ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

ドイツ発: The world's happiest country in 2017

2017-03-20 21:53:18 | 日記
2017年3月20日(Mon.) 今日も畑で土作り、草取りなどをしてきました。 気温は19℃ぐらいまで上がって農作業日和でした。 但し、花粉も多そうでマスクがはなせません。 さて、ドイツのサイトが伝える the world's happiest country in 2017 です。 ( ニュースソース: DW-DE 3月20日発 )

<原文の一部>
Norway named the world's happiest country in 2017
ノルウェーが世界で一番幸福な国・2017年度

Norway has claimed the top spot as the happiest country on Earth, unseating Scandinavian neighbor Denmark, the World Happiness Report found. The report also noted that Germans are happier but Americans are feeling blue.
ノルウェーが地球上で一番幸せな国と評されました。 スカンジナビアンであるお隣デンマークを蹴落として・・・発表されました。 その他として、ドイツ人はやや幸福へ、しかし、アメリカ人は憂鬱のようです。


A strong sense of community sets Nordic countries apart from the rest

A new report released Monday has given Norwegians something to celebrate - if they weren't smiling already. The Scandinavian country vaulted three spots to claim the title of world's happiest country according to the latest world Happiness Report released on Monday.

Norway ousted Denmark, which landed in this year's second spot, followed by Iceland and Switzerland.

(抜粋)月曜日(本日)発表の最新の評価によると、ノルウェーは3段階UPしてトップに輝きました。 デンマークがトップの座を明け渡し2位になり、続いて、アイスランド、スイスの順になっています。

(クリックして拡大)

The top four countries scored high on factors that the report says are key to happiness including: "caring, freedom, generosity, honesty, health, income and good governance," the report said.

"What works in the Nordic countries is a sense of community and understanding of the common good," Meik Wiking, chief executive officer of the Happiness Research Institute in Copenhagen told the Associated Press. Wiking was not part of Monday's global scientific study.

The report's lead author, John Helliwell, noted that they found it takes more than money to make people feel happy.

"It's the human things that matter. If the riches make it harder to have frequent and trustworthy relationship between people, is it worth it?" said Helliwell, who is also an economist at the University of British Columbia in Canada.

"The material can stand in the way of the human."

(抜粋)トップの4カ国でハイスコアとなったキー的な要素としては、”思いやり、自由、寛容、正直さ、健康、収入、良い統治”があります。 そして、データーから読み取れることの一つとして、お金よりも人々を幸せに感じさせるものがあると言うことです。 そして、金銭的裕福が人々の間の信頼構築を難しくしているならば、それは価値あることなのでしょうか?  その根本となるものは人の道に存在していると考えられます・・・。


Red, white and feeling blue
Germany stayed in the same spot as last year - coming in 16th on the list under Ireland but above Belgium.

The latest report shows, however, that people in Germany are steadily rating themselves as happier compared to previous years.

The United States, on the other hand, was 14th on the list ranking, falling down one spot from last year. The report also found that America's happiness score dropped 5 percent over the past decade as people are rating themselves as well happy.

Nicaragua and Latvia's happiness scores increased the most.

The report, which was released to coincide with World Happiness Day, ranks 155 countries. The list has been used by the United Nations since 2012 when Bhutan secured support for a proposal to recognize happiness as a guiding principle for public policies.

(抜粋)ドイツは昨年と同一のポジションにいます(16位)。 アイルランド(15位)の下で、しかし、ベルギー(17位)の上です。 また、データからすると、ドイツ人は前年より幸せと感じています。 一方で、US(アメリカ)は14位ではありますが、昨年より1ランク落としています。 また、その幸福度は5ポイント落としているのです。 

***

ちなみに、日本は51位でした。 こちら に様々な情報が公開されています。



ところで、G20がハンブルグで開催され、安倍総理のスピーチに 「一部の人々に富が集まるようなことはやってはならない・・・」 と言う言葉があったようですが、言ってることと自らやっていることは真逆のように感じてしまって失笑してしまいました。 以前からそうですが、根っからの虚言癖があるのではないでしょうか。 

だから、日本国民の幸福感という感触も薄れているのでは?・・・。 格差は是正されるべきでしょう。 ジニ係数はどうなっているのでしょうか。

一方、US国民も最近はストレスが高まっている人々が少なくないのではないでしょう。 如何に為政者の責任が重いかを感じますし、その為政者を選んだのは国民であることも忘れてはならないのでしょうね。

少なくとも、好き勝手やりたい放題の為政者とはサヨナラしたいものです。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。



***
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイルランド: 恒例の St P... | トップ | アイルランド: 今朝は冬の天気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。