶ日本ではないでしょうか。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ発: Bastille Day ce... | トップ | BBC発: フィンランドでギネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。